• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

武里 玉葱のドレッシングの忘れ難い美味しさ 「トラットリア 要(越谷市)」

Kaname01

 「せんげん台の獨協埼玉高校近くに変な建物がある」
 以前からカミさんがしきりに訴えていました。たぶん、イタリアンだと思うけど、カッパみたいな置物が立っているんだよねぇ…。なんだそれ?
 20回目の結婚記念日を迎えた翌日の土曜日。カミさんの行きたいお店でランチしようと話していました。
 直前までは鰻でした。

Kaname15

 しかし、あまりにも「どっちでも良いんだよね」を連発するものですから、
 『女性が「どっちでも良い」と言うときは、「どっちでも良くない」』
 という法則に従って、直前に地元のおばさま方に大人気の「くつろぎのイタリアン トラットリア 要」(カッパの置物の店)に変更したというわけです。
 予約を取ったと話したら喜んでいましたね。だったら、最初からこっちに決めればいいのに…。

 カミさんがカッパと言ったのは、若きシェフをモチーフにしたお店のキャラクターでした。聞かなかったけど、名前はあるのかな? 
 こちらのシェフは、人形ほどじゃありませんが、ソフトモヒカンも勇ましいお若い方です。玉葱のドレッシングが評判なので、モヒカンは玉葱に由来しているのかもしれませんね。

Kaname11

Kaname10

 店内は明るい光に溢れていて、非常に雰囲気が良い。装飾等は和風でちょっとだけイタリアンな味付けという感じ。
 掘り炬燵風の座敷席とカウンター席に個室まであり、席の種類もバラエティに富んでいます。
 ぼくらはカウンター席に座りました。このカウンター席はでかくて座り心地が良くて、感動モノです。

 若いスタッフはきびきびとして笑顔を絶やさず、接客態度も好感が持てます。
 オープンは2008年4月だったとのこと。
 公式サイトもなく、口コミで広がっていったそうですから、地元のおばさま方を惹きつける何かがあるのでしょうね。

 ランチは、サラダ、前菜、パン、本日のパスタ(1品を選ぶ)、デザート、で1,300円です。
 1,300円のパスタは、2種類だけですが、200円前後上乗せして別のパスタを選ぶこともできます。

 ノンアルコールビールをちびちびやっていたら、料理が運ばれてきました。

Kaname04_2

Kaname12

 まずサラダ。
 色合いは乏しいですが新鮮でシャキシャキした野菜に、胡麻と玉葱をベースにしたドレッシングです。
 このドレッシングがすばらしく美味しいのですね。胡麻の風味はほとんどしません。新鮮な玉葱の酸味をオリーブオイルがまろやかにして、隠し味のゴマがコクを深くしているような感じ。
 あまりに旨いので、1本(400円)買ってしまいました。
 夕飯でもこのドレッシングでサラダを皿一杯。刺身でもイケますね。本当においしいドレッシングです。

 次いで出てきた前菜は、7種類。
 うろ覚えな上に不案内ですが、それぞれを言葉にしてみると、
 ・にんじんの柚風味マリネ
 ・小エビのガーリックオイル
 ・オクラ
 ・長芋
 ・蛸の燻製
 ・鶏肉の黒胡麻和え
 ・サーモンとチーズのムースパテ バゲット添え
 こんな感じでしょうか(笑)。

Kaname05

 ここでも胡麻ですね。更に柚。
 ここら辺が地元のおばさま方に受けている理由かもしれません。コテコテのイタリアンではなく、和風のアレンジを加えていらっしゃるのですね。いまどき、どこでもやっていらっしゃるのかもしれませんけど。
 いろいろな味が楽しめて、楽しい皿でした。

Kaname06

 パン。まんまるですね。
 焼きたてだったことも手伝って、とても美味しくいただくことができました。クラストがパリッとして、クラムがもちもちというパン。
 小麦の風味が強く、色も濃いので全粒粉でしょうか? 気に入りました。
 ただ、残念なことにちょっと小さ過ぎ(笑)。
 
 次いで、下記の本日のパスタから、1品選びます。
 牛肉のトマトソーススパゲッティ
 ワタリガニのトマトクリームソースのキターラ(生パスタ) +300円
 広島県産のカキとホウレン草のクリームタリアテッレ(生パスタ) +300円
 アラビアータ(辛口トマトソース)のペンネ
 ゴルゴンゾーラチーズのじゃがいものニョッキ +250円
 とうもろこしクリームのじゃがいものニョッキ +150円
 海老と明太子クリームのスパゲッティ +200円

Kaname02

 ぼくが、「ワタリガニのトマトクリームソースのキターラ」、カミさんが「海老と明太子クリームのスパゲッティ」をお願いしました。

 「ワタリガニのトマトクリームソースのキターラ」は、カニ味噌を相当量使っておられるようで、とても甘く濃厚でした。一瞬、塩をもらおうかと思ったくらい(失礼)。
 一口二口……、味に締まりがなくて、全部食べられるか不安なくらい。
 しかし、徐々に慣れて、最後はパンを追加注文して皿を浚ってしまいました。でも、これは好き嫌いあるでしょうね。飽きのこない甘さと塩辛さの具合を探られているようなお味でした。
 生パスタの、もちもちした食感は良いです。

Kaname03

 「海老と明太子クリームのスパゲッティ」は、一番人気のようです。
 来る客来る客、ほとんどがこのパスタを注文していらっしゃいました。確かに美味しかった。
 明太子クリームに残った明太子の粒々が口の中で弾けるんです。追加オーダーしたパンでいただいてみましたが、非常に美味しかった。

 ドルチェは、シフォンケーキでした。これはいけません。
 スポンジがパサパサでほとんど味がしない。その上硬い。家庭で作ったスポンジレベルでしょう。お金を出して食べるものじゃないかも…。

Kaname07

Kaname08

 追加でオーダーしたコーヒーは、カプチーノじゃないかと思うくらい濃く炒れられていて好みでした。

 開店の11時に入店して、きっちり1時間食事を楽しませていただきました。
 帰宅する頃には、すでに店内は満員。大半がおばさま方です。噂の通りですね。

 大人気の理由は、ランチが1,300円というCPの良さと最高の雰囲気のほかに、先にも書いたように、若干和風テイストも加わって小母様方もとっつきやすいというのもあるでしょうか。
 柚や胡麻といった食材だけでなく、写真を見ておわかりいただけるように、これがイタリアンかと思えるような和風の食器で統一されています。
 写真は失敗してしまったので、お見せできませんが、自然木を使ったメニューも和紙を使っています。

 つかみはおしぼりかもしれません。
 最近は、蒸しタオル用のアロマ香水とか地味に流行っているらしいですが、こちらのはもうちょっと高級なような気がします。どうでしょうか。匂いは、好みの分かれるところかも知れませんが…。

 細かいところに気配りの効いた良店だと思います。
 料理は、全体的に大味な感じがしますが、まだまだ発展途上ですので、ね。

 ともあれ、楽しい記念日を過ごさせていただきました。
 ありがとうございました。
 また行きますね。

★参考★
 → 次回のレビュー

Kaname14

関連ランキング:イタリアン | 武里駅せんげん台駅

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー