« ネットブックを手に入れた | トップページ | 小学3年にブログは早いか »

2008.10.05

映画評 『容疑者Xの献身』

「天才」の安売りに少々辟易

 凡そエンターテイメントというものが、非日常空間を創出して非現実的な物語を見せつけるプレハブと受け入れてしまえば、「天才物理学者 vs 天才数学者」などという、上から目線の安易で「ありえない」設定に居心地の悪い思いはしないのだろう。こういった類の究極の非現実を、何度殺しても死なないハードボイルドアクションなヒーローよりも受け入れることができない読者&観客は、最初から読んではいけないし、この映画を観てもいけない。

 似たようなロジックで映画を愛する者の目線に立てば、メディアミックスなどと称してテレビドラマから派生した映画など、評価に値しないと思っている映画ファンは多いに違いない。最近の日本映画の活況が、こういったプロモーションに端を発していることは理解しても、堕落させているのもまた彼らなのだから。特にフジテレビ発の映画などは。

実は地味な人間ドラマ

 これほどまでに悪い予断を持っているのに初日に観たのには、家族のたっての希望という病むにやまれぬ事情があった。家族(特に小学生の息子)が、数ヶ月前にドラマ『ガリレオ』を一挙放送で観て気に入ったらしい。つまり、プロモーションの結果。苦笑い。でも、ドラマの雰囲気を期待した観客は失望しただろうな。

 結論からいうと、過去のフジテレビ映画の中では、プレハブでも基礎が案外深く作り込まれた比較的良くできた作品だと思う。テレビドラマ的解釈によって破壊してしまった原作の空間を忠実に再現しながら、人間ドラマ的な部分に大きく光を当てた作品に仕上がっていて好感が持てた。ドラマの勝手な解釈で派生させたコミカルさを封印したのは、映画人としての良心だろうか。

 しかし、残念ながら、ラストの石神哲哉(堤真一)と花岡靖子(松雪泰子)のシーンで現実に引き戻されてしまった。石神の抑えてきた感情を爆発させ、映画的にもトドメを刺すべきシーンで、あろうことか感情のうねりを分断し、観客に戸惑いを与える最低の演出。監督に物語の理解が足りなかった? 足りなかったのは映画監督としての力量?

際だつ主演女優のダイコンぶり

 最近出ずっぱりの堤真一だが、やっぱり良い。感情を抑えた演技はすばらしかった。感情を抑えた演技者の多かった中で、松雪泰子のメリハリの利いた演技も光っていた。堤真一と松雪泰子の演技が、主役二人-福山雅治と柴崎コウのダイコンぶりを際だたせる結果となったのは皮肉としか言いようがない。

 加えて、柴崎コウは福山作の主題曲でも、歌手としてはありえない歌唱力で失笑を買ってしまった。難しい楽曲なのは認めるが、あの、高校の合唱部のような歌い方はなんとかならないか。

監督:西谷弘
脚本:福田靖
製作:亀山千広
企画:大多亮
原作:東野圭吾
音楽:福山雅治、菅野祐悟
撮影:山本英夫
出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、ダンカン、長塚圭史、金澤美穂、益岡徹、林泰文、渡辺いっけい、品川祐、真矢みき、松雪泰子、堤真一
製作国:2008年日本映画
上映時間:2時間8分
配給:東宝

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

映画」カテゴリの記事