« 書評 『イン・ヒズ・オウン・サイト』 小田嶋隆 | トップページ | 鼻持ちならない日記 »

2005.10.09

なんとかできた運動会

 確かに曇りだったが、少しは太陽が覗くんじゃないかと期待していた昼食後に、結構本格的な雨が降ってきてしまった。
 あとはもう駆け足。
 最後のクラス対抗リレーが終わるころにはずぶ濡れだった。そんなに強い雨じゃなかったんだけどね。
 ところが、運動会が終わって帰るころに雨が上がってしまう。こんなもんだよね。

 今年はいつにも増して父兄の人数が多かったように見えた。
 子どもが通っている幼稚園は、長男が卒園したすぐ後に移転新築して、今は大人気なんだそうだ。
 お隣のライバル幼稚園は、年長組に男の子が5人しかいないたったの一クラス。次男の同級生は三クラスで80人近くもいる。

 だからか、例年もの凄い席取り合戦が展開される、らしい。
 アホらしいことに徹夜で並ぶ人が何人もいるのだそうだ。
 かく言うぼくも、長男の運動会のときに朝6時から並んだことがあったが、ほんの数メートル前に出るだけなのがわかった途端にバカバカしくなって、以後は一切やめた。ご苦労なことです。

 ぼくは昔から、ああいう行事が嫌いで、長男のときはそれが原因で随分カミさんに怒られた。
 今は、ぼくが少しだけ丸くなって、カミさんがサジを投げて、長男のころのようなことはなくなった。
 昔ほど、ビデオ・カメラを片手にわれ先に前へ進入する人を疎ましく思わなくない。

 でもね、自分の子どもをベストポジションでカメラに収めたいの気持ちはよくわかるが、子どもの出番が終わったら席に戻っておとなしくしていて欲しい。
 ベストポジションを守るために、浅ましくずっと張り付いているのはやめて欲しい。

|

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/6322387

この記事へのトラックバック一覧です: なんとかできた運動会:

コメント

コメントを書く