« 「雪おろし」とは言わない | トップページ | 健康はPrice Lessとはいえ »

2005.01.17

救急車に乗る

 土曜日午後から調子が悪くてずっと寝込んでいた。
 偏頭痛は枕が変わったせいじゃないかと思い、土曜日午前中に新しい枕を購入。午後から、その枕で昼寝をしたら具合が悪くってしまった。
 日曜日は、更にひどくて朝から若干の吐き気を感じていた。

 結果的には、最近飲み過ぎているように思えたので、いつもの薬を飲まなかったのがいけなかったのかもしれない。
 服用を始めたときはすでに嘔吐がひどく、飲んだ端から吐いてしまうのでまったく効き目が顕れない。
 10回もトイレを往復するといい加減朦朧としてきて、何が何だかわからなくなってくる。コメカミを万力で締め上げるような頭痛はひどくなるばかり。

 午後三時過ぎ、堪らず救急車をお願いして通風で入院したことがある病院に駆け込んだ。
 というか、救急車の人がかかりつけの病院を聞いてくるので、答えていたらそうなった。
 CTを撮って血液検査。血管の詰まりと出血は無いとのこと。血液検査では白血球がちょっと多すぎと言われたが、当直医は専門外なので、専門医に診てもらうべきだという医師の提案を呑んで、そのまま入院することになった。
 病院は落ち着かず、ほとんど眠れないまま朝を迎える。

 朝になって、病棟を確認すると、「消化器内科・外科」…。
 「何か悪いモノを食べてませんか?」と聞いてきた回診の医師も専門外だった。
 専門医の診察があるのは、水曜日と木曜日なんだそうだ。
 まあ、こっちも不安だったので、当直医の提案を受け入れたので、仕方が無い。そんなことだろうと思っていた。

 体調はそれほど悪くない。
 消化器内科の医師が、必ず専門医の診察を受けることを条件に退院を許可してくれた。
 ということで、昼ころに帰宅。
 風呂に入って病院臭を落として、28時間ぶりに食事をして、これを書いている。

 別にオチの無い話だけど、みなさま、ご自愛くださいませ。
 ぼくは、それなりに元気になりました。

|

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/2602804

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車に乗る:

コメント

大変でしたね。健康が一番と分かっていながらなかなかうまくいかない。それでもやっぱり健康一番に考えないといけませんよね。

どうぞお大事に。

投稿: ムムリク | 2005.01.17 13:56

 健康が一番です。勝るものはありませんね。たばこがよくないそうなので、そんなに吸っているわけじゃないんですけど、禁煙してみようかな、とか。

 もうすぐ一番うるさい下の子が帰ってくるので、一眠りしなくてはと横になってみたのですが、眠れません。

 ムムリクさんもお身体大切に。

投稿: 旅歌 | 2005.01.17 14:41

コメントを書く