« ドラマ評 『医龍~Team Medical Dragon~』 坂口憲二 | トップページ | 子ども向けサッカークラブを騙った詐欺 »

2007.10.02

小児科の無い春日部市立病院

 次男の熱が未だに下がらない。日曜日に下がったと思ったが、夜になると38度。昨日も38度まで上がった。これで5日連続。約一ヶ月前からこんな状態が続いていて、さすがに心配になってきた。「咳 微熱」でググると「肺結核」とか「マイコプラズマ肺炎」などがヒットする。ほかにもいろいろあるようだ。

 セカンドオピニオンといわれる。同じ病院に二度行って改善されなかったら、他の病院へ行った方が良いという。しかし、わが町の市立病院はこの状態だ。2007年春ころから曜日と時間限定の診察が続いて、ついに9月から全面休診になった。小児科のケアが無いので、産科も同じ道を辿っている。

 わが家の場合、長男からずっと通っている小児科があって、それ以外は市立病院にしか行ったことがなかった。かかりつけの医師の診断が不満で別の医師の診断を仰ぎたいときに、似たような小児科医院には行きにくい。違った病気を疑るわけだから検査もして欲しいし、設備の整ったちょっと大き目の総合病院を選びたいのが親心というもの。次善の策を絶たれて本当に困っている。

 小児科に限ったことではなく、医師不足は全国的な問題だ。こんな状態で少子化問題を解決しようとしても、無理な話なのだ。安心して子どもを育てられない環境で、どうやって子育てをすればいいのか。政治と行政が一体になって解決するべき問題だろう。春日部市で最も信頼されるべき「市立病院」に小児科が無いなんて、これほど恥ずかしいことはない。

 石川良三春日部市長の公約は、『子育て日本一の街づくり』だ。笑わせる。

|

春日部」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事