« トラックバック | トップページ | 書評 『THE CLOSERS』 マイクル・コナリー »

2005.06.27

増税増税

 6月分の給与から、今年度分の住民税の特別徴収が始まっている。
 今年、ぼくの住民税は月額で3000円以上上がってしまった。毎年6月は調整月なので、他の月よりも多いのは当然だが、3000円も多いはずがない。
 特別徴収の場合、住民税の全額を12ヶ月で割って、100円単位で調整しているので、3000円多ければ、200円×12ヶ月=2400円を各月に加算して、残りの600円を6月に徴収するはず。

 しばらく考えて、行き着いたのが、昨年暮れから変わってしまった「配偶者特別控除」の改悪だった。
 詳しくはブログに書いたのでそちらを参照してもらうとして、
 http://takefour.air-nifty.com/bookends/2004/12/post_18.html

 つまり、最低でも課税所得が38万円増えた計算になるのだ。勉強不足で、住民税の計算方法は知らないけど、それなら毎月3000円以上増えたのもわかる。
 ぼくの場合、12ヶ月に換算すると4万円近くだ。

 この上、政府税調はまたもやサラリーマンを狙い撃ちしようとする。
 メディアでも盛んに取り上げているように、将来消費税を8%程度にあげるための脅しだと思うが、なんともやり方が姑息で腹立たしいことこの上ない。
 いい加減にしてほしい。

 行政改革は一向に進んでいるように見えない。
 役所の無駄遣いはまったく減っていないじゃないか?

 いい加減にしろよ!

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/4733241

この記事へのトラックバック一覧です: 増税増税:

» 特別徴収税額の通知書 [ごめり語。]
梅雨の時期なのに真夏日が続いています。 五月病も去り、今春就職した新人さん達が、そろそろ社会に馴染む頃ですね。 皆さんそれぞれ、若者らしい夢や目標を持っているのでしょうが、 「家庭を持ち、マイホームで暮らしたい」と思っている方も多いでしょう。 けれど、親のスネをかじることが出来ない場合、 よほど節約しないと、金銭的に厳しいだろう、なんて私は考えてしまいます。 給料、税金、教育費、土地、住宅ローン、いろいろ問題... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 11:13

コメント

コメントを書く