« TXでつくばへ | トップページ | なんとかできた運動会 »

2005.10.06

書評 『イン・ヒズ・オウン・サイト』 小田嶋隆

イン・ヒズ・オウン・サイト ネット巌窟王の電脳日記ワールド
4023308005小田嶋 隆

朝日新聞社 2005-09-15
売り上げランキング : 5,225


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ウラツウアンテナで存在を知った浦和サポのコラムニスト。
 たまに更新されてもすぐに下に追いやられるので、大石英司さんのサイトで更新を知ることの方が多かったり。

 「おだじまん」 http://luna.wanet.ne.jp/~odajima/  と 「偉愚庵亭憮録」 http://takoashi.air-nifty.com/ をまとめただけ、ネットで読めるじゃん、と言われてしまえばそれまでだけど、この本は同じくネットで読めるのに買っちゃう人が多くて首を傾げさせた「電車男」なんかよりずっと買う価値がある。

 ただし、覚悟が必要かも。
 世に氾濫している八方美人で可も無く不可も無い、物事の上辺だけをヘラヘラとなぞっているだけの文章に慣れている人は、特に覚悟が必要かもしれない。

 一人の人間の生き様であり叫びでもある。
 おもしろいからといって、軽々しく肯定なんてして欲しくない。作者には悪いけどね。この毒を嚥下するには、相当の研鑽が必要だ。それと世の中を透徹した目で見る能力。生半可な人には薦められない。

 今となっては、オビにある「平成日記文学の金字塔、今ここにそびえる」が大げさとも思えない気持ちだ。

|

書評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/6278695

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 『イン・ヒズ・オウン・サイト』 小田嶋隆:

コメント

コメントを書く