« プレステ2を分解修理 | トップページ | 新潟日報俳壇賞 »

2005.04.08

日向小次郎は左門豊作?

 『キャプテン翼』37巻、やっと読み終わった。
 大空翼の無味無臭なキャラがいまいちだったけど、最後の方は結構おもしろく読めた。
 考えてみれば、少年マンガはずぅ~っとああいうノリだったわけだ。その方程式は今でも完璧に踏襲されているんだよね。強敵が仲間になり、更に強い敵が現れ、普通じゃ絶対考えられないスゴ技を編み出して…、消える魔球ライクな。

 船長の息子で「大空翼」とか、ロベルト本郷の頬髭とか、日向小次郎の背景と新聞配達とか、山下清ばりに放浪する岬太郎の父親とか、いろんな意味で楽しい作品だった。
 一番はまったキャラは、日向小次郎。ほれました。左門豊作ね。
 『赤き血のイレブン』がサッカーマンガの『巨人の星』ならば、『キャプテン翼』は『ドカベン』という認識でよろしいのでしょうか? 違うか?

 次に控える『ワールドユース編』『ROAD TO 2002』をどうしようか、迷っています。長男は飽きちゃったみたいで、あんまり気乗りしていない。さて、どうしようか。

 明日、埼スタの浦和初勝利を見に行く前にちょっと時間があるので、BookOffにでも寄ってみようかな。

|

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/3613317

この記事へのトラックバック一覧です: 日向小次郎は左門豊作?:

コメント

コメントを書く