• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 春日部 みんなに愛される老舗中華屋 「豊楽亭(春日部市)」 | トップページ | せんげん台 真っ白白の柚切りをいただく 「手打ちそば ふしみ(越谷市)」 »

2011年10月22日 (土)

【閉店】岩槻 脂ギッシュでない、すっきりとキレイな中華屋さん 「中華厨房雪と月(さいたま市岩槻区)」

総合3.5 | 料理・味 4.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0 (夜)
総合3.5 | 料理・味 4.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0 (昼)

01_4


 中華屋さんって、床がペタペタして脂ギッシュで、テーブルにはやっぱり脂っぽいビニールクロスが掛けてあって、メニューから椅子から壁から何もかも脂っぽい印象があるのですが、当店は小ざっぱりととてもキレイです。
 ドアを開けた瞬間に気に入りました。
 普段どんな中華屋さんに行ってんだww、という話ですよね。中華料理店さん及び中華料理店好きな皆さん、ごめんなさい。

14_2

 更に輪をかけて、キレイな中華屋は高いというイメージもあるのですが、当店はそんなぼくの非常識を全部まとめてひっくり返してくれました。ありがとうございました。
 定食屋さんみたいな中華料理店よりはお高めですけど。

 当初は、越谷の「中華キッチン ぐら」に行く予定だったのですが、ちょっと事情が変わって当店へ。こういうときは、ブクマが役に立ちます。yyyumeさんのレビューを読んでブクマしておいてよかった。

 冊子の清潔なメニューから、「坦々麺とご飯のセット」「チャーハン」「五目やきそば」「鉄板酢豚(ハーフ)」「鶏のからあげ」「焼き餃子×2」「やわらか杏仁豆腐」等をお願いしてビールも(笑)。

 残念だったのは「五目やきそば」のみで、あとはとても美味しくいただきました。
 「五目やきそば」は、化調の旨味っぽい味がとても濃く、餡が甘過ぎました。カミさんは全部平らげられず。残した料理を少しもらいましたが、二口で飽きてしまいました。
 しかし、そのほかはどれもとても美味しい。

07_3

05_4

 ぼくが一番気に入ったのは「焼き餃子」。
 若干皮が厚めでもっちりとして焼き目が香ばしい。餡はジューシーでとても優しい味です。これなら50個くらい食べられるかも(笑)。一皿が5個なので、二皿お願いしましたが、気に入った二男に大半を食べられてしまいました。
 この餃子なら茹でても美味しそう。あとから茹で餃子を発見して後悔いたしました。次回は是非お願いしたい。

02_4

04_4

 餃子はほとんどこっちに回ってこなかったので、酢豚とから揚げでビールになりました。酢豚は王道の味ですが、「からあげ」が輪をかけて良かった。骨付き肉がフワフワです。こんな柔らかいから揚げはちょっとお目にかかったことがないくらい。
 ふわふわなのに鶏肉がジューシーで旨味たっぷり。からりと揚がったコロモの歯ごたえも良く、とても美味しくいただきました。

03_4

06_4

08_5

 評判良い坦々麺も美味しかった。みなさんがおっしゃるとおりでした。
 ゴマの香り高くクリーミィなスープは、コク深く濃厚で辛みに負けていません。
 麺も良い。けど、量がとても少ない。誇張でなく4口くらい啜ったらほとんどなくなっちゃった(笑)。縮れ細麺ですね。個人的にはもうちょっと太くて食べ応えがある方が好みです。
 セットについてくる「バンバンジー」も美味しかった。
 最後にデザートでいただいた「やわらか杏仁豆腐」もすばらしかった。プリンより柔らかくてクリーミィです。あんな杏仁豆腐ははじめて。美味しくいただきました。

 失礼な暴言を冒頭に書いた通りで、中華屋さんにはあまり足を向けることはなかったのですが、当店なら毎週でも行きたい。
 次回は、麻婆豆腐デビューとか(笑)。

 当店を切り盛りされるのは40歳前後と思しき男女です。ご夫婦でしょうか。
 「雪と月」という素敵な店名は、あのお二人に由来するのかななどと、妄想しています。

 ホールを預かる女性には、「雪」のようなイメージを持ちました。白くたおやかな感じ。でも、正直申し上げて、笑顔が欲しいですね。客商売の鉄則だと思うのです。お店の雰囲気を冬にするか春にするか、双肩にかかっているかもしれません。
 逆に厨房の男性は「月」のようなイメージ。全体的にまあるい感じ(笑)。体格の良いシェフが作る料理が不味かろうはずがないという、ぼくの信念を更に補強してくれました。エネルギーが迸っていました。

 月に照らされた雪明りが、お店全体を仄暖かい光で満たす -- そんなお店がいいなぁ、なんて妄想してしまいました。
 また伺います。

13_4

11_3

関連ランキング:中華料理 | 岩槻駅東岩槻駅豊春駅

« 春日部 みんなに愛される老舗中華屋 「豊楽亭(春日部市)」 | トップページ | せんげん台 真っ白白の柚切りをいただく 「手打ちそば ふしみ(越谷市)」 »

中華料理」カテゴリの記事

さいたま市岩槻区」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー