ウェブログ・ココログ関連

2008.02.29

ココログがおかしい

個別記事で「同一カテゴリの記事」が表示できなかった

 先日、ダイエットのブログを分割して、更にレッズ関連の記事を分割してからというもの、とてもブログがとても不安定になってしまい困っている。

 まず、発生したのが、「実践 レコーディング・ダイエット」で「同一カテゴリの記事」が表示できないという現象。そのときは「こんなこともあるのかな」という程度で、サポートに連絡も入れなかった。でも、やっぱり「同一カテゴリ」が表示できるといろいろと便利がいいので、上級テンプレートに移行したあと、ネット上で似たような動きをしてくれるモジュールを見つけて導入した。

 導入して10日ほどはちゃんと動いてくれていた。しかし、2月20日、突然、記事をアップするときにエラーが出るようになってしまった。エラーが出たあと、ブログのトップ画面を確認すると記事が反映されていない。しかし、個別の記事と月別、カテゴリにはちゃんと反映されていた。試行錯誤しているなかで、上級テンプレートの設定の大半もアップできないのもわかった。

続きを読む "ココログがおかしい"

|

2008.02.26

お願い

2/23、レッズ関係の記事を分割して下記に移動しました。
RED STOLZ
http://takefour.air-nifty.com/reds/

2/10、ダイエット関係の記事を分割して下記に移動しました。
実践 レコーディング・ダイエット
http://takefour.air-nifty.com/diet/

テーマに沿った更新はそちらで行います。

こちらのブログは、元々の趣旨だったハードボイルド&冒険小説系の書評とか身辺雑記を書き散らかすブログとします。

よろしくお願いいたします。

|

2007.09.14

トラックバックは終わったかな

 6月29日に再開してまだ3ヶ月にもならないが、すでに「コメント/トラックバック規制」に入れたIPアドレスが軽く100を超えている。最近の傾向として、「○○の研究」「○○についての調査」「○○についての噂」などとタイトルをつけて、関連したブログの記事のさわりを集めているだけのブログが目立つ。こういうのを作るツールがあるんですかね? RSSを利用しているのかな?

 最初は迷った。相手のサイトを見にいけば、確かに自分のエントリーに関係したことが書いてはある。でも、ブログなのに、その開設者の自分の言葉が載っていない。たまに書いてあっても、どこかからコピペかリライトしたようなマニュアルっぽい文章がいくつか並ぶだけ。そんな薄いブログで、アフィリエイトだけはしっかりやっていたりする。

 まともなトラバ率は10%以下だ。正確には8.8%。トラックバックは終わりましたね。これじゃ、真面目にブログやっているヤツに負担を強いるだけだ。消さないでほったらかしにしているかたも多いようだが、ぼくはそうやってブログを汚すのは我慢ならない。

 承認制にしようかと思ったが、結局見に行って調べる手間は同じ。面倒くさい。ただ、ありがたいトラバをいただいているのも事実。すばらしいコミュニケーションツールであるのも事実。どうしようか、思案中です。ちょっとばかり疲れた。

|

2007.08.04

いまや、mixiこそ誘拐カタログ?

 どの本か忘れてしまったけど、最近読んだ本で、mixiをはじめとしたSNSについて、『「交換日記型サービス」を中心としたビジネスモデル』と定義しているのを読んだ。愕然とした。交換日記? 気持ちわりぃ。オレはそんな幼稚なことしちゃいないぞ…。

 しかし、冷静に考えてみれば、mixi日記は交換日記そのものだった。確かに当初のmixiは、マイミクという特定の方々だけが読むことを前提にした気楽な日記だった。家族の話や趣味の話を心地よく書き込める、交換日記。しかし、いまや会員1,000万人を突破してとても気楽に書ける状況ではなくなっているのだ。気づいていない人がとても多い。

 ブログの誘拐カタログ化に憂慮する

 …… 子の毎日を微に入り細にうがって書き込む親がいる。まるで観察日記のように毎日きちょうめんに書く親がいる(顔写真付き)。それはとても微笑ましく暖かい行動だと思う。人権厨房みたく「子どものプライバシーが…」と酸っぱいこと言うつもりはないが、軽率な記事(エントリ)があまりに多い。これからその子をさらおうとする輩にとって、大変有益な情報を提供してくれる。あるいは、どの子を誘拐しようかな? と吟味している輩には格好のカタログと化している。……

