« 冬を前に… | トップページ | 評判悪いぞ、小千谷市 »

2004.11.28

いかにもお役所的に思えること

 新潟県中越地震の「罹災証明書」が発行されるようになって、実家地区の被害状況も少し変わってきた。「全壊」もチラホラ出ているらしい。
 実家の住居は「一部損壊」だった。
 斜めに傾いでしまった作業場は「半壊」。
 じいさんに言わせると「一部損壊」と言われた住居だって、梁にヒビが入っているわ、壁にヒビが入っているわで相当痛んでいるとのこと。一番の問題は二階部分を支えている梁にヒビが入っていることだ。

 小千谷市の判定基準は厳しいとこぼしている。
 自治体によって判定基準に違いがあるとは思えないが、ひどく判定が甘い自治体もあるようだ。
 家屋被害調査は家の外を見てまわるだけで、中に入ろうとしない。入ったとしてもおざなりで外から見て痛んでいなければ、中が多少損壊していても、お金をかけて直せば修復できるという発想のようだ。
 しかし、「一部損壊」家屋だって中の痛みが激しければ、外から見た「半壊」以上にお金がかかってしまう場合があるかもしれない。
 とてもお役所的で冷たい、その上浅はかな発想に思えてしまうのだが。

|

新潟県中越地震」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/2093103

この記事へのトラックバック一覧です: いかにもお役所的に思えること:

コメント

コメントを書く