« 二代目丸源ラーメン きゃべとん のカロリー | トップページ | バーミヤンのカロリー »

実践 レコーディング・ダイエット 63日目 食事運動圧力盗作疑惑

豆乳野菜ジュースは当初から

 岡田斗司夫の『いつまでもデブと思うなよ』 (新潮新書 227)を教科書にして始めた「レコーディング・ダイエット」。今日で63日目。体重は14.5kg減って、体脂肪率は最大で8.7%減った。更に今週もベルトを1.4cm切ったので、ウエストサイズは合計で8.2cm縮んだ。

 2ヶ月で14.5kg減量。少々ペースが早過ぎるかもしれない。9週間で14.5kgということは、1週間で1.61kgずつ減量したということだ。落とし穴じゃないだろうか。何でものめり込み易いからオタなのであって、ゲーム感覚でやっているうちに、カロリーを抑えすぎているのじゃないだろうか…。過去の食事記録を見直してみた。

 ぼくの場合、元々朝食に野菜ジュースと黒酢を飲んでいたので、ダイエットを開始してすぐに岡田さん推奨の豆乳も導入した。ほかにも大豆系の栄養補助食品を多く摂取しているので、栄養バランスは崩れていないと思う。しかも、大豆系食品のお陰か、ほとんど空腹を感じない。ましてや、強烈な飢餓感など一切無い。1日の摂取カロリーは1,400Kcalくらいだ。これがちょっと少ないかな。

ダイエット中とは思えない食生活

 昨日は、久しぶりに「ケンタッキーフライドチキン」を食べている。オリジナルチキン1個がおおよそ237Kcalとのことなので、2個とポテトをちょっとだけで、合計510Kcal程度。他に、195Kcalのアイスクリームも食べたし、スナック菓子も食べている。夕食を抑えて(レトルトのお粥とまぐろの赤身)、合計で1,300Kcalくらいだった。雨の休日。プールで30分泳いだ程度なので、充分だと思うが…。

 先週は「マクドナルド」も食べているし、ほとんど毎日のようにアイスも食べているし、チョコだって一口くらいは食べている。だから、ダイエットをやっているという意識はあんまりしない。まあ、アイスといっても、6~10本詰め箱の1本で大抵70~100Kcal程度だけど。今朝もいつもの朝食で(豆乳200ml、野菜ジュース180ml、梅はちみつ黒酢20ml、フルーツグラノーラ3枚)、おなかが一杯になった。

身体が軽くなったので、動きたくてしょうがない

 2週間くらい前から、土日に軽い運動をするようにしているので、それが原因かもしれない。運動といっても、週に1回1時間程度の水泳と、散歩10,000歩程度。なるべく遠くのスーパーに買物に行って歩いて帰るとか。元々歩くのが好きだし、5週間連続のヒアルロンサン注射でヒザの調子も良くなったしで歩きたくてしょうがないのだ。これを我慢するのは自然の摂理に反することになると思うが。…でもやっぱりペースが早いかな。

いつデブに盗作疑惑

 岡田斗司夫といえば、例のいいメモの件に関して、ブログに釈明文を掲載した。Yahoo!のトップで紹介されたくらいだから、大抵の方がご存知でしょう。岡田が「いいメモ」に対して行った行為に正当性は低いと思うが、マスコミなどで見聞きしただけでレコーディング・ダイエットをはじめると失敗するという段は全面的に支持する。

 ぼくは『いつまでもデブと思うなよ』の書評でこう書いた。

(前略) ここまで読んで、なんだ簡単じゃないか明日からやってみよう、と思った方。たぶん失敗しますよ。ネタバレになるので、書けなかった部分に本書の真骨頂があるのです。デブの心の動き、乗り越えなければいけないダイエットの壁、真の食欲についての考察など、非常に細やかな思索による配慮がなされていて、実践者を後押ししてくれます。是非一読を。(後略)

 この件に関しては、別エントリーを立てる必要があるかもしれない。

 そうそう、『いつまでもデブと思うなよ』には新たな問題が発生した。盗作疑惑だ。『ダイエットやめたらヤセちゃった―アンチダイエット・スリミングの魔法 (sai books)』という本に酷似した箇所があるというのだ。作者(夏目祭子氏)が反応して、ブログに書いたらしいが、現時点ではなぜか削除されている。

 読んでみないとなんともいえないのだが、「身体の声を聴く」方法とかそういったことに関してらしい。しかしなぁ、身体が欲している食品を感じとるなんて、昔から聞いたことがあったんだけどなぁ。読んで検証してみる必要はあるかな…。

|

シアワセな上昇段階」カテゴリの記事

ダイエット日誌」カテゴリの記事

ダイエット関連ニュース」カテゴリの記事

運動について」カテゴリの記事

食事について」カテゴリの記事