« 2007年上半期のネット通販決算 楽天かAmazonか | トップページ | 高校野球 「県」代表と言ったって… »

2007.07.21

ハリー・ポッター最終巻

0545010225Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling Mary GrandPre
Arthur a Levine 2007-07-21

by G-Tools

 今日発売だ。待ちに待ったハリー・ポッター=シリーズの最終巻。
 随分前にAmazonに予約した。昨日、発送済みメールが来たので、今日届くでしょう。ハリ・ポタは巻を重ねるごとに分厚くなって、前作の『Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)』が650ページ程度なのに対し、今回は800ページ近くもあるという。

 長さだけでなく、英語も『Harry Potter and the Sorcerer's Stone (Harry Potter 1)(US) 』のころよりも格段に難しくなっている。しかし、どちらもAmazonの商品詳細には「対象: 9 - 12歳」なんだよね。TOEICのレベルも、一巻目だと640点程度なのが、最近作だと800点以上取れる英語力がないと難しいらしい。これで「9-12歳」なのか? まあ、どちらにしろぼくには読む資格がないのだが……orz。

 耳慣れない魔法にまつわる言葉とか魔法世界の生物とか知らない街の通りの名前とか、普段まず聞かない単語が次から次への押し寄せてくることも、ハリ・ポタが読みにくい原因のひとつだ。これが普通の現代の物語なら、たいていは推理することができるし、どこかで聞き覚えがあるから、ストレスを感じることは少ない。

 この最終巻をアメリカの出版社がフライング発売したとか、作者が怒ったとか、スキャンされたページがP2Pでネットに流出したとか、いろいろなニュースが流れている。まあ、はっきり言えば、どれもこれもパブリシティでしょ? たいへんな宣伝効果があった。

 たとえ496ページ目以降が晒されているとしても、それ以前の物語は読まなければわからない。シリーズのファンがそれだけで満足するはずがない。こんなのを読む人は、元々シリーズ読者ではない方々だ。だから、実際に流出していても、パブリシティ以上の何物でもない。

 そんなことより、シリーズの最終巻で何が起こるのか。誰が死ぬのか。気になって仕方がない。早く来ないかな。って、果たしてちゃんと読めるのだろうか……orz。

 追記
 投稿したらすぐに届いた。午前9時15分。

 Harry7

 全部で、759ページ。それにしても、毎度ながら、このちゃちなカバーはなんとかならんのか?
 おっと、いきなりスネイプの登場だ。

|

書籍・雑誌」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/15830280

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッター最終巻:

コメント

コメントを書く