« 郵便ポストの道路占有料 | トップページ | 医龍2~ドラゴンボール症候群? »

2007.10.10

またもや救急車騒ぎ

 腰よりちょっと上の背中の右側が痛み始めたのが、昨晩10時過ぎだった。過去に経験したことのない不気味な背中の痛みは、カミさんにさすってもらっても、身体の向きを変えても一向に改善されない。それどころか、ひどくなる一方で、12時近くには、身をよじって七転八倒するほどになった。徐々に意識も朦朧としてくる。

 死ぬかと思いましたよ。痛みの強さから言えば痛風と同等程度の痛みが、間違いなく臓器と思われるあたりから発せられるわけです。痛みで朦朧とした頭に、臓器の血管が切れて血がドクドクと流れ出ているようなイメージが浮かぶ。位置からして腎臓? これが噂に聞く腎臓結石(尿路結石)の痛み? と冷静に考えている自分もいた。

 救急車で搬送された病院には専門医はいなかった。原因不明のまま点滴を1本打ち、痛みが和らいだので3時ころ帰宅し、今朝あらためて通院した。医師が言うには、昨日の症状と尿検査によって判明した血尿から判断すれば、やはり尿路結石だろうとのこと。腎臓に出来た石が何かの拍子に尿路に入る。それが悪さをして痛みを引き起こす。

 しかし、CTスキャンをしても石は見つからなかった。すでに流れたのだろうというのが医師の見立て。ただし、CTは7.5mm間隔で撮るので、それ以下なら写らない可能性もある。今朝も強く出た血尿は石が尿路等を傷めた名残だろう。昨日ほどの痛みが出ることは、今後無いだろうとのことだった。

 こうして生涯二度目の救急車騒ぎ。いまも腰全体がどんよりと重く、37度台前半の発熱もあって具合が悪い。みなさんもご自愛ください。

|

心と体」カテゴリの記事