カテゴリー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2018年2月11日 (日)

【せんげん台】 「要」仕込みのドレッシングが美味しい 「イタリアン処 タナカ食堂(越谷市)」

01_2

10_2

 近くのスパイスカレー屋さんに行ったら「ご飯切れ」で30分待ちと言われたので次善の当店へ足を運びました。もちろん、そのカレー屋さんに入れなかったから「タナカ食堂」さんへ行こうと最初から決めてました。結構厳しそうな予感があったので。

 当店は1年数ヶ月ぶりです。
 シェフはいまでも「要」とかけもちだそうで、ランチのみしか営業していません。この日も結構お客さんが入っていたし、肉料理や魚料理も食べてみたいので、やっぱりもったいない気がしてしまいます。

» 続きを読む

2018年2月10日 (土)

【岩槻】 岩槻の奥座敷で一番好きな鰻店 「小島家(岩槻区)」

01

02

 2018年に入ってシラスウナギが大不漁というニュースが大きく報道されました。2月に入って少し上向いて来たようですが、当初の漁獲量は例年の1%程度だったようです。
 あちこちで鰻店が閉店しているそうです。随分と久しぶりの訪問でしたが、ありがたいことに、当店と周辺の2店はしっかりと営業していらっしゃいました。

 個人的には当店の目の前にある「武蔵第六天神社」と、永代橋がせき止めている水量豊富な「「末田須賀堰」の水の風情がとても好きなので長く続いて欲しいと願っています。
 当店の鰻は2018年現在「うな丼 2300円」「うな重上 3200円」「うな重特 3800円」「うな重特上 4900円」。そう頻繁にいただける値段じゃありません。

» 続きを読む

2018年1月21日 (日)

【春日部】 人生初の王将体験 「餃子の王将 春日部ユリノキ通り店(春日部市)」

01

05
 
 「王将」というお店があるのはもちろん知っていましたが、実際に入って食べたのは初めてです。料理の印象は残念ながらあまり良くありませんでした。
 連れは店内が狭いことをしきりに気にしていました。確かに席数が少ないので、ぼくらが入ったあと行列ができていたのだと思いますが。

 この日お願いしたのは、「天津炒飯セット 1112円(税込)」「五目そば 648円(税込)」「餃子 259円(税込)」「生ビール中 496円(税込)」です。
 お値段的にはごく普通の中華屋さんです。

» 続きを読む

2018年1月 6日 (土)

【春日部】 イル・カンパネッロのシェフがオープンさせたアットホームでファミリーなキッチン 「すずkitchen(春日部市)」

01_2

07

 春日部の大人気イタリアン「イル・カンパネッロ」が閉店して、同店のオーナーシェフがオープンさせたお店です。ララガーデン真向かいのビルの2階。
 ツイッター等で見聞きした感じを鵜呑みにして、勝手に「洋風の定食屋」さんだとばっかり思っていました。メニューを見れば確かにそれっぽい料理があったり羊の料理もあったりしますが、自分が勝手に想像した以上に立派な「イタリア料理」でした。

 ランチは1280円から。1280円だとミニサラダ、パスタorメイン料理、ドリンクの3品です。
 1680円の「しあわせランチコース」になると、4品~6品の前菜盛り合わせ、パスタorメイン料理、デザート盛り合わせ、飲み物のランクアップします。
 当店がすごいのは、すべて税込の金額であること。ホントにすごいことです。

» 続きを読む

2017年12月30日 (土)

【蓮田】 桜海老のパスタを食べに行った 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田)」

01_3

05_2

 なんで冬場もシーズンなのに「桜海老」のパスタが無いんだろうと思っていたところ、2017年の12月のランチに桜海老のパスタが登場しました。それなら食べに行かなくては。
 桜エビのパスタを食べるのが目的です。
 なんといっても、当店のパスタでは「牡蠣のパスタ」と並んで最も好きな味なので。

 しかし、あまり美味しくなかったのです。
 一点だけなんですけどね、塩気が強すぎました。あまりにも塩気が強すぎて桜海老の香りが下品に感じてしまうほどです。

» 続きを読む

2017年12月17日 (日)

【八木崎】 イルカンパネッロ跡地にできたイタリアン 「イタリア食堂 テラ・マーテル(Terra Mater)(春日部市)」

01

07

 以前あったイタリアンの「イル・カンパネッロ」が9月末で閉店して、同じ場所に居抜きでオープンしたイタリア料理店です。
 経営が同じかどうかは不明ですが、「イル・カンパネッロ」のシェフはララガーデン春日部の前に「すずKitchen」というアットホームイタリア料理店をオープンさせて、こちらはイル・カンパネッロのシェフの後輩の方がシェフを務められているおられるそうです。都内のイタリアンにおられた方みたい。

 どうしてもイル・カンパネッロと比べてしまうのですが、値段はかなり高くなって味は落ちる印象です。もちろん味覚はひとそれぞれです。ネット弁慶の個人の味覚ですのでご勘弁を。
 値段について具体的に書くと、イルカでは前菜9品付きでパスタにドルチェと飲み物のランチが1700円くらいでいただけたのですが、当店で同じ構成のランチは2800円(税抜き)になっています。

» 続きを読む

2017年12月10日 (日)

【菖蒲】 ヘルシーなメニューはダイエットにぴったり? 「SUBWAY モラージュ菖蒲店(久喜市)」

01

03

 一時は日本でも出店攻勢をかけた「SUBWAY」ですが、思ったほど受け入れられず停滞気味の印象が強いSUBWAYです。
 埼玉県では店舗もショッピングモール内がほとんどで独立して構えている店舗はありません。その点は都内が羨ましいです。

 春日部近辺だと「モラージュ菖蒲」か「ステラタウン」のどちらかが選択肢でしょうか。電車なら大宮の丸井も選択しかも知れません。
 いずれにしろ空いていて、このままだと撤退してしまのではと心配になるレベルなので、サンドイッチが好きな方には是非訪問して欲しいです。

» 続きを読む

2017年12月 3日 (日)

【春日部】 今でもちょっとだけ高級なファミレスのイメージ 「ロイヤルホスト 春日部店(春日部市)」

01

07

 スピッツが「街道沿いのロイホで 夜明けまで話し込み」と歌ったのは1996年のことでした。ちなみにこの曲は「ナナへの気持ち」というタイトルで「インディゴ地平線」というアルバムに納められています。
 ぼくが20歳代のころのロイヤルホストは「ちょっとだけ高級」で「ちょっとだけ美味しい」というイメージで、なかなか行けなかった。
 1996年当時は若者が朝まで話し込めるようなファミレスだったか、わかりませんけど。

 ロイヤルホストに入ったのはたぶん35年ぶりくらい。JAFから定期的にチェーン店レストランの割引券が送られてくるんですが、11月にこちらの15%割引券があったので利用させてもらいました。
 やっぱり思い出します。春日部のロイヤルホストは街道沿いじゃないけど。

» 続きを読む

«【浦和美園】 サンマルクの鎌倉パスタ系列のイタリアン 「ぎをん椿庵 イオンモール浦和美園店(緑区)」