• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 一ノ割 永福町系大勝軒のホッとする中華そば 「大勝軒(春日部市)」 | トップページ | 南桜井 三種類のそばを味わえる一茶庵系の名店 「鈴庵(春日部市)」 »

2010年9月18日 (土)

杉戸 終日禁煙席もある東池袋系大勝軒 「大勝軒しのや(杉戸町)」

総合 4.0 | 料理・味 4.0 | サービス 4.0 | 雰囲気 4.0 | CP 4.0

Shinoya01

2010年9月

 食べ盛りの男子大学生に思いっきり食べさせたくて伺いました。それと、「八丁味噌ラーメン」をいただきたかったのですが、平日夜限定ということでナシ。替わりに「野菜もりそば」を注文。相変わらずおいしいラーメンでした。

 「特製もりそば」は「中盛(450g)」でお願いしたのですが、レジで伝票をみたら「大盛(600g)」に…(笑)。フーフー言いながら汗を流して少し残したので、口ほどにもないと笑ったのですが、「大盛」なら無理もありません。600gですから。普通のラーメン3杯~4杯分はあったかも

Shinoya23

Shinoya24_2

 「野菜もりそば」のツユには、野菜がたっぷり。「特製もりそば」よりも若干酸味が強くて、野菜の旨みが抽出されたためかコクがあって更に甘みも感じられる奥深い味。「特製もりそば」のスープよりもおいしかったかな。こちらの方が好みです。

 ただ、どちらにしろ、麺の量が半端なく多いので、途中で飽きちゃいます。そんなときは、テーブルに並んでいるラー油等を入れて、味を変えれば大丈夫かな。辛味を加えてもおいしかったですよ。

 お店の奥に禁煙の座敷席がありました。そちらは、4人掛けのテーブルが5卓と6人掛けのテーブルが1卓。お客さんの流れを見ていると皆さんご存知のようで、小さいお子さん連れは例外なくそちらへ向かっていらっしゃいました。

Shinoya22

 禁煙席入口の左に掲示された張り紙によると、11:00~15:00は全席禁煙です。奥の座敷席は終日禁煙。これも時代だなあと思った次第。わが家はぼくがタバコを吸わないので大抵禁煙席なのだけれど、誘導してもらえなかったので喫煙席でした。教えて欲しかった。混んでいない時間帯は、座敷席はあまり使用したくないのかも知れませんね。

Shinoya20


2010年5月

 とにかく麺の量が半端じゃありません。普通盛(300g)で他店の2杯分はあるそうです。そういえば、「大勝軒」さんは、どこもそうでしたよね。危うく大盛りを注文しそうになって、お店のお姉さんに諭されて気がつくという体たらく(笑)。

Shinoya05

 ラーメンは「中華そば」と「チャーシュー麺」、つけ麺は「特製もりそば」「野菜もりそば」「もりチャーシュー」しかありません。夜は限定で「八丁味噌ラーメン」と「八丁味噌つけ麺」があるのみと言うシンプルさです。

 オープン当時は行列で引きも切らなかったそうですが、現在は落ちついていて土曜日午後6時半過ぎの来店でもスムーズに入れました。さすがにテーブル席は一杯でしたが。

 建物の一部がガラス張りの「製麺所」になっています。入り口はその脇。ドアを開けて入るといきなり「東池袋 大勝軒」の創業者の山岸一雄さんが、かっぷくの良いにこやかな笑顔(写真)で出迎えてくれます。

 ラーメン専門店とは思えない広さですね。カウンターが10席くらい、4人掛けのテーブルが4~5卓あって、未確認ですが更に奥は個室がありそうな雰囲気でした。BGMはジャズ。しかもキレイ。こういうラーメン店が増えてきましたね。

Shinoya09

Shinoya10

 注文したのは、「中華そば」と「あつもりのつけ麺」。こちらでは、つけ麺を「冷たい,麺」と「温かい麺」とで選ぶことができきます。ぼくはツユが冷たくなるのがイヤなので温かい方を注文。

 出てきたラーメンは予想通り、かなりの麺量です。

 麺は白っぽくて太めのストレート麺。モチモチとして歯ごたえが充分です。かなりの食べ応えがありました。しかし、湯切りが足りないのか、つけ麺を食べ進むと底に水分が残っていてかなり興ざめ。

 スープはオーソドックスな印象ですね。ゆずの香りもしないし、酸味はほんのちょっと感じられる程度。器にチャーシューが一枚張り付いていて、他に小さく切られたチャーシューとシナチク等が沈んでいます。

 思ったよりも動物系が強いようで、かなり甘めのスープでした。だからか、たくさんの麺を掻き込んでいるうちに飽きてしまいます。自分のつけ麺を食べただけでも満腹なのに、カミさんの食べ残しを食べさせられてかなり苦しかった。

 最期は、カミさんの食べ残しを、もがくように、苦しみながら完食。

 横を見たら、小学生がヒィヒィ言いながら普通盛を完食していました。

Shinoya07

 ラーメンも同じく白っぽく太いストレート麺に、スープは、やはり動物系の強そうな甘めのスープに、鰹節が強く香る鉄板スープでした。おいしかったですよ。でも、たくさんの麺を食べているうちに飽きてしまいます。

 麺の量は、「半分(150g)」と「少なめ(210g)」を選ぶこともできます。それぞれ、定価から50円引き。女性はこの分量で充分でしょう。男性だって、大抵の方は「少なめ」で充分でしょう。

 是非一度大盛りの分量を見たいので、今度行くときは大学生を連れて行ってみます。

 そうそう、サイトで確認したのですが、「大勝軒のれん会」には加盟していないようです。どんなシステムなのでしょうね。そういえば、行田のお店も名前がなかった…。

Shinoya03

関連ランキング:つけ麺 | 姫宮駅北春日部駅藤の牛島駅

« 一ノ割 永福町系大勝軒のホッとする中華そば 「大勝軒(春日部市)」 | トップページ | 南桜井 三種類のそばを味わえる一茶庵系の名店 「鈴庵(春日部市)」 »

ラーメン」カテゴリの記事

杉戸町」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー