« 踊るレジェンド | トップページ | 郵便年賀.jp »

2007.10.24

梅田望夫(『ウェブ進化論』の著者)の新刊

 過剰なまでのオプティミズムとGoogle賛美で賛否両論を呼び、昨年から今年にかけてWeb2.0の大ブームを巻き起こした張本人である『ウェブ進化論』(ちくま新書)の著者・梅田望夫の新刊が11月6日に刊行されるそうだ。昨日からAmazonで予約が可能になっている。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶかウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか
梅田 望夫

筑摩書房 2007-11-06
売り上げランキング : 50

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 どうでしょう。二匹目のドジョウをうまくつかまえることができるのでしょうか? 個人的には必ず読むと思うけど。この方の能天気ぶり(失礼!)に、結構勇気をもらっていたりするので。いまでも、Google至上主義なんだろうか。初音ミクに言及するまでもなく、かなりかげりが見えてきたと思うのだが。

 埼スタに念を送りつつ……。

|

ニュース」カテゴリの記事