« 会社に3時間 | トップページ | ココログ 奥が深いな »

2004.11.16

不謹慎な思い

 小千谷市の実家に、やっと家屋調査が入ったそうだ。
 実家は梁が外れる寸前で、基礎にヒビが入っていて危険な状態だったらしい。
 調査結果が出てすぐに梁を直し、基礎には補強工事をしたそうだ。大き目の余震が来ても、家がギシギシと鳴らなくなった。
 川口町の避難勧告は今日の午後二時に解除された。新潟県中越地震発生から25日目である。

 実家の地区と川口町は未だにガスと水道が通じていない。ガスは開通に向けて着々と進んでいるようだが、水道は目途が立っていない。
 主が水道局に勤めている家には、玄関先から居間まで水の詰まったポリタンクで溢れている、なんてウソみたいなホントの話もある。

 農業用水路は更に悲惨で、これもまた復旧の目途がたっていない。
 行政の対応が遅いといっても、余りに規模が大きすぎて限りある人的資源では対応が遅くなってしまうのも仕方ないのかもしれない。
 こういうときに、更に大きな力を持つ県と国がどう対応してくれるか、なんだけどな。

 被災者にも明暗がくっきり現れている。
 自宅に異常がないのに家に帰らず、自衛隊の炊き出しでタダ飯を喰らい、酒を飲んで避難所を宴会所と勘違いしているバカなヤツらも相当数いるようだ。
 もちろん、自宅で地震が来たら怖いということもあるんだろうが、目に余る者もいる。飲んで紛らわすにもほどがあると、眉をひそめる人からそんな話を聞いた。

 全国から寄せられた義援金が相当な金額になっている。
 これから分配しなければならない。
 平等、は主観が入るから絶対に無理だろう。

 試されている、と思ってしまうのは不謹慎だろうか。

|

新潟県中越地震」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/1979856

この記事へのトラックバック一覧です: 不謹慎な思い:

コメント

コメントを書く