• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 武里 イタリアンの皮を被ったコンビニエンスなファミリーレストラン 「ベルパエーゼ 春日部店」 | トップページ | 鶴ヶ島 剛直な埼玉の武蔵野うどん・田舎うどんを代表する 「田舎打ち 麺蔵(川越市)」 »

2011年1月12日 (水)

南桜井 春日部の人気ラーメン店「ブラウン」系列の濃厚鶏白湯が美味しい 「麺屋 六弦(春日部市)」

5418236

 春日部市内ユリノキ通りにある「ブラウン」の系列です。
 こちらも「ブラウン」と同じように鶏白湯の「濃厚鶏そば」がウリですが、つけ麺も根強い人気があるみたい。

 でも、自分としてはブラウンの方が好みです。
 同じレシピで、ほとんど同じ食材を使っても、できあがったラーメンの味に差が出てしまうのですね。
 いえいえ、不味かったと言っているのではありません。前日「ブラウン」で「あっさり塩鶏そば」を食べて、「麺屋 六弦」で「濃厚鶏そば」を食べたカミさんは、美味しかったとはっきり言っています。

6377301

6377303

 決して鶏白湯の味に慣れたわけではなくて、「ブラウン」よりもコクが少なくてスープの旨味も浅いように感じました。それでもソコソコに旨いんです。
 麺も柔らかすぎでした。大盛はできないそうなので、その場合は替え玉を注文することになります。替え玉の麺のコシのあって旨かったこと!
 盛りつけは、「ブラウン」よりも数段キレイだっただけに、キツネにつままれたような気分です。

 「麺屋 六弦」では、「ブラウン」で扱っている繊細な塩ラーメン「あっさり塩鶏そば」がありません。もしかしたら、かなり厨房を預かる職人のウデに差があるのかもなんて、くだらない下衆の勘ぐりをしてしまいました。

5418237

5418238

 茹で時間9分の極太麺も人気があります。
 ちょうど昼飯時に伺ったこともあって、店内は作業服の男たちで溢れておりました。あの極太麺と脂っこいツユは確かにスタミナがつきそうです。
 でもねぇ、「大盛」300gしか無いんじゃ、ガテンなオトコの味方とは言えないなあ。830円だし。

 その上の盛り(男盛)で450g980円。このお値段設定もまったく「ブラウン」と同じ。近くの東池袋系大勝軒の方が良心的だわね。次行ったらあっちの評価を上げなくちゃ。ブラウンと同じで、店内あちこちにああしろこうしろとの指示書が。実にうざったくて恥ずかしい。

 壁の張り紙のセールス文句を書いちゃうと、麺は栃木県産小麦を中心に3種をブレンド、ツユは背骨・バラ軟骨・カツオ・煮干し・鯖を16時間かけて煮込んだ。
 割り湯鶏ガラスープと柚をブレンド。
 店名の由来は、ギターの「六弦」と同じく最も太い麺だそうです。

5418281

640x640_rect_5418282

関連ランキング:つけ麺 | 南桜井駅藤の牛島駅

« 武里 イタリアンの皮を被ったコンビニエンスなファミリーレストラン 「ベルパエーゼ 春日部店」 | トップページ | 鶴ヶ島 剛直な埼玉の武蔵野うどん・田舎うどんを代表する 「田舎打ち 麺蔵(川越市)」 »

ラーメン」カテゴリの記事

春日部市(ラーメン)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー