« MOは壊れる | トップページ | 「雪おろし」とは言わない »

2005.01.13

合併-市境住民の憂鬱

 ぼくの住む埼玉県春日部市は県の東部に位置している。
 県の東部地域ということで「埼玉県東部中央都市連絡協議会」と名づけられた自治体(春日部市、岩槻市、蓮田市、宮代町、白岡町、杉戸町、庄和町)で構成する協議会に加入している。
 こういうのは、どこの県のどこの自治体でもあるんだけど、この協議会に加入している市町の住民は、すべての市町の施設をその市町の住民と同じように利用できるという大きな特典があった。

 わが家はこの特典に大きな恩恵を受けていた。
 図書館なのである。
 ぼくの住まいは、春日部市の岩槻寄りでほとんど市境といっても良い場所なので、歩いて数分のところに岩槻市の図書館ができてから、ありがたく利用させてもらっていた。

 しかし、岩槻市は今年の4月1日にさいたま市に合併してしまうことになった。
 先日の配布された春日部市広報に、4月からさいたま市岩槻区となる旧岩槻市の施設は相互利用できなくなる、料金が必要な場合は市外料金支払うことになる、と小さく出ていた。
 これは困る。
 図書館などの施設についての細かい記事はなかった。何よりも怖いのは岩槻区の図書館が利用できなくなることだ。

 なんとも落ち着かないので、春日部市の広報に電話を入れてみた。
 担当の方に上記のことを伝えると、調べて折り返し電話をくれることになった。
 約1時間後かかってきた電話によれば、基本的には図書館も利用できなくなるらしい。

 岩槻市は「埼玉県東部中央都市連絡協議会」から脱退することになる。だから、市の条例で定められた相互利用の条件から外れる。今後は、合併後さいたま市と協議することになるが、今の段階ではなんともいえない、さいたま市の条例次第、協議次第になる、とのことだった。
 話の中で、さいたま市と戸田市の間に似たような取り交わしがあるらしく、相互利用しているらしいのでたぶん大丈夫なんじゃないか、というような話も出た。

 ぼくらは岩槻市には税金を納めていないから、本来は相互利用できなくて当然だ。しかし、今まで出来ていたからことはややこしい。今までできていたことができなくなるのは後退じゃないのか。
 たまたま、春日部市から岩槻市の施設を利用する話だったわけだが、逆だってあるだろう。
 岩槻市の春日部市、蓮田市寄りの市民は相互利用できなくなるのだ。或いは、お金を払わなければ利用できなくなる。
 これが不利益でなくてなんだろう。
 合併後の自治体同士で協議すべき問題なのはわかるが、合併するにあたってはそのあたりまで突っ込んだ話を本来はすべきなんじゃないだろうか。
 合併後じゃなければテーブルにつけないなんて、グータラな役人がいかにも言いそうなことじゃないか。
 それとも全部決まっているのに、役人特有の嫌味で言わないだけなのか。

 「意見は聞いた。これからの協議の参考にしたい」というので、納得できないまま電話を切った。
 ともかく、4月になったら今までの利用カードを持って、いつもの図書館に行ってみようと思う。職員がなんと言ってくるか。

 どうも釈然としない。

補記:2006年4月から、春日部市民もさいたま市の公共施設を使わせていただくことができるようになりました。

|

春日部」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/2562802

この記事へのトラックバック一覧です: 合併-市境住民の憂鬱:

コメント

行政にとっては細かいことは抜きにして「どこと合併するかしないか」ということに意義があるのであって、それに伴って変化する細かなことなどどうでもよいのです。

デメリットがどんなに多くあろうとも、たったひとつのメリット「合併」があれば。

穿った見方ではありますが、あながち外れてはいないはずです。

合併後の個々の事案について精査して決定すべきなのにあまり重点は置かれていない協議会がほとんどではないでしょうか。期限に間に合わせることが優先して実態の伴わない合併を推し進めようとする誰かのもくろみ通りといっても過言ではないかも・・・(^^;

投稿: ムムリク | 2005.01.14 13:46

 春日部は、今年10月に合併が決まっているんです。昨年、今回合併するのとは別の枠組みを住民投票したのですが、ひとつの町で反対票が多く出てしまったため、ご破算になりました。

 それがいつの間にか、そのときの枠組みから、町を二つ外した形で合併が決まってしまっているんです。市の言い分としては、昨年の住民投票で市町村合併について住民は肯定したとの判断らしいのですが、それは、昨年の枠組みに対して賛成したのであって、今回の枠組みには反対する人だっているはずなんですよね。

 因みにぼくは昨年も今年も大反対です。
 なんでこんなに合併と騒ぐのか、国が市町村合併させて何を目論んでいるか、わかっていないんですよね。合併特例債なんて所詮借金にすぎないのに。
 わが町は人口約20万人で、借金が1000億円あります。終わってますね。

投稿: 旅歌 | 2005.01.14 19:48

コメントを書く