• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« せんげん台 土日限定自家製石臼挽き十割蕎麦 「手打ちそば ふしみ(越谷市)」 | トップページ | 春日部 行くたびに新しい発見がある洋菓子の名店 「オークウッド(春日部市)」 »

2011年12月30日 (金)

岩槻 抜群のサービスで海鮮料理をいただく 「寿々家 岩槻本店(さいたま市岩槻区)」

総合4.0 | 料理・味 3.5 | サービス 5.0 | 雰囲気 4.0 | CP 3.5 | 酒・ドリンク 3.5

01

すばらしいサービス

 想像していたより遙かに良いお店でした。

 何より、サービスがすばらしい。
 客が何を欲しているか、客の立場になって一緒に考えてくださいます。ファミレスライクなお仕着せのマニュアル対応ではない、身体で体得した湧き上がるようなホスピタリティ精神です。しかも、優しい笑顔でフレンドリーな対応なのに、つかず離れずの絶妙な距離感で接してくださる。

18_2

 サービスがどう良かったのか具体的に書くと、
 ・料理への質問に対し自信を持って快活に答えていただき、
 ・時間のかかる「うな重」を子どもが食べるので自分とカミさんの料理をどのタイミングで出したら良いか一緒に考えてくださり、
 ・早く出てくるビールのつまみを相談したら最善の選択を即座に出してくださり、
 ・更に「刺し盛り定食」の刺し盛りだけ先にお出ししましょうかと提案してくれたり、
 ・配膳も滑らかで美しく……、
 ・写真撮影を笑顔で快諾していただき、セールスポイントをさりげなく(笑)
 ・帰りしなには、「良いお年をお迎えください」と笑顔で、
 ・しかも、どれもマニュアルっぽいお仕着せと感じさせない…。

 一見、当たり前に見えますが、十人十色千差万別の客が発する多種多様な声にならない要望への対応は、実は当たり前じゃありません。

 更に驚くべきことに、このホスピタリティ精神と距離感を、ホールの女性たち全員が同等レベルで共有しています。すばらしい。
 背筋が通ったお店の個性を強烈に感じました。良いお店です。本当にすばらしい。

 近隣の個人店でホールを預かる方々は、一ヶ月くらい当店へ研修にいらっしゃったらいかがでしょうか。本気です。

15

16

でっかい丼は何だ?

 料理のお話が後になりました。
 なんといっても、バカでかい丼にビックリ仰天です。「海鮮丼 1,500円」だそうです。ツカミはバッチリです(笑)。
 蓋を開けるとまたびっくり。ご飯の上に海鮮が載っかったあの海鮮丼じゃありません。

02

03

 黄色い玉子焼きにくるまれた酢飯の上にイクラ。横に混ぜご飯と鮪の寿司が1貫と茄子の漬け物にくるまれた寿司が1貫。刺身は海老、帆立、真鯛、まぐろ等。これらが、美しく盛りつけられています。わさびは本わさび。色合いもすばらしい。

 「刺し盛り定食(上) 2,000円」は、刺身五点盛り、ご飯、煮物、みそ汁、お新香。どれも新鮮です。特に弾力ある真鯛は最高。うにがたくさんあって良かった(笑)。
 「うな重 2,300円」は一尾です。蒸し上げ過ぎておらずとても好みの食感です。身がしっかりとしていて、ほろほろトロトロじゃありません。焼き加減もほどよく、タレもとても良いバランスでした。鰻の産地は聞き忘れました。

05

0607
08
09
10
11
12
13

 食べログにクーポンがあったので、使ってみようかとカミさんにお伺いをたてたら即座に却下されました。一杯6,000円の活いかを3割引きですから、即座に却下もわかります(笑)。

 ランチセットは、サラダ、デザート、飲み物。プラス500円です。
 この日のデザートは「ミルクプリン」。ご覧のとおりちょっと変わったプリンです。ゼラチンが強くかなり硬めの仕上がりです。和食店なので、もしかしたら寒天を使っているのかもしれません。美味しかったですよ。

04

 メニューを見ると、日本酒の品揃えがすばらしいですね。ビールは全社ありました。是非、夜に伺ってみたい。

雰囲気も良い

 半円形に並んだカウンターがとても良さそうでしたが、ぼくらは二つ並んだ半個室に入れていただきました。
 席は広めでゆったり。開口部にあるロールカーテンを下ろすとホールと遮断されて更に心地よい空間が生まれます。
 ここのカウンター席はちょっと変わっていますね。目の前にはいけすがあって、板さんたちはその裏手にいらっしゃいます。なので、カウンターの前にはかなりのスペースがあります。このスペースがホールの女性たち大活躍の場なのでしょうね。ここで鍛えられるわけだ。

19_2

 照明が暗めなので、写真撮影は難しいかもしれません。一眼レフを持参して正解でした。それでも技量不足で上手く撮れていません。
 ただ、ぼくはこの暖色系の間接照明が大好きなので、料理からサービスから何もかも全部含めて、とてもゆったりと落ち着いてランチをいただくことができました。

 1階は、カウンター18席、半個室のテーブル席が2卓。2階には掘り炬燵の和室が2部屋と畳の和室が2部屋に洋室が1部屋あり、3階と4階にはそれぞれ50人くらい可能な宴会場が洋室和室と一部屋ずつあるそうです。
 20人以上集まれば、送迎バスも出してくださるそうです。
 こんなお店で、時間と財布を気にしないでたらくふ飲み食いしてみたい(笑)。

20_2

14

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 岩槻駅

« せんげん台 土日限定自家製石臼挽き十割蕎麦 「手打ちそば ふしみ(越谷市)」 | トップページ | 春日部 行くたびに新しい発見がある洋菓子の名店 「オークウッド(春日部市)」 »

和食」カテゴリの記事

さいたま市岩槻区」カテゴリの記事

★★★★~★★★★☆」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー