トップページ | 検診で女性は胸を開くの? »

2004.11.10

新潟県中越地震 被災地レポート

 11月6日午前6時に大宮駅で待ち合わせ、新潟県小千谷市に向かった。
 幸いだったのは、前日夕方に関越自動車道が全線で開通していたことだ。小出ICと小千谷ICの間は一車線のみで50km規制だが、それでも格段の違いがある。

 順調だった道路が、小出(11/1から魚沼市)に近くなると急に変化してくる。やたらとクルマが揺れるのだ。よもやのことに、地震が原因で道路が波打っているからだと理解するまでに相当の時間が必要だった。

 小出ICを過ぎると山間部の未舗装道路のような状況になる。至るところに砂利道とツギハギ舗装。多少の亀裂は捨ておかれ、永遠に修復できないのではないかと思わせるほどに波打つ悪路を、息を詰めてぼくらはゆっくりと走った。
 路肩には工事車両と多数の作業員、左に崩落右にガケ崩れ。目指す越後川口ICまで、被災地入り口としてはこれ以上ない臨場感を味わわされた。

 越後川口ICはアクセス道路が一本しかない。
 上下線出入り口ともに同じ道路を使うので、料金所を抜けるとすぐにあるT字路を左右どちらかに折れなければならない。実家へは左が近道なのだが、そっちは通行止めだった。しかたなく右折して国道117号線に出る。
 ここもまたガケ崩れと道路崩落が続く。大きく口を開けた道路の脇をソロリソロリと走り抜ける。いたるところに段差と地割れ。戦場はこんな感じだろうか、その程度の想像しかできない。
 この後走った道路はすべて似たような状態だった。
 完全復旧までどれだけの時間を要するのだろうか。想像もできない。

 親戚に数名のケガ人はあったが、幸いにも命を落とした人は無かった。
 大きな箪笥が飛ぶような地震だったから、もし、あの地震が深夜だったなら想像を絶する人的被害が出たことだろう。
 実家の建物は築五十年である。太い大黒柱と分厚い梁で建築されたド田舎家は、倒壊だけはなんとか免れた。しかし、梁と柱の結合部分が少し抜けて家全体が歪んでしまった。
 未だに家屋調査が入っていない。だから、はっきりしたことは言えないが、とりあえず、住めない状態ではないようだ。
 補修が必要なのは、風呂(全壊)、台所、屋根、玄関、窓、壁あたりだろうか。
 ただし、ライフラインは問題山積だ。ガス・水道はいつになるか見当もつかない。特に水道は、来年にずれ込むこともありうる。
 稲作にも大打撃があった。魚沼産コシヒカリの一大産地なのだが、用水路が崩落したため、来年は米作りができない可能性まである。

 そんな実家で力仕事をこなしたあと、周辺地域をまわってみた。
 もっともひどいのは、川口町の田麦山(たむぎやま)地区だった。潰れた家、ひっくりかえった家、傾いた家、土台からずれた家…。呆然と眺めているうちに息苦しくなってくる。
 JR上越線の越後川口駅周辺の東川口地区もひどい。
 メディアで何度も紹介されたスーパー「安田屋」(アンタヤと読む)。午後六時といえばスーパーはまだ混んでいる時間だろう。こんなに崩れて客はどうなったのだろうか。

 長い渋滞の続く市街地をノロノロと小千谷市総合体育館にも足を向けてみた。
 総合体育館は、ぼくが故郷で過ごしたころには無かった施設だ。今も多くの人たちが避難生活を送る避難所では、自衛隊が大きな戦力となっている。ここでも炊き出しにお風呂設営にと大車輪であった。

 帰り際、総合体育館のエントランス広場で、ふたりがギターを抱えて歌い始めた。
 ライトの光る広場に、”ゆず”もどきの演奏が鳴り響く。
 道行く人ふたりが足を止めた。
 ”ゆず”もどきは思ったよりもきれいなハーモニーを奏でている。
 しかし、最初のふたりのあとに立ち止まる人はいない。
 人々は足早に通り過ぎ、振り返らない。 
 彼らの歌に立ち止まらせる力が無いのか、それとも人々に立ち止まる余裕が無いのか。
 夕食時だった。
 ボランティアがふるまう炊き出しは、活気に溢れ、行列が果てしなく続いていた。

 川口町田麦山についての報道が少ないころ、こちらのサイト『ようやく「発見」したもらえた川口町』から貴重な情報をいただきました。鐸木さんのサイトをこちらで知りました。(注:2007年現在上記はすでにリンク切れです。鐸木さんのサイトへ直にリンクを張りなおしました)

 このときに撮影した写真を公開しています。
 Yahoo!フォトアルバム 被災地

|

新潟県中越地震」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/1923865

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県中越地震 被災地レポート:

» やはり中止で延期になりました [「本のことども」by聖月]
明日からの、新潟出張。 当然なんですが、判断を下すのはお役所の同道される方なので。 新幹線の中で何を読もうかとも思っていたのですが、 その新幹線もまだ... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 07:24

» 新潟中越地震の被災者支援に協力ください [shorttrack.jp]
このサイトが利用しているドネーション・システムの一つ、 @pay を運営している @nifty の古河社長が、新潟中越地震の被災者支援のために、 同システムを利... [続きを読む]

受信: 2004.11.16 17:32

» 新潟を写真で見る [図書館員の愛弟子]
 ここ数日見つけてきたサイトの整理。順番は適当。 ・新潟県中越地震の日記写真   [続きを読む]

受信: 2004.11.29 02:46

コメント

義援金を募集して手助けをしたいと思っています。
大変だろうと思いますが、頑張ってください。

投稿: 生徒会長 | 2004.11.16 16:05

>生徒会長さん

 ありがとうございます。
 どうかよろしくお願いいたします。

投稿: 旅歌 | 2004.11.16 20:27

コメントを書く