« 埼玉新聞の経営が悪化 | トップページ | 書評 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』 西村博之 »

2007.07.04

DS たのしく読みトレ~小学生向け脳トレ

「うっかり」をなくそう! 文章読みトレーニング 読みトレ「うっかり」をなくそう! 文章読みトレーニング 読みトレ

ベネッセコーポレーション 2007-06-28
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ウチの小学二年の息子が、現在ハマっているDSソフト。小学生向けの「脳トレ」かな。

 6月末発売の2ヶ月くらい前、Amazonからリコメンドメールが届いた。正直、タイトルと簡単なレビューではよくわからなかったのだが、通信教育で実績のあるベネッセが出す、文章読みトレーニングソフトということで、すぐに予約しておいた。

 発売の2週間ほど前になったときのこと、息子が何かの小冊子を持って父親のところにやってきた。モジモジと言いにくそうにこっちを見ている。聞いたら、このソフトが欲しいんだと。珍しく、親子の興味が一致したところで、子どもがのめり込むのは目に見えていた。

 今日現在、AmazonのDSソフトランキングでは12位。ゲームソフト全体のランキングでも30位に入っている。

 3人まで登録できる。登録した3人はそれぞれ自分のデータで、うっかりを無くすために問題を解いていく。問題は、「きまりを見つける力」「文字を使いこなす力」「イメージする力」「すじ道を理解する力」の4つのカテゴリーに分けられ、それぞれの力を伸ばす問題が出ることになる。

 助詞の穴埋め問題だったり、「菅」がたくさん並んでいる中に「若」が一つだけあって、それを指し示す問題だったり、結構長めの文章からその人の職業を当てる問題だったり、書いてある文章から結果を答える問題だったりと多岐にわたっている。例えば「みきは、たかしに勝った」「こうじは、みきに負けた」「たかしは、こうじに負けた」→『3人を強い順に並べてください』というような大人でも直感では解けない問題もある。

 そして、数あるトレーニングソフトと同じように、一日に一回「ランク判定」ができる。ランクは「うっかり」「のっそり」「しっかり」というような、いかにも小学生低学年中学年にうけそうな言葉で、わが家の小学二年生には大うけだった。で、問題を進めるとつまらないダジャレカードが増えていく。これも子どもにはうけているようだ。

 ぼくもやってみたけど、さすがに幼児教育には実績のあるベネッセと思わせる、痒いところに手が届く内容が満載で、とても良い。文頭にも書いた通り小学生向けの「脳トレ」といった内容。読むことが脳を鍛えて、瞬時の判断が更に脳を鍛えて、推測が更に脳を鍛える。これは良いソフトです。小学生全般にオススメ。

|

ゲーム」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63389/15645725

この記事へのトラックバック一覧です: DS たのしく読みトレ~小学生向け脳トレ:

コメント

コメントを書く