« 満腹感を長持ちさせるたんぱく質 | トップページ | 顔のどのシワが浅く薄くなったか »

顔のシワが薄くなってきた

自分だけにしかわからないことだが

 顔のシワが若干浅くなってきたように思う。カミさんに聞いても、はっきりとは肯定してくれないが、毎日眺めてため息をついていた自分がそう思うんだから、間違いないと思う。気がついたのは、一ヶ月くらい前だから、3月の中旬ころ。鏡の中の老けたような疲れたような顔が、ちょっと若々しく見えたので、手鏡で確認した。

 最近出た『このメモ帳でやせる』で岡田さんが言っていた言葉が思い出される。今、手元にないので、正確に記述することはできないが、体重が減った一ヵ月半後に体脂肪率が落ちてサイズダウンして、更に一ヶ月半後にシワが浅くなる、というようなお言葉だった。正確に書けなくて申し訳ない。

本当の卒業が間近

 体重と体脂肪率はもっと連動していると思うが、シワは確かにそう思わせる。ぼくの体重が今の数値あたりで落ち着いたのが、2月ころ。だとすれば、一ヵ月半後は3月中旬だ。腹のシワはそれほど顕著ではないが、これも収縮しつつある。説得力があると思う。もうちょっと観察したい。

 それもこれも、ダイエットで落とした体重を維持しなければ、何の意味もない。ここのところ、三度の食事も増やしている。おやつもいつも通り。それでも、67kg~68kg台を維持できている。

 先々週と同じく、先週末もかなり多めに食べた。正確にレコーディングして、もっと正確な一日の必要カロリーを見極めたい。月曜の今日からカロリー摂取を減らして、少し体重をもどす。前にも書いたけど、これら一連の作業がスムーズにできるようになったら、レコーディングをやめてみる。そんなところです。

追記:『このメモ帳でヤセる』の46pに書かれている、皮余りに関する岡田さんの言葉を正確に記しておきます。「ダイエットには時差がある、ということです。最初に体重が落ちてから一ヵ月半して体脂肪率が落ちて、一ヵ月半してサイズが縮んで、さらに一ヶ月半して皮が縮む。」

|

もしかして軌道到達?」カテゴリの記事