 とある かぞくが のこした blog

 …… 入学式が終わった後、初めて教室に入ったら、黒板に大きくここのURLアドレスがかかれていた。わたしは、これからわたしにされるいじめを思って暗い気持ちになるのと同時に、これまでの疑問の答えを見つけた気がした。
 そうなのだ。私がいままでいじめられてきたのは、ブログのせいだったのだ。……

 上記はブログに関しての警告だが、いまやそっくりmixiにも当てはまる。っていうか、mixiの方が危なくないか? 知り合いや友だちを相手に書いている日記だと思えば、ブログ以上にリミッターが外れる。流出画像からmixiで晒している個人名を辿られたり、ブログの記事を辿ってmixiから個人情報が漏れたりといった不幸な出来事は何度も起こった。

 ブログについては上記のような様々な警告が多く発せられて、それなりに周知されてきた。しかし、mixiについては事件が起こったとき以外はあまり見かけない。認めたくないというか周知されない現状があって、現在のmixiはとても中途半端で、危うい位置に立っているような気がする。ぬるい雰囲気が忘れさせてしまうのかもしれない。どちらにしろ、当初のようなお気楽さは捨て去らなくちゃいけない。

 過剰反応だろうか? 

 そんなこんなで、mixi日記はやめて、こちらにリンクすることにしました。そんなに文章を書けないし。必要なくなったのでプレミアムも解約。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.11

トラバ絨毯爆撃

 今朝、徒然に「がむしゃら」のことを書いた。
 下劣なサイトではないと思っているので、ありのままに書いて出社した。到着して見たら、トラバが11個も来ている。なるほど、これか…。これがよく聞く絨毯爆撃か…。全部削除して確認したらまたひとつ増えていた。
 
 こうして、午前の間、「大人サイト」からのトラックバックを削除し続けた。総数24個。キーワードがあるんだね、きっと。地雷を踏んだか。良い学習機会だった。トラバもコメントも受け付けない設定にはしたくないけど、毎日これじゃ疲れちゃうな。大石英司さんがよく愚痴っているけど、まったくその通りだよな。

 で、疑問なんだけど、ココログのトラックバック管理画面に「ニフティに通知して削除」ってあるけど、これで削除して効果あるのかな? ニフティはちゃんとチェックしてるんだろうな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.24

トラックバック

 ブログにサッカー日本代表の話を書くと必ずといっていいほどトラックバックが飛んでくる。それも、未知の方でこちらのブログにまったく言及していない方。

 先日書いたときもいくつも飛んできたので、相手のブログを見に行ってみると、コメント欄に「トラバありがとうございました。返させてもらいました」というコメントがズラリとならんで、お返しと思しきトラックバックが50近くも並んでいる。

 ぼくみたいに苦々しく思って返さないヤツもいるだろうから、相当な数のトラックバックを飛ばしているんだろうね。そんな姿を想像すると気分が悪くなってくる。探して探して、飛ばしているんだろうな。

 そんなトラックバックを削除して、改めてココログのプロフィール欄にトラックバックに関する考えを書き加えた。

 これが、知り合いとか、浦和コミュニティとかサッカー好きとか本好きな方からなら問題ないのです。こちらも返しますから。
 何か特別なニュース記事を書いて知らせたいときなども問題ないですね。相当数のブログに飛ばしたいときに一々リンクを張ってはいられないから。
 見ず知らずの方のブログを十把一絡げに扱って、トラックバックを飛ばしまくる浅ましさが、我慢できない。
 
 こんなスパムまがいのトラックバックが当たり前になって、定着したらイヤだな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.10

トラックバックスパム

 スパムまがいのトラックバックを飛ばしてくる人が多くなってきて、対処に困っている。
 最初は、トラックバックを送ってもらえて嬉しい、くらいなものだった。しかし、見ず知らずの方からのトラックバックは、相手がこちらへのリンクを張らずに一方的に送ってくる場合がほとんどだとわかって苦痛になってきた。
 これにはどう対処すればいいんだろうか。

 他の人たちの対応を見ていると、
(1)無視する。(今のところぼくはコレ)
(2)相手にトラックバックを返す。
(3)「トラックバックありがとうございました」と挨拶に行く。
(4)トラックバックを返した上で、挨拶をする。
(5)有無を言わさず、消す。
 これくらいしか対処法が無さそう。

