« いつまでもガリと思うなよ - 岡田師の今 | トップページ | またもや挫折中…orz »

iPhoneアプリのおかげで快適に助走中

iPhoneアプリ「カロリー管理」

 快適に助走できています。
 ダイエッターにとって鬼門である正月も、なんとか乗り切ることができました。それもこれも、iPhoneアプリ「カロリー管理」のおかげです。
 
 下の画像は、上段に助走開始時から現在までの摂取カロリー量を、下段には体重と体脂肪率の推移を、「カロリー管理」がグラフ化したものです。勤務先の2011年最終日の12月27日に最低体重の81.0kgを記録して、その後増えて現在は84kgくらい。
 長い正月休みとその後の成人の日連休を超えてこれですから、十分に許容範囲です。

Report

おかげで習慣になった

 助走で一番大切なことは、「レコーディングを習慣化」することです。この点については、クリアできているように思います。思いっきりレコーディングを楽にしてくれた「カロリー管理」のおかげでしょう。

 このアプリの良いところは、検索すると大半の料理や食品の一般的なカロリーが出てくることです。
 数値は大雑把で良いのです。検索して出てきた数値がどれくらい正しいかとか自分が食べたものにどれくらい近いかなんて、考える必要はありません。とにかく、記録することが大切です。
 外食でも多くのファミレス等が登録してあって、それらも検索一発です。

 でも、たとえば、ぼくの大好きなイタリア料理のコースとかは掲載されていません。
 そういうのは、自分で登録します。
 ぼくの場合、「イタリア料理 ランチ」=1,400kcalと登録してあって、食べた時は躊躇なくその数値を入れるようにしています。「カロリー管理」で検索しても見つからない料理は全部このやりかたで、まったく問題ありません。わからない料理や食品のカロリーを調べるには、ネットという便利はツールがありますからその数値を入れちゃいましょう。
 ともかく、助走時は記録を続けることが大事ですから。

 マイペースに助走しています(笑)。
 この一ヶ月、「食べログ」への投稿もセーブしていませんし、いつも通りに食後のお菓子も食べています。若干、レコーディングが面倒なことがあって、口にしないなんてことも出現しはじめました。

 気長にやってきます。

 なんせ、一生ダイエットだから

|

ダイエット日誌」カテゴリの記事

レコ・ダイ 再挑戦」カテゴリの記事