« 選挙のたびに思い出す | トップページ | 書評 『日本国の研究』 猪瀬直樹 »

2007.07.31

二大政党制

 政治ネタをもうちょっと。izaにこんな記事があった。

 上記記事に小泉前総理の発言が掲載されている。

「参院選は負けた方が面白いぞ。民主党の小沢一郎代表は自民党内に手を突っ込んでくる。民主党の反小沢勢力も黙ってはいまい。そうなれば政界再編だ」 「政権選択の選挙は衆院選だ。首相はそれだけを考えていればいいんだ」。

 徐々にアメリカやイギリスの二大政党制に近づいてきたが、まだまだ二党の違いを際立たせる政党としての立脚点や輪郭が曖昧だ。本当に政界再編が起こってくれれば良いと思う。それも、政策を支点にした政界再編。いまの自民党も民主党も党内のブレが大きすぎる。

 本来は、思想的に似ている小沢等と安倍等が手を結ぶべきなのだ。小沢が手を突っ込んでくるべき相手は、安倍や中川昭一や麻生太郎あたりであるべきだ。いまの自民党中枢だから、ありえないと思うが、そうなったときに、民主党の左派あるいは反小沢派と自民党の親中国派、たとえば二階俊博や河野洋平、加藤紘一あたりがどう出るか。

 本来の意味での二大政党制に移行するチャンスが生まれる。しかし、…やっぱり怖いな。ぼくが思い描く二大政党が屹立する政治体制になっても、国の根幹である外交政策だけでも両党がすり合わせておく必要がありそうだ。特に対中国・対韓国政策は生命線だ。政権が変わるたびに「河野談話」みたいなのが出ちゃまずいもんね。あ、あれは政権党内から出たものか、もっとまずい…。

|

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/15955954

この記事へのトラックバック一覧です: 二大政党制:

コメント

コメントを書く