カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2018年7月29日 (日)

【古河】 大公園の中にある本格ベーカリー「森のパン屋さん(古河市)」

Navelpark_bakery01

Navelpark_bakery06

 ネーブルパークに美味しいベーカリーができたと噂では聞いていたのですが、食べるのははじめてです。
 1個200円オーバーの商品もあり、第一印象は「高いなぁ」だったのですが、帰宅して食べてみてびっくり。すごく美味しい。
 完全にノーマークで予備知識を持たず伺ったので、食べログでrumbaさんのレビューを読んで二度びっくりです。そんなお店だったのか……。それならもうちょっとちゃんと話しを聞いてくればよかった……。

 「ねいぶる庵」で蕎麦をいただいたあと、パンを買って帰ろうということになり、蕎麦店の向かいにある当店に入りました。
 「高いなぁ」の次に浮かんだのは、「ドイツパンっぽい感じのがあるけど、デニッシュ生地ばっかりじゃん??」でした。
 レジの女性にそんな話をすると「ドイツのパンです」という返答。「なぜデニッシュ? 生地は?」と聞いたらご存じないようで要領を得ない返答だったのでそれ以上深追いせずいくつかのパンを買って帰宅しました。

» 続きを読む

2018年7月28日 (土)

【古河】大公園の中にある素敵な蕎麦屋 「ねいぶる庵(古河市)」

Navelpark_soba01

Navelpark_soba13

 「ネーブルパーク」にある蕎麦屋「ねいぶる庵」は、高原のリゾート地を思わせるような木のぬくもりが温かい素敵な蕎麦店です。
 いつも「公園にある飲食店はダメなお店ばっかり。そのお店を目当てに公園へ行くような飲食店をなんで作らないか」と書いていますが、当店はそんな要求を満たしてくれる数少ない飲食店のひとつと言って良いと思います。

 レビューを書くために古い写真を漁ったところ、「ねいぶる庵」のある建物自体は1999年にすでに存在していました。
 当時から蕎麦屋だったかどうかわかりませんが、2001年に撮影した写真には「そば・うどん」の暖簾が写っていますので、もう20年以上営業されていらっしゃるかも知れません。
 茨城県の公園はファミリー向けのリゾート地のような方向性を持っていると聞いたことがありますが、「ネーブルパーク」の発展を見ると頷けるものがあります。

» 続きを読む

2018年6月23日 (土)

【新井宿】 大公園の洋食レストラン 「レストラン緑屋(レストラン シャトー赤柴)川口市」

Greencenter_restaurant01

Greencenter_restaurant19

Greencenter_restaurant14

 川口市が誇る大公園「グリーンセンター」の中にある洋食レストランです。場所は公園の入り口入ってすぐ右手です。
 グリーンセンターを初めて訪問したのは20年以上前ですが、当時からレストランはあったのでかなりの年月を営業されていらっしゃるはずです。
 2018年6月、あじさいと花菖蒲を撮影に行った時のランチで久しぶりに入ってみました。

 この数十年の間にいろいろと変わっているんでしょうけど、入ってみた印象はびっくりするくらい変わっていません。
 そもそもこのレストランの名前すらはっきりしません。
 「食べログ」には「レストラン緑屋」で登録されていたのでそのまま便乗しますが、お店の割り箸の袋には「Restaurant Chateau」とあります。
 たぶん、「シャトー赤柴」のことだと思います。

» 続きを読む

2018年6月 9日 (土)

【行田】 埼玉北部で絶大な人気を誇るうどん、田舎っぺ 「元祖 田舎っぺ さきたま古墳店(行田市)」

Sakitamakofun_inakppe01

Sakitamakofun_inakppe03

 タイトルの通りです。埼玉県北部では絶大な人気を誇るうどん店「田舎っぺ」です。
 ぼくのホームテリトリーである公園「さきたま古墳公園」の直隣にオープンしたのは知っていたのですが、今回が初めての訪問でした。
 直隣なんていう言葉があるかどうかわかりませんが、「さきたま古墳公園」にできた「第2駐車場」の道路を挟んで真ん前です。

