« 実践 レコーディング・ダイエット 49日目 体重激減 | トップページ | 実践 レコーディング・ダイエット 56日目 諦めないで »

岡田斗司夫がクレームをつけたそうだ

 先週の「尿路結石」以来、どうも体調が良くない。仕事をこなすのが精一杯、…なのだけど、ひとつ気になるニュースがあったので、書きとめておく。

アイデアに著作権なし……それでも「いいめもダイエット」サービス停止

 「いいめもダイエット」が10月17日にサービスを停止する。いいめもプロジェクトが開発ブログで明らかにした。書籍「いつまでもデブと思うなよ」の著者である岡田斗司夫氏が、いいめもダイエットに対して「著作の核心と同一ですので、著作権の侵害に当たる可能性が極めて高いと思います」と主張したためだ。(後略)

 「いいめも」って初めて知った。使った金額をメールの形で送信すると、まとめて集計してくれるという「おこづかい帳」のサービスがあって、これを「レコーディング・ダイエット」に使いたいというユーザーの声に応えて「いいめもダイエット」を開発したという。同じく、食べたものをメールするとまとめて集計してくれる。

 しかし、岡田斗司夫からクレームがついてしまった。

(前略)
 このいいめもダイエットに対して、岡田氏からクレームが入った。いいめもプロジェクトの開発ブログによると、岡田氏は「記録をしてダイエットに結びつけるという発想は、私の著作からスタートしていますので、見た目上はただの記録するのに便利なものですが、それをダイエットに結びつけているという点で言えば、私の著作の核心と同一ですので、著作権の侵害に当たる可能性が極めて高いと思います」などと指摘。サービスの停止を求めたという。(後略)

 体系化して商業ベースに乗せたのは、確かに岡田斗司夫だ。しかし、この指摘は無理があるでしょう。勝手に岡田の名前などを使ってしまったようだから、それにカチンときたのかもしれないが……。こうして波紋を広げているところを見ると、結果的に「いいめも」側の英断のように見えてくる。かなりの宣伝になったし。岡田さんは人間の小ささをアピールしちゃった。もっと発展的な解決法があるだろうにね。

|

ダイエット関連ニュース」カテゴリの記事