カテゴリー「離陸段階で考えること」の2件の記事

レコーディングは生活のリズム

やっぱり甘いモノが好き

 岡田さんはこんなことをおしゃっているけど、そうかな? ぼくの周りには結構いるけどな、甘いモノ好きな男性。それにしても、ぼくの甘いモノ好きはちょっと常軌を逸しているかも。再度レコーディングを開始して、今日で12日目。見返してみれば、毎日のように甘いモノを口にしている。

 ところで、前回のエントリーで、レコーディングとレコーディング・ダイエットを混同したような書き方をしてしまった。実際、どっち付かずで、レコーディング・ダイエットのフェーズで言えば、「助走」「離陸」のような感じでメモしています。一日に4,000Kcalオーバーなんていう日もあって、冷や汗です。わからないくらい食べたら、全部まとめて1,500Kcalと書いたり。

続きを読む "レコーディングは生活のリズム"

|

一日1,800Kcalくらいが妥当だと思う理由

1,500Kcal→2,000Kcalは難しい

 昨日の記事のコメント欄に啓発されました。

 順調に減量できていた2007年秋、ふと思った。「今、一日1,500Kcalに制限しているけど、どうやったら一日2,000kcal以上を摂る生活に戻れるんだろう? リバウンドさせずに、どうやって500Kcal以上も増やせばいいんだろう?」 これは今現在の課題でもある。一日1,500Kcalなんて生活をいつまでも続けるわけにはいかない。実際は硬く考える必要はないんだろうが、このペースをつかむのはダイエットよりも難しい。29kgの減量に成功した現在の偽らざる気持ちだ。

 某巨大掲示板で、一日1,800Kcalくらいの制限でも自分と同じくらいのペースで痩せている人の書き込みを見て後悔もした。「1,500Kcal→2,000kcal」よりも「1,800kcal→2,000kcal」の方が、ずっとリバウンドする確率が低くそうだ。200Kcalと言えば、おまんじゅう一個程度。日々の体重の動きを見ながら簡単に調整できると思う。500Kcalじゃそうはいかない。絶対にリバウンドはイヤだ。

続きを読む "一日1,800Kcalくらいが妥当だと思う理由"

|