 うどんはぼくが個人的に抱いている「武蔵野うどん」の印象からはほど遠い細麺で、これでもかと捩れています。
 モチッとする食感は余り感じません。もうちょっと弾力があると良かったかも知れません。
 肌はどちらかというと粗目でした。よじれと粗目の肌が汁を持ち上げてくるのですね。

» 続きを読む

2018年4月30日 (月)

【古河】 公園内で20年続くカフェレストラン 「カフェ ジェラテリア(古河市)」

Kogakubou_gelateria01

Kogakubou_gelateria02

 茨城県古河市の「古河公方公園」内にあるガラス張りのカフェレストランです。オープンしたのは1998年ですので、もう20年続いているのですね。
 この特徴的なレストランを設計したのは茨城県日立市出身の建築家で「建築界のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞した妹島和世さんです。

 古河公方公園は入り口にある管理棟も名のある建築家の設計だそうです。
 なんというか「気合いが入っている」というか。特色に乏しい地方都市の意気込みみたいなものを感じます。

» 続きを読む

2018年3月18日 (日)

【岩槻】 本当に鰻は終わってしまうのかも 「小島家(岩槻区)」

01

07
 
 つい1ヶ月前に訪問した岩槻区の鰻店です。
 1ヶ月前には
 「当店の鰻は2018年現在「うな丼 2300円」「うな重上 3200円」「うな重特 3800円」「うな重特上 4900円」。そう頻繁にいただける値段じゃありません。」
 と書いていました。

 しかし、下の写真に掲載したように、この日は「2300円のうな丼」と「3200円のうな重上」がなくなっていました。
 それだけでも驚きなのに、「うな重特」は3950円になっています。さすがに消費税は内税表示ですが。
 いくらブランドの「大井川共水うなぎ」と言っても尋常な値段設定じゃありませんね。

» 続きを読む

2018年2月25日 (日)

【大宮】 とにかく甘い、いちごスイーツフェスティバル 「銀座コージーコーナー JR大宮店」

01

04

 大宮駅のコンコースを東口方面に向かって左右の出口階段の真ん中にある「コージーコーナー」です。
 左角に「キヨスク」があり順に右に「鯛プチ」「Manneken」、そして右の角にあるのが「銀座コージーコーナー」です。角地なので正面の他に階段側にもショーケースがあるのですが、ご覧の通りお客さんは正面ばかりです。

 「コージーコーナー」といえばお手軽で安いみたいなイメージがありますが、この日はちょうど「いちごスイーツフェスティバル」が開催中で、苺と中でも「紅ほっぺ」のケーキがたくさんならんで、お値段的にもかなりのものでした。 
 紅ほっぺのナポレオンパイ 680円(税込)
 紅ほっぺのタルト 626円(税込)
 ミルショート いちご 486円(税込)
 シュークリーム(カスタードホイップ) 1個 124円

» 続きを読む

2018年2月11日 (日)

【せんげん台】 「要」仕込みのドレッシングが美味しい 「イタリアン処 タナカ食堂(越谷市)」

01_2

10_2

 近くのスパイスカレー屋さんに行ったら「ご飯切れ」で30分待ちと言われたので次善の当店へ足を運びました。もちろん、そのカレー屋さんに入れなかったから「タナカ食堂」さんへ行こうと最初から決めてました。結構厳しそうな予感があったので。

 当店は1年数ヶ月ぶりです。
 シェフはいまでも「要」とかけもちだそうで、ランチのみしか営業していません。この日も結構お客さんが入っていたし、肉料理や魚料理も食べてみたいので、やっぱりもったいない気がしてしまいます。

» 続きを読む

«【岩槻】 岩槻の奥座敷で一番好きな鰻店 「小島家(岩槻区)」