• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【閉店】【八木崎】 本格イタリアンを良心的な価格で イル・カンパネッロ | トップページ | 岩槻 細腕親子が切盛りする岩槻で人気の自宅レストラン 「手打ちそば 彩の実(さいたま市岩槻区)」 »

2010年12月25日 (土)

【蓮田】 高原リゾートのようなカフェで、素敵なひとときを 「カフェ ピボディ(蓮田市)」

Peabody01

Peabody14

Peabody03

 想像の遙か上をゆく、素敵なカフェでした。
 周辺は埼玉の原風景が残る、農地のような里山のような樹木茂るエリア。
 「西城沼公園」脇を蛇行する緩い坂道を登って、更に狭い砂利道を辿って漸く見つけ出したカフェは、軽井沢の山荘のような雰囲気を漂わせています。
 写真をご覧いただければ、決して大げさでないことがおわかりいただけるでしょう。

 木漏れ日のさす店内で、食事をしてコーヒーをいただいて、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。天井が高いため非常に開放的で、気分が和らぎます。ここでなら読書が進みそうです。
 帰りに素敵な外観をもっと撮影しておこうと横手に回ったら、なんと白樺までありました(笑)。高原の演出としてはこれ以上の小道具はありませんね。
 12月の訪問なので植物は寒そうな姿をしていましたが、生命の息吹豊かな時期であれば、ご自慢の美しいガーデンも心癒してくれるに違いありません。

Peabody09

Peabody10

Peabody11

Peabody17

 先客は、年配のご夫婦風とやはり年配の女性二人連れ。ぼくら夫婦は、角の二人席に座りました。
 メニューが見あたらないので、ホールの女性にお願いしたら、手書きの看板のような盾のようなメニューを次々と持っていらっしゃいました。
 最終的には3枚のメニュー盾が目の前に並ぶという壮観。丁寧に書かれた手書きに朱文字で修正が加えられていて、手作り感いっぱいです。

 ランチのメニューは、パスタが4種類のほかに、ドリア、オムハヤシライス、天然酵母パンのグラタン。これらに、コーヒーor紅茶とスープとサラダをセットにして1200円程度。
 他に、自家製スイーツが8種類のほか、飲み物も豊富に取りそろえてあります。
 ランチでも、自家製のスイーツを追加すると1600円を超えてしまいますので、このエリアにしては強気のお値段設定かなとも思いました。

 注文したのは、「シーフード入りトマトパスタ」のセットと「コーヒーゼリーぜんざい アイスクリームのせ400円」に300円でコーヒーをプラス。
 実は、先に白岡で「海鮮丼」をいただいてきたので、さすがにカミさんはもう食べられない。自分だって、食べるつもりはなかったのですが、メニューを見ちゃうとつい…。

Peabody05

Peabody02

 まず、ランチのスープとサラダが出てきました。

 スープは、コンソメですね。具材で小さくカットされた野菜が少し。優しいお味でした。
 サラダは、新鮮な野菜にサウザン風なドレッシング。鉄板のお味ですね。
 「シーフード入りトマトパスタ」は、たっぷりのシーフードにホールトマトを加えて味を調えたと思われるパスタです。
 味を調整してくださいとおっしゃって、岩塩とタバスコを置いて行かれましたが、かなり塩が立っていたのでその必要はありません。素材の良さが素直に伝わってきましたね。ほかの料理も味わってみたい。

 でも、shiro-spadaさんオススメの「野菜たっぷりミートソースパスタ」か、ゴージャさんが食された「オムハヤシライス」にすれば良かったかも…。

Peabody04

Peabody12

Peabody13

 コーヒーゼリーはソコソコに旨かったです。
 自家焙煎しているコーヒーから作っているそうですから、美味しくて当然ですよね。苦味のまったくないコーヒーゼリーでした。

 コーヒーは、セットですからブレンドですよね。ちょっと珍しいお味だったかも。
 苦味に若干の酸味ですが、この酸味はキリマン系ともモカ系とも違いますね。どよ~んとした苦味と酸味? 初めてのお味で、少し面食らい気味でした(笑)。

 コーヒーを飲みながらボーッとしていたら、ホシノ天然酵母のパンがあるという張り紙を発見。即座にお願いしました。しかし、運悪くこの日は置いていないとのこと。
 いつもあるとは限らないみたいですね。次回のお楽しみに。

Peabody06

Peabody07

 大きなフィールドアスレチックがあり、沼ではたくさんの釣り師が糸を垂れる「西城沼公園」は目の前。
 10分程度歩けば、埼玉県でも有数の桜の名所である「元荒川河川敷公園」と元荒川があります。
 更に少し先には蓮田市役所があって、すぐお隣は白岡町。
 
 この蓮田市と白岡町境界の高台に、「カフェピボディ」をオープンしたのは2006年だそうです。
 「趣味みたいなもんだからさっ」
 白髪混じりで気っ風の良さそうな女性オーナーは笑い飛ばします。しかし、楽しみだけで続けられないのは自明の理なわけで。

 でも、楽しみながら長く続けて欲しいと想うのは、矛盾してますかね?

 もっと、寒くなったら、ホールに置かれた暖炉に火を入れるそうです。

 小雪のちらつく日。
 暖炉の炎を眺めながら、オーナーが趣味で集めた素敵な器でコーヒーをいただいて、のんびり本でも読めたら最高だなぁ。

Peabody08

Peabody15

Peabody16

関連ランキング:カフェ | 白岡駅

« 【閉店】【八木崎】 本格イタリアンを良心的な価格で イル・カンパネッロ | トップページ | 岩槻 細腕親子が切盛りする岩槻で人気の自宅レストラン 「手打ちそば 彩の実(さいたま市岩槻区)」 »

カフェ」カテゴリの記事

蓮田市」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー