« Wiiで筋肉痛。株買っとけば… | トップページ | 書評 『新聞社-破綻したビジネスモデル』 河内孝 »

2007.07.16

またもや新潟で大地震、原発は大丈夫か?

 またもや大地震。なんてことだ。
 発生直後、新潟県小千谷市の実家に一度だけ電話がつながったが、誰も出ない。たぶん避難しているんだろう。実家の父親の携帯は番号が変わったとかで、聞き漏らしていた。何度も教えてもらおうとしたんだが、そのたびに、数字が読めない、出し方がわからない、字が小さくて読めない、もちろん覚えているわけがない…orz。
 こんなふうになっていないことを祈る。

 今回の地震は柏崎が震源地らしいから、距離もあることだし、たぶん前回ほどの大事にはいたっていないでしょう。田んぼや水路の亀裂とか、道路の状況とか、心配なことはあるにはあるが…。それにしても、新潟の人たちには同情してしまう。なんということだろう。

 今回の地震で最も心配なのは、柏崎刈羽原子力発電所だ。自動停止しているはずの3号機から黒鉛が上がっているとの報道があった。確かに、モクモクと黒鉛が上がっている。

 早く現状を発表して欲しい。何がどうなっていても、下手に隠し立てすることなく、きちんと余すところなく伝えて欲しい。判断は、住民それぞれがするはずだ。報道もそこらへん、突っ込んでくれ。今回の地震ではこれが一番重要だ。何もなければ良いが……。

 追記
 午前11時20分ころ、小千谷の実家と連絡が取れた。ケガもなく、家屋の傷みもなく、とりあえず無事な模様。田畑については、検査してみないとわからない。
 家族全員で海に向かっていたとき、来迎寺あたりで地震に遭遇した。前回の大地震に匹敵するくらいの揺れで、すぐに引き返したとのこと。帰宅するまでの道路に亀裂や陥没は無かった。
 原発も変電施設の火災で、放射能漏れなどは無い模様。

 良かった。ホッとしています。実家の父親から、携帯電話の番号を聞きだして電話を切りました。

|

新潟県中越地震」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/15774940

この記事へのトラックバック一覧です: またもや新潟で大地震、原発は大丈夫か?:

コメント

コメントを書く