• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 蓮田 ディナータイム初訪問 ナトゥーラ 11度目 | トップページ | 春日部 油分たっぷりで味濃いめの四川料理が中心 「中華料理&つけめん 山太軒(春日部市)」 »

2011年11月13日 (日)

庄和 平打ちの十割田舎そばを味わえる地元の人気店 「竹舟(春日部市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0(夜)
総合 4.0 | 料理・味 4.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.0(昼)

Takefune03

2011年10月

 夜営業しているのは土曜日だけです。小料理屋風にお酒を楽しむ蕎麦屋ではないので、ハッキリとした営業姿勢には好感を抱いております。

 今回は、午後6時ちょっと前に到着。6時過ぎに到着した、ぼくらより3組あとのお客さんには、「天ぷらが終わっちゃったんです」と女将さん。その足で、そそくさと暖簾を仕舞っちゃった(笑)。夜は午後5時開店です。たった1時間で閉店かよ。びっくりです。
 それでも入ってくる客がいるもんだから、二度びっくり。そんなお客さんにまったく動じない女将さん「大盛で二人前しかないんです」。堂々としたもんです。三度びっくり(笑)。
 相変わらずの人気ぶり、と言うべきなのかな。独特の空気感がありました(笑)。

A07

 蕎麦は記憶とまったく違いました。田舎十割は売り切れで、普通の二八だったからかな。「北海道産 新蕎麦」と入口横に張り紙があったもんだから、かなり期待したのですが…。
 当店の蕎麦を食べながら、結局蕎麦の美味しさって何だろう、と考え込んでしまいました。

A03

 率直に言うと、新蕎麦なのに、蕎麦の香りがほとんどしない。こんなのありか?
 でも、水がよく切られて、パラパラと歯ごたえ口触りがよく、喉越しも良い。でも、肝心な蕎麦の香りがほとんどしない。これが新蕎麦でなければ、まだ少しはわかるのですが、新蕎麦でこれはいただけません。

A06

A02

A01

 とりあえず、あんまりがっかりしたので、夜の点数をガクッと下げちゃいました。
 近いうちに昼間に伺って、新蕎麦の田舎十割をいただいてみます。

 夜の営業なんてやめちゃえばいいのに。

A04


2010年 9月

 まだまだ暑い日が続いていた9月の初旬、ツイッターで小千谷の「へぎそば」の話をしていたときに、フォロワーの方から地元春日部にもおいしい蕎麦屋があるよ、と教えてもらったお店です。十割そばがとてもおいしいというご紹介でした。

Takefune05

Takefune06

 「食べログ」を見ると口コミは1件だけしかありません。新蕎麦にはまだ早いし、あんまり評判が良くないような気もするしと躊躇しつつ伺ったのですが、これが大正解でした。

 注文したのは「もりそば」大盛りと「田舎そば(十割蕎麦)」の大盛り、「天麩羅の盛り合せ」。「もりそば」は普通盛りで、460円。大盛りにしても680円です。田舎はさすがにもうちょっと高いですが、「天麩羅の盛り合わせ」は730円とこちらもまあまあ。

Takefune10

 店内はかなり広めで、4人掛けのテーブルが5卓、小上がりに6人掛けのテーブルが3卓、更に奥には座敷があって4人掛けのテーブルが2卓ずつ2列に並んでいました。合計すると54人分もの席が用意してありました。厨房の隣には麺打ち処。厨房が広くて、感じの良さそうな風情です。

 最初に、「田舎そば」が出てきました。次いで「もりそば」と「天麩羅盛り合せ」。ほぼ同時に出てきてくれたので、サクサクの天麩羅をいただきながら、お蕎麦をいただくことが出来ました。

Takefune09

Takefune12

 なんと、こちらの「田舎そば」は平打ち麺じゃないですか。期待しちゃいます。まず、ツユにつけずに口にふくんでみました。ひと噛みごとに、ほんのりふんわりとしたそばの風味が立ち上がって、若干の甘さすら感じさせながら鼻に抜けていきます。これはおいしい。

 間髪を入れず、麺をツユにつけていただいてみます。ツユは若干塩からめですが、そばの風味を殺しません。ああ、これは旨いです。食べ応えがありますが、平打ちなためかそれほどの硬さは感じさせません。

 同じように「もりそば」をいただいてみます。こちらは、細打ちの「二八そば」です。こちらも風味があって旨い。麺を手繰ると喉ごしよくツルツルの入っていきます。どちらも旨い。

Takefune07

 天麩羅は、ししとう、レンコン、舞茸、かぼちゃ、海老、さつまいも、の合計6点。海老も大きめで肉厚でした。若干コロモが多めな感じはしましたが、出てきたタイミングが良かったので、カラリと揚がった天麩羅をいただきながら、おいしくおそばをいただくことが出来ました。

 「ONE PIECE」のココロ(失礼!)みたいな店内を仕切る女将?が、ココロと違って若干ぶっきらぼうで強面で味がありました(笑)。女将さんじゃないかもしれませんが。ちょっとした客の要望をかたくなに撥ね付ける姿は、雄々しくさえありました。

 場所は旧庄和町で、県道375号に面しています。駐車場はお店の横に10台分くらい。砂利です。

 ぼくらが入ったのはお昼の12時ちょっと過ぎ。お客さんはまばらでしたが、あれよあれよと一杯になり、帰るころには並んでいる方もいらっしゃいました。営業時間が短いので、狙い澄まして行かなくてはなりませんね。土曜日だけ夜もやっているようです。

Takefune01

関連ランキング:そば(蕎麦) | 春日部

« 蓮田 ディナータイム初訪問 ナトゥーラ 11度目 | トップページ | 春日部 油分たっぷりで味濃いめの四川料理が中心 「中華料理&つけめん 山太軒(春日部市)」 »

そば」カテゴリの記事

春日部市(そば・うどん)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー