« 子ども向けサッカークラブを騙った詐欺 | トップページ | またもや救急車騒ぎ »

2007.10.05

郵便ポストの道路占有料

 旧聞になるけど、最近最も腹のたったニュースなので。

 郵便ポストの道路占用料、自治体の7割が徴収・10月から

 10月1日の郵政民営化に伴い、各地の地方自治体が郵便ポストに道路の占用料を課す。日本経済新聞社が都道府県、政令指定都市の合計64自治体に聞き取り調査したところ、70%にあたる45自治体が10月から徴収を始める。負担は最大で年4億円程度。郵便事業の純利益は2006年度で18億円しかなく、負担は小さくない。民営化後は自由にポストを増減できるため、負担が重くなりすぎればポストの削減につながる可能性もある。

 道路法では電柱や公衆電話などを道路に設ける場合、道路管理者が占用料を徴収できる。ただ大半の自治体は郵便ポストは公益性が高いとして占用料の支払いを免除してきた。(NIKKEI NET より)

 こういうことを何の批判もなく、垂れ流さないで欲しいですね。
 しかし、底意地の悪い仁義なき戦いだなぁ。郵政民営化のときに、民営化で最も影響があるのは地方だと煽ったはず。それに乗っかった自治体も多かったはず。それをこんな風に逆手にとりますかね。いっそのこと、占有料を課す自治体、課さない自治体のすべてを明らかにしてくれればいいのに。反対した政治家の地元との相関関係とか(笑)

 郵便ポストは、2003年からコンビニにも置かれるようになった。最初はローソンで、現在ではサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキなどにまで波及している。ぼくの勤務先至近のコンビニにもあって重宝している。郵便を出しに行ったついでに買い物をすることも多い。設置料がどうなっているか知らないが、双方にメリットがあるんだから、セブンイレブンだって目が無いわけじゃないでしょう。

 ほかにもいろいろと道はある。うまくすれば、セブンイレブンの中に郵便局ができるかもしれない。問題は地方なんだろうけど、地方の道路占有料を支払ってもお釣りが出るくらいの方策はあるのだ。別のニュースサイトを見ると、設置料は1年で1,000円とか2,000円程度らしい。新規事業者との不公平はよくないんだろうけど、せこいねぇ。

|

マスコミ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事