• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【閉店】【豊春】 上海ベースのちょっと甘め中華料理 「中国料理 逢旬(春日部市)」 | トップページ | 七里 住宅街にひっそりと佇むフレンチ 「トロワ・ボー(さいたま市見沼区)」 »

2011年11月 6日 (日)

【閉店】 春日部 勝手に認定! 春日部NO.1担々麺! 「宝宝飯店(春日部市)」

総合4.0 | 料理・味 4.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.5

01

 2015年7月、閉店しました。

 レビューのタイトル通りです。
 当店の担々麺が「春日部NO.1」と勝手に認定させていただきました。暫定ではありますが。旨かった。

 担々麺だからと胡麻の風味を強調し、辛味よりも甘味が勝っている担々麺も嫌いじゃない。でも、最近、ちょっと自分の嗜好と違うと思うようになった。初心者なもんで、勘弁してください。
 当店の担々麺はそんな思いに応えてくれる。辛い。でも、旨い。辛さの後ろに隠れた深いコクと旨味が宇宙のように広がる。

02

06

 ビジュアルからして良い。赤いスープの上に載せられた白髪ネギ。その周囲に散らされたニラの緑。赤と白と緑のコントラストが鮮やかで、目が釘付けだ。白髪ネギの下にはたっぷりの挽肉。
 これらをエイ!とかき混ぜて、スープをひと啜り。わああ、辛い! おお、うめぇ! 自家製の辣油がしっかりと効いた辛味の後ろで、非常に旨味の濃い絶妙なスープが食欲をそそる。
 麺は普通の中細の中華麺。主張は無いけれど、持ち上げすぎないのでスープとの相性は悪くない。

 この担々麺が690円だから驚いてしまう。
 麺量が少ないので、セットが良いかもしれない。半炒飯がついて、それでも790円。担々麺を大盛にすると100円増し。ほかにもお得なセットがたくさんある。

 03

 炒飯がまた旨い。普通盛で490円という価格にまずニッコリ。大盛は100円増しだそうだ。具材たっぷりでしっかりとした中華の味が濃いのに、脂はほとんど感じない立派な炒飯だ。
 でも、残念なことにこの日の炒飯は炒めにムラがあった。味のついていない白米が少し残って、ダマもあったり(笑)。まだまだ発展途上なので、寛大な目で見てやってください。
 この炒飯なら、バーミヤン炒飯が一番と豪語する味オンチの息子に食べさせてみたい。反応が楽しみ。

04

 驚きはまだ続く。餃子である。
 国産の挽肉と新鮮な野菜で作られたという餡がたっぷり。形も可愛らしくて手作り感満載。噛み混むと、しっかりと味のついた餡から肉汁がジュワーッと。皮は薄めで、餡の味わいを邪魔しない。
 こんな立派な焼餃子が6個一皿で、普段230円という価格も驚異だが、土曜日はこれが180円になっちゃう。いいの?そんなに安くていいの?
 ほんのちょっと香料が入っているような気がしたが、気のせいだろうか。

 そして、麻婆豆腐。
 土鍋で煮詰められて、グツグツと沸騰した状態でサーブされた。写真を撮ろうとすると曇っちゃう(笑)。iPhone4S の角度を微妙に変えながらなんとか撮影したが、ちょっと手ぶれ。申し訳ない。拡大するとグツグツの気泡が見えます。
 当店は自家製の辣油に相当な自信があるようで、ものすごい量の辣油だ。もちろん、花椒の香りもあって、舌がピリリと痺れるようなあの感覚もちゃんとあった。
 甘さと辛さと旨味と熱さに、豆腐の舌ざわり、まろやかで辛い餡の口当たり、挽肉の歯触りが渾然一体となって、口内ワンダーランドでありました。

05

14

 ただ、個人的には辣油多用よりも、花椒重視の方が美味しい麻婆豆腐になるような気がする。テーブルに卓上花椒を探したけど見あたらず。あれば、相当好みの麻婆豆腐になったと思う。
 最後に半ライスをお願いして、オンザライス! しようと思ったがやめた。麻婆豆腐は白いご飯に本当に良く合う。再確認。旨かった。

 どの料理も堪能させていただいた。
 コストパフォーマンスは最高レベルだと思う。
 宮雀さんのレビューで知り、ozsan1959さんのレビューで四川系と知った。おふたりに感謝します。

13

 オープンは2010年12月とのこと。
 ozさんのレビューによれば、かなり認知されて繁盛しているようだが、ぼくらが伺った土曜日は昼を過ぎても、他に一名が来たのみだった。
 広いお店ではないし、駐車場はないし、辛味のある四川なので、いろいろと利用しにくいかもしれない。
 でも、写真に掲載した通りメニューは豊富で、辛くないのもたくさんある。お得なセットメニューも充実していて、実はものすご~く利用しやすい。

 個人的には、春日部の宝だと思う。春日部の良心というか。

 「美味しかった」と声をかけたときに魅せてくれた、四川人というシェフとアウフヘーベンした奥様の笑顔が素敵だった。
 また行きます。
 オススメよ。

1011

09

08_2

関連ランキング:中華料理 | 春日部駅八木崎駅

« 【閉店】【豊春】 上海ベースのちょっと甘め中華料理 「中国料理 逢旬(春日部市)」 | トップページ | 七里 住宅街にひっそりと佇むフレンチ 「トロワ・ボー(さいたま市見沼区)」 »

中華料理」カテゴリの記事

春日部市(中華)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー