• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

春日部 凡百のとんこつ魚介とは一線を画すつけ麺と中華そば 「蝉時雨(春日部市)」

総合 4.0 | 料理・味 4.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 4.0 | CP 4.0

Semi01_2

 「春日部無骨ラーメン店オヤジランキング」みたいなのがあったら間違いなく上位入賞でしょうかww?
 確かに、大きな身体で眼光鋭く黙々と仕事をこなす「蝉時雨」の店主は迫力があります。
 そんな店主についてのレビューがいくつかありましたね。
 でも、店員の女性に「写真を撮ってもいいですか?」と伺ったら快くOKしてくれたし、オヤジに睨まれることもなかったし。無骨で不器用なだけでしょう。シャイなんですよ、きっと(笑)。

Semi09

 無骨さでは、見るからに職人気質の「優香」のオヤジと、ツインピークスかもしれません。あ、「平九郎R」を忘れてた。世間は広いモノで、「人生」みたいな別格もいますけど。
 「優香」のオヤジクラスの湯切りを期待したら、そんなシーンはありませんでしたが、代わりに無心に麺をすすぐ背中で哀愁を漂わせてくれました。(2012年追記、優香は閉店して残念でした)

 「蝉しぐれ」を書いた藤沢周平は時代小説家ですが、実は大江戸ハードボイルドみたいなのも書いていて、通じる部分があるのかもしれませんね。
 もっとも、「蝉しぐれ」の主人公・文四郎が店主で、ふくが「ラーメン」なら笑えない話ですが…(笑)。

Semi03

 春日部では行列のできるラーメン店として有名です。
 誰も並んでいないからと喜んで戸を開けると、店内に用意された待合ベンチに何人も座っていたりします。その上、駐車場がないので非常に訪問しにくいんですよね。
 日曜日の午後6時前、近くのコインパーキングに停めて行列覚悟でお邪魔したのですが、時間帯がよかったのかすんなり座れました。すぐに満席になりましたが。

 店内はL字型のカウンターのみで12席。
 でも、かなりゆったりしていますよね。小さな椅子は自在に動かせるので、みんな好きなところへ持って行っちゃって、両隣はかなりスカスカです。
 詰めればあと5席以上は作れると思いますが、最大で12人がオペレーションの限界なのかもしれません。試行錯誤を重ねた結果の人数なのかも。

Semi08

 メニューは、「つけ麺」「辛つけ麺」「特製つけ麺」「中華そば」「特製中華そば」「濃厚味噌そば」の6種類。
 「つけ麺」は、並(220g)中(330g)大(440g)が同じお値段。若者や大食漢には嬉しいサービスですが、最安の「つけ麺」でも780円なので、ちょっとお高めかもしれませんね。あつもりも可能だそう。

 注文したのは、「つけ麺(中)」を二つと「中華そば」(並)を二つ。
 待っている間も次々と来客。最後には中のベンチで待つ人まで現れました。客層は、やっぱり若い方が多いですね。カップルもかなり目立ちます。
 隣に座ったカミさんが小声で聞いてきます。「若い人が多いということはやっぱりかなり脂っぽいのかなぁ」と。
 彼女の今晩のリクエストは、さっぱりしたラーメンでした。
 ゴージャさんのレビュー を熟読して「中華そば」を注文しているので、絶対間違いないはず。断言しちゃいました(笑)。

Semi05

Semi04

 約10人一斉に入れ替わるように座ったので、結構待ちました。
 「つけ麺」は先にツユが出てくるんですね。しばらく待ってやっと出てきた麺を見て、大げさでなくびっくり仰天しました。
 茶色なんです。多少は照明の色合いもあるかもしれませんが、どうみても茶色。
 つけ麺恒例で、ツユにつけずに1本すすってみて、またびっくり。だって、ツルツルなんですよ。かなりの多加水ですね。しかも極太でシコシコ。うどんですよ、これ。

Semi02

 さらに驚いたことに、麺にほんのりと味がついているんです。何の味だろう。塩とはちょっと違うような。
 ともかく、旨い麺です。何度も何度もツユにつけないで食べました。大げさでなく、本当にツユ無しで半分くらいは食べられます。
 無骨な店主に麺のことを聞きたかったんだけど忙しそうだったので、喉元まででかかった言葉を飲み込みました。いつか聞いてみたいですね。

Semi06

 ツユは一見ドロドロ風濃厚とんこつ魚介ですが、思ったほどじゃなかったですね。
 チャーシューじゃなくて、豚バラ肉が入っていました。これも新鮮。
 ツユを口にして、一番先に来たのがすりごまの風味。次いで魚介系の風味。とんこつ魚介ですが、動物系よりも魚介系が強いですね。塩分は少なめ。まったく喉が渇きませんでした。
 豚バラ肉の入ったツユにツルツルの麺を絡めて…。…って、うどんじゃないですか(笑) でも、すばらしく旨かったです。

Semi07

 「中華そば」は、ゴージャさん がレビューされていた通りでした。ありがとうございました。
 背脂が浮いていて心配させるのですが、すっきりです。全然しつこくない。
 とんこつよりも醤油が強いようで、カミさんには大好評でした。こちらもまったく喉がかわかない。

 「つけ麺」も「中華そば」もオヤジの個性(!)も春日部では最上位かもしれません。
 春日部ということを考えれば、お値段高めですが、旨いのであんまり文句は申しません。
 定期的に通いたいお店です。でも、並ぶのがなあ…。

Semi10

関連ランキング:つけ麺 | 春日部駅

2010年10月24日 (日)

春日部 目線は低く、志は高く 「更科(春日部市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 4.0

Sarashina01

 蕎麦屋はこうでなくっちゃ!というお店ですね。

 うどんはいつまでも庶民目線を維持してくれている旨いお店がたくさんあるのに、同じ庶民の食べ物にも関わらず、蕎麦のタカビーぶりはいったいどういうことなんだと常々感じていました。
 それでも、商店街の蕎麦屋へ行くと、麺がびちょびちょだったりブヨブヨだったりゴムみたいだったりと落胆することが多いのもまた事実で、徐々に東京周辺の蕎麦が嫌いになっていったのでした。

Sarashina02

Sarashina03

Sarashina04Sarashina05

 「更科」さんは、庶民目線を維持しながらも、手打ちで美しい更科蕎麦を提供してくれる蕎麦屋でした。先行のレビュアーさんたちがおっしゃる通り。
 冷たい水で締めらた麺は、背筋がピンと伸びたような印象です。茹で具合も硬めでかなり好み。更科なのでもっと風味が薄いと思ったのですが、蕎麦の香りがふんわりと漂って、若干甘みも感じられる上々のお蕎麦。
 それほどツヤがないので、喉越しが思ったほどよくないのが残念といえば残念でしょうか。

 しかし、「もり450円」「野菜天もり(大盛)1,100円」というお値段を考えれば、十分に満足のいく蕎麦でした。
 ツユが若干濃いめで辛めに感じたのですが、東京育ちのカミさんは普通のツユと申しておりましたので、このあたりもスタンダードなのかも知れません。
 若干甘めのツユが主流の、新潟は小千谷のへぎそばで育ったぼくの舌は、まだ関東の蕎麦に慣れていないのかも知れません。

Sarashina07

 「食べログ」をはじめてから、雰囲気の良さそうなお店とかおもしろそうな店とか、びっくりするようなお店に目が行くことが多くて反省しておりました。
 基本に立ち返るという意味では「更科」へお邪魔したことは良い機会でした。

 奇をてらわず、基本に忠実においしい料理を、庶民目線で提供してくれるお店。
 これからもそんなお店に出会いたい。

Sarashina09

Sarashina10

関連ランキング:そば(蕎麦) | 春日部駅


2010年10月 9日 (土)

春日部 埼玉は春日部で味わう本場帯広の豚丼 「十勝亭(春日部市)」

総合 4.0 | 料理・味 4.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 3.5

Tokachitei01


 BSE禍でアメリカ産牛肉が入ってこ来なくなったとき、牛丼チェーンがメニューに載せた「豚丼」を見て怒りを覚えたのはぼくだけじゃないですよね。当時すでにご当地食として帯広の豚丼は知られていましたから、薄っぺらなバラ肉を煮込んだ臭い丼はまがい物以外の何者でもありませんでした。

 「十勝亭」でいただけるのは、厚めの豚肉をジュージューと網で焼いて丼に乗せて秘伝の甘辛タレをかけるという、正真正銘本物の帯広の豚丼です。

Tokachitei02

Tokachitei08Tokachitei09

 豚肉はロースとバラがあり、「本ロースのみ」「本ロース&バラ」と選ぶことができます。土日限定で本ロースが100円引きだそうなので、LとMを。子どもには学割の豚丼(小・中・高校生のみ)でM(490円)を注文しました。

 ほどなく着丼。注文してから焼いているので、柔らかくてジューシーです。豚肉は栃木産だそうでブランド豚ではありません。それにしては柔らかく、タレの甘辛さも好みで箸がどんどん進みます。厚みがあるので、食べ応えもあります。

 思ったほど脂っぽくなくしつこくないロースと甘辛タレを楽しんでから、徐にトッピングの温泉たまごを割ってみます。トロトロの黄身が甘辛タレと馴染んで更に味わい深くなった。振りかけられたブラックペッパーも良いアクセントです。

Tokachitei03

Tokachitei04

 アッと言う間に完食して、食べ残した子どものバラ肉を食べてみました。まあ、バラはバラですね。脂の部分は網焼きなのでかなりさっぱりでとろけます。が、やっぱり筋がかなり硬め。

 ご飯は埼玉県北川辺産のコシヒカリだそうで、粒が立っておいしいお米です。でも、丼物のご飯としてはちょっと水分が多すぎで、量もかなり少なめに感じました。

 ご当地食がブームといっても、本場帯広の豚丼を食べられるお店は、そうたくさんはありません。埼玉県では、三郷とか富士見とかにあるようですが、東部ではこちらのみです。

 お酒やサイドメニューも充実しているようですので、ちょっと呑んで〆に豚丼なんてカロリー摂りすぎですかね(笑)。

 定期的に利用したいお店です。

Tokachitei11

関連ランキング:丼もの(その他) | 春日部駅

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー