« 「助走」は気合いを入れて | トップページ | 「巡航」や「再加速」で目標体重を達成してしまったら? »

低カロ 平焼きツナパン を食べてみた

目的の低カロパンはなかった

 やっぱりこのシリーズの低カロリーパンを多く置いている店は少ない。目的の「ジャム&ホイップ」と「ライ麦」は見あたらなかった。で、買ってきたのが「平焼きツナパン」。これはリニューアル前のラインナップでも、比較的よく見かけていたので、そこそこ受け入れられていたのでしょうか。

 自称パン好き(元)ダイエッターとしては、低カロパンにはなんとしても生き残って欲しい。そこそこ売れて定着してもらいたい。そしたら、研究費も増えてもっとうまい低カロリーパンができるだろう。で、もっと売れるだろう。こんな好循環が生まれてくれることを祈っている。そうなると菓子に走らなければならないのはわかる。ジレンマです。

定番となった平焼きツナパン

 低カロリー平焼きツナパンは、旧ラインナップの同パンよりも明らかに生地の厚みが増して、ふっくらとしている。2倍とまではいかないが、一目でわかるくらいなので、それに近いくらいにはなっているはずだ。ほかは、旧パンと同じ。具のツナサラダの玉ねぎも同じ。

 手に持つとふっくらとした厚みがよくわかる。一口囓る。旧パンよりも明らかに、ふっくらした生地がさらにもっちりしっとりしてなかなか良い。しかし、風味がほとんどないのが残念。今後の課題ですね。風味が増せば、パン生地自体の味も増すだろうし。難しいところだが、がんばって欲しい。

|

ダイエット関連ニュース」カテゴリの記事

低カロリー食品」カテゴリの記事