« トラックバックの作法 | トップページ | MOは壊れる »

2005.01.09

自分が選ぶベスト

 「BEST(海外編)」として、24作品を右のサイドバーで紹介することができた。
 昨日から、「BEST(国内編)」を左のサイドバーに紹介を始めている。
 悪いクセでのめり込むと節度がなくなってしまうので紹介文が長くなっているのが気になるが、こうして眺めてみると結構気持ちが良い。
 こういうのって、サイトをはじめたころからやってみたかった。
 好きな本に埋もれて生活するのが気持ち良いのと同じで、自分のネット上の生活拠点のような場所に自分の大好きな作品を並べて悦に浸るのは、他人様の目は抜きにして、とても気持ちが良いのです。ここまで読んで退いた人がいるな、きっと。
 本好きのたわごとだと思ってください。

 海外でも国内でも、ずっと昔に読んで記憶が薄れている作品、例えばエルモア・レナードの『グリッツ』とか、志水辰夫(どれにしようか迷ったまま未定)とか、船戸与一の『猛き箱舟』『山猫の夏』『砂のクロニクル』とか、佐々木譲『エトロフ発緊急電』とか、藤田宜永『鋼鉄の騎士』とか、クラムリー『さらば甘き口づけ』とか、ロス・マク(そこまで手を広げるか…)『さむけ』とか、チャンドラー(ロス・マクがくれば当然…)『長いお別れ』または『さらば愛しき女よ』とか、それだけじゃなくて思いつかないものまで含めて、まだまだ掲載したい作品がある。もちろん、入れ替えもある。

 嫌味にならないよう気をつけているつもりだけど、そんな感想を持ってしまった方には謝るしかない。とても偏ったリストなので、一個人の嗜好と笑って片付けてくださいませ。
 時間をかけて、もっと充実させたい。
 
 

|

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/2517059

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が選ぶベスト:

コメント

コメントを書く