« これ以上食事を増やすのは危険 | トップページ | 森三中・村上がレコ・ダイに挑戦する番組 »

レコ・ダイ完遂のためには一年必要?

お菓子を食べたい欲求は食欲とは違う

 こうしてお菓子を食べ続ける生活に戻ってみると、『いつまでもデブと思うなよ』のお菓子についての記述は、つくづく甘いと思ってしまう。お菓子を食べて、本当においしいと思えるのは最初の数個だけで、残りは惰性--。これって実は宗教みたいなもの。ダイエット実行中はどこか自分に言い聞かせていた節があったように思う。知り合い等に問われて、岡田さんの言葉をそのまんま言っていた。「うまいのは最初だけなんだよね……」

 でも、違った。

 お菓子は、最初の数個も、途中の数個も、最後の数個も、全部うまい。一袋全部うまい。チョコレートやクリームのおいしさは、意志の力を借りなければ、どうやっても途中で止めることはできない。ダイエット中、たくさんお菓子を食べなかったのは、痩せたいから、意志の力で我慢したのだ。今なら、はっきりとそう言うことができる。お菓子は、途中でおいしくなくなることはない。

 お菓子を食べたいという欲望は、三度の食事の時に感じる食欲とはまったく別のものだ。飽くことのない味への欲望とでも言うか。少なくともぼくは、板チョコをほお張って一口目二口目で感じたおいしさを、最後の一口でも同じように感じる。子どもたちから、2切れくらいもらっても、それじゃ全然足りない。ずっと足りなかった。これを意志の力でなく、途中で止める方法がある? 習慣しかないように思う。それともトレーニング方法があるのか?

レコーディング・ダイエットは、最低一年は必要

 三度の食事については、岡田さんのおっしゃるとおりで、満腹一歩手前がはっきりとわかるようになって、直前で止められるようになっている。食事をしている途中でも止められる。ただ、何度も書いているが、空腹がいまだによくわからない。長年に渡って過食のトレーニングを重ねてきた胃袋は、ことここに至っても、まだ空腹を理解してはくれないようだ。

 それに、食べ物の好みなんて変わらない。元々、好き嫌いのほとんどない食生活を送っていたせいもあるかも知れないが、ダイエット前とまったく同じ嗜好だ。相変わらず一番好きな食材は肉。確かに、脂に弱くなったとか、ちょっとした変化はあるかもしれないが、騒ぐほどのことじゃない。食べ物の好みもまったく変化がありません。

 2007年8月にレコーディング・ダイエットを開始し、30kgのダイエットに成功したのに、こんな状態です。考えれば考えるほど、レコーディング・ダイエットを極めるためには、長い期間続けないとならない気がしてくる。最低一年くらいだろうか。一年も工夫したトレーニングをやれば、それなりにリバウンドしない嗜好になるんだろうか。っていうか、この辺については、ものすごく懐疑的になってきています。

|

再加速段階のモガキ」カテゴリの記事