続きを読む "トラックバックスパム"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.01.09

自分が選ぶベスト

 「BEST(海外編)」として、24作品を右のサイドバーで紹介することができた。
 昨日から、「BEST(国内編)」を左のサイドバーに紹介を始めている。
 悪いクセでのめり込むと節度がなくなってしまうので紹介文が長くなっているのが気になるが、こうして眺めてみると結構気持ちが良い。
 こういうのって、サイトをはじめたころからやってみたかった。
 好きな本に埋もれて生活するのが気持ち良いのと同じで、自分のネット上の生活拠点のような場所に自分の大好きな作品を並べて悦に浸るのは、他人様の目は抜きにして、とても気持ちが良いのです。ここまで読んで退いた人がいるな、きっと。
 本好きのたわごとだと思ってください。

続きを読む "自分が選ぶベスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

トラックバックの作法

 ブログを始めて一番戸惑ったのは、やっぱりトラックバックだった。
 相手のサイトに自分のサイトのアドレスを勝手に掲載してしまうなんて、HTMLを長くやってきた者にとっては信じられないことだったのだ。
 これは微妙なシステムだ。使い方を間違えると、それこそSPAMと変わらないはた迷惑に成り下がる。
 ぼくは数えるほどしか経験がない。最初はやり方がわからなくて、相手に失礼なトラックバックもあったかもしれない。

 言うまでもなくブログは新しい。
 トラックバックについても、これから作法が形成されていくものかもしれないが、ネットを介した人と人とのコミュニケーションツールとして考えれば自ずとルールは見えてくる。

続きを読む "トラックバックの作法"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.01.05

スパム対策

 携帯電話やフリーメールを含めれば、誰でもメールアドレスの二つや三つ持っているだろう。
 ぼくの場合は、ドリームネット(@dream.com)とニフティ(@nifty.com)を主に使っていて、携帯とフリーメールまで含めれば6つのメールアドレスを使っている。

 ドリームネットには一日に300通くらいのメールが来るが、大半が海外からのスパムで、重要なものはほとんど無い。一度相談したことがあるんだけど、受け取らないドメインを登録する程度のスパム対策しかない。とてもじゃないが無数のドメインを登録するような時間は無い。
 だから今は、Becky!のリモートメール機能で、タイトルの一覧をダウンロードして必要なものだけ本文を落とすようにしている。

続きを読む "スパム対策"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.30

暇にまかせて…

 正月休み三日目。
 安物買いの銭失いとはよく言ったものだ。近所のスーパーでバカ安の餅を手に入れて大喜びだったが、焼いてみてひっくりかえった。粘り気がなくて硬くて、焼いても焦げるだけ…。本年最後の大失敗、…だといいのだが。

 暇にまかせて、ブログをいじり倒している。
 別サイトに「お薦め本」として格納していた本をリストに並べてみた。とりあえず海外編ということで。「海外編」があれば、「国内編」もあるはずだがそれはまた後ほど。

 ウラツウツウシンからおいでの方々には申し訳ありません。
 オフなので、レッズ関係の更新は思いついたときと大事件があったときくらいと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

ココログ 奥が深いな

 こちらとかこちらを参考にさせてもらって、カウンターをつけてみた。無料でポピュラーなヤツだけど、こんなもんでしょう。
 もうちょっと慣れてきたら再考ということで。

 久しぶりに刺激的なコンテンツに足を踏み入れるきっかけとなってくれたムムリクさんに感謝です。

 ありがとうございました。

 でも、なんか変だなぁ。
 ユニークユーザーしかカウントしないはずなんだが…。

続きを読む "ココログ 奥が深いな"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.13

行き着く先は同じかな

 昨晩からずっとブログのデザインをいじくり倒していたもんだから、「GGR」(テレビ埼玉のレッズ番組)を見落としてしまった。
 やり始めてみると凝り性ゆえに気に入らないことが多くて試行錯誤を繰り返す悪魔のパターン。行き着く先は有料版…。それにしても、これだっていまいち…。

 ブログって、どれもこれもみんな似たようなサイトデザインで、しかも文字が細かくて見難くて、その上判で押したような記事の羅列、または恍惚自慰の金太郎飴状態でどうも苦手だった。
 しかし、こうして自分のブログを見渡してみれば、見事に最悪パターンにハマった無為ぶり…_| ̄|○
 もっと腕を磨けばいろいろできるんだろうけど、それだけの時間も意欲もないところが情けない。ということは、行き着く先は普通のサイトと同じってことか。

 あだ花だろうか。そんな気がしてきた。

続きを読む "行き着く先は同じかな"

| | コメント (9) | トラックバック (0)