« プライバシー ポリシー | トップページ | レコーディング卒業宣言 »

ダイエット後に克服する必要のあること

体重はコントロールできるという自信

 「公園へ行こう!」のメンテが長引いて、っていうかいつ終わるとも知れないドツボ状態です。その上、数時間のうちにクリックを数千回もしたもんだから、腱鞘炎が悪化してもう右手がメタメタ。それでも、ちゃんと体重は維持できています。今朝のスペックは67.0kg&13.2%。4/29に野田の「すたみな太郎」で食べ過ぎてこれですから。

 何度か書いていますが、ダイエットを終了してもすぐには普通の食事はできませんでした。理由はリバウンドの恐怖です。ダイエットで代謝が落ちているところに普通の食事をしたら絶対にリバウンドすると、ダイエット時に過剰に学習してしまった。そこそこ普通に食事を摂るようになったのは最近ですから、精神的に克服して食べても太らないという自信をつけるまで、三ヶ月近くかかったことになります。

本当の卒業が間近?

 最近は、食事の量とかズボンのきつさとかお腹の減り具合で、体重の変動がほぼわかるようになりました。そういえば、岡田さんも似たようなことを言っていたかも。それでもレコーディングは続けています。が、あまり必要を感じなくなってきました。

 本当の卒業が近いのかもしれません。

 以前から、食べ物の嗜好の変化について岡田さんのお言葉に懐疑的だと書いていましたが、ちょっと変化が見えてきたように思います。それについてはもうちょっと観察を続けてから書きます。

|

もしかして軌道到達?」カテゴリの記事