« その後の皮余り | トップページ | お菓子が食べたくてどうしようもないとき »

家飯のカロリー計算のコツ Vol.2

具体的な作業

 以前書いた「家飯のカロリー計算のコツ」を読んでくれる方が多い。みんな、自宅で作る食事のカロリー計算に苦労しているのですね。ぼくも最初はそうだった。カロリー計算なんてアバウトで良いと精神でわかっていても、いざ計算するとなると疑問が多くて、どれだけアバウトなのかすらもわからなくなって、無限ループに陥ってしまう。

 家飯はまず食材の計量が必要なのは前にも書いた。ひとつひとつの食材の重さをメモして、それぞれのカロリーを算出しておく。調理が終わったら出来上がった料理の重さを量る。総カロリー量を、料理の重さで割れば100g当たりのカロリーが導き出される。って、こんなことはわかっているんだけど、面倒ですよね。

野菜たっぷり炒めご飯

 ここに、以前ぼくが作ったチャーハンの例を書いてみる。チャーハンといっても、ぼくが作るのは子供たちに野菜を食べさせるために異常に野菜をたくさん入れているので、野菜たっぷり炒めご飯といったところでしょうか。

 この日の材料は


  • キャベツ 208g
  • 長ネギ 129g
  • 卵 1個
  • 焼き豚 81g
  • ご飯 500g
  • 油 大さじ1
  • 中華味 少々
  • 醤油 少々

 このものすごい量の野菜を全部みじん切り。出来上がると緑っぽくなる(笑)。ご飯の量もすごい。これをバカでかいフライパンで調理するんだけど、野菜が水分を出すので、当然パラパラにはならない。でも、結構うまいのですよ。それぞれの食品のカロリーは、右バーに並べた「家飯のカロリー調べ」の各サイトでチェックする。

 各食材のカロリーは


  • キャベツ 208g 52Kcal
  • 長ネギ 129g 27Kcal
  • 卵 1個 80Kcal
  • 焼き豚 81g 81Kcal
  • ご飯 500g 835Kcal
  • 油 大さじ1 120Kcal
  • 中華味 少々 12Kcal
  • 醤油 少々 5Kcal

 合計すると、1,271Kcal

 卵の重さは50gなので、全体の重さは998g。1,271/998で100gあたり約127Kcalと算出される。アバウトなので、これでもいいんだけど、実際は調理が終わって計量したら910gだった。88gは調理のときに失われた水分。998でなく910で割ると、約140Kcalとなった。同じアバウトでもこちらの数字の方がより近い。

 何回か似たような作業を繰り返したら、たいてい10%程度軽くなっているのがわかったので、その後は調理が終わった料理を検量せずに、単純に重さを10%差し引いてカロリー計算をした。ただし、水分は炒め時間に左右されるので、人それぞれ。この段階では少しは試行錯誤が必要かもしれない。

 最終的には、野菜の重さも目分量でだいたいわかるようになって、ひとつひとつの食材の重さを量る必要もなくなる。これは他の料理にも応用が可能。ぼくが料理するときは、全部これでやっていた。問題はカミさんの料理。これがかなりたいへんだった。このあたりは、また後で書きます。

 必需品のクッキングスケール。皿を置いた状態で「0」に設定できるので、検量がとても楽。すぐれものです。

TANITA デジタルクッキングスケール ホワイト KD-173-WHTANITA デジタルクッキングスケール ホワイト KD-173-WH

タニタ 2003-03-01
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

シアワセな上昇段階」カテゴリの記事

食事について」カテゴリの記事