• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 上尾 大好きな味 イル・モンド・ピッコロ | トップページ | 銀座 料亭まではいらないけど居酒屋じゃちょっと、というニーズに応える 「がんこ銀座一丁目店(東京都中央区)」 »

2012年1月21日 (土)

蓮田 ぼくらにとって最高のレストラン ナトゥーラ 16度目

0102
03_2

相変わらず大繁盛

 2012年は1月5日から営業を開始し、通常のランチは10日から提供をはじめたそうです。直後にサイトを拝見したら、ランチ最初の土曜日(1月14日)は貸切との案内がありました。
 そんな事情で、2012年初訪問は1月21日(土)になりました。

 16日の月曜日だったか、当店のサイトに「1/21(土)、1/28(土)、2/4(土)のランチタイムは、誠に勝手ながら前日までのご予約制とさせていただきます。何卒ご了承くださいませ」との案内を発見しました。
 ただならぬ気配を感じ、もしかしたら営業体制に変化があったのかと心配したのですが、週末バイトの女子大生が試験期間のためお休みするからだそうです。
 奥様はホールをひとりでやると覚悟を決めて、サイトに案内を出したのでした。

15_2

 たくさんの方がこの案内をご覧になったようで、1月21日は早い段階で予約満席になりました。
 日頃から手間を惜しまず情報を発信して、客から信頼を得ているナトゥーラのサイトだからこそです。14日(土)のランチが貸し切りということも、サイトを見て知ったわけですし、自店のサイトを有効に活用している好例でしょう。
 見てくれを良くすることは、個人経営レストランのサイトではそれほど重要ではありません。ナトゥーラのように要所要所で情報を発信することが大切なのです。考え違いしている店主が多い。

 それでも、フリーのお客さんが4組くらいいらっしゃっていました。
 不特定多数の潜在的利用者にまでリーチできる方法があると良いのですけど、どんな媒体を使ってもそれは無理な相談でしょう。

1,800円のランチコース

 この日は、ぼくらがナトゥーラに通い始めて最高の混雑ぶりでした。カップルや家族連れ等の他に8名程度の女子会が2グループもあり、カウンターまで満席でした。
 帰りの車内で数えてみたら、40名程度のキャパに対し12時半過ぎで32席が埋まっていたようです。
 この大人数を奥様ひとりだとかなり厳しかったと思います。しかし、この日は平日にバイトしておられる女性が来てくれることになって、事なきを得たみたい。良かった(笑)。

09_2

 ぼくらはいつも通り11時に来店し、いつものパスタとメイン料理がついて1.800円のコースをお願いしました。
 肉料理がカツレツなので少し時間がかかりましたが、そんなことは織り込み済みです。前菜からデザートまで約1時間半、2012年初のナトゥーラを心ゆくまで楽しませていただきました。

 この日のランチコースは、いつにも増してすばらしかった。過去最高にバランスの取れた料理をいただいたかもしれません。
 バラエティに富んだ味付けの前菜から、研究熱心なパスタと魚&肉料理、安心していただけるデザートまで、どれもこれも良かった。

14

 今回の料理は、

 【前菜の盛り合せ】下記写真の1時の場所から時計回りに
 ・蕪のスープ(カップ)
 ・アスパラの入ったじゃがいものタルト
 ・魚のテリーヌ
 ・穴子のエスカベッシュ
 ・エリンギのマリネ
 ・高知県産真鰯の白ワインマリネ
 ・パテ・ド・カンパーニュ(中央)

 【ハーフパスタ】
 ・白魚(しらうお)とワサビ菜のペペロンチーノ
 ・牡蠣とホウレン草のクリームソース(+¥300)

 【メイン料理】
 ・あべ鶏ムネ肉のカツレツ 粒マスタードソース
 ・鰆(サワラ)のムニエル ガーリックマッシュルームソース

 【デザート】
 ・ベイクドチーズケーキ
 ・洋ナシのタルト
 【プチデザート】
 ・黒胡麻のババロア
 ・ヨーグルトムース フランボワーズソースがけ

過去最高のランチ

 前菜の盛り合せは、一品としてハズレがありません。いつも一品くらいはイマイチな料理があるのですが、今回はどれもこれも美味しい。

 驚いたのは前菜にこれだけの品数を揃えているにも関わらず、小さなカップとはいえ温かいポタージュスープをいただくことができたことです。
 蕪という食材が醸し出す、大地を感じさせる深い味わいにびっくりしました。
 一口目に土臭い風味がして一瞬腰が引けました。もしや牛蒡も入っている? わかりません。あれは何の風味だろう。でも、二口目で違和感が溶けて、口の中にしっくりと収まりました。未知の味わいだけど、嫌みがない。

08_2

 それと穴子です。1月中旬の穴子は最高とよく言われますよね。その穴子を使ったエスカベッシュは、酸味に穴子の風味が負けておらず、過去に当店で味わったどのエスカベッシュよりも良い味でした。
 真鰺のマリネは、〆鯖に煮た味わいがあって日本酒が欲しくなります。強烈な大人の味わい。
 そのほか、甘くないおつまみのタルトも肉のテリーヌ(パテ)も魚のテリーヌもエリンギもどれも満足できる料理でした。

 白魚とワサビ菜を使ったペペロンチーノは、旬の食材を巧みに取り入れた意欲溢れるパスタです。
 白魚の風味とワサビ菜の食感がほんの少しの辛味とオイルで良い味わいのパスタになっていました。途中で塩を振りましたが、ちょっとした冒険心です。
 白魚という難しい食材ですから、充分だと思います。

 牡蠣とホウレン草のクリームは、冬場は毎回いただいている当店一のパスタです。
 今回はカミさんがいただきました。やっぱり美味しい。カミさんも大満足でした。何度も書いていますが、このパスタがぼくら夫婦のイチオシ。大人気の「生ウニのクリームソース」よりも好みです。

04_2
05_2

 今回のメイン料理は、鶏肉のカツレツと鰆でした。
 鶏肉はアベさんという方の農場から仕入れているから「あべ鶏」というのだとか。カツレツに絡めた粒マスタードのソースが強すぎず弱すぎず、とても鶏肉に合っていたと思う。

 鰆には、ガーリックマッシュルームソース。
 ガーリックをベースにマッシュルーム、シメジ、椎茸等の木の子を使ったソースで、これもまた絶妙な味わい。
 ウチのカミさんは自宅では魚の皮なんて絶対食べないのですが、ナトゥーラさんへ行くとペロリと平らげちゃいます。真鯛等のソテーのときは、皮がパリッとして身はホクホクなのです。
 今回はムニエルなので全体的にしっとりふわふわだったそうです。ムニエルを感じさせないムニエルだったとか。

06_2
07_2

 デザートは定番を並べてみました。
 どれも安心していただける味ばかりで、ひとつもハズレがありません。

 出色は「洋ナシのタルト」。
 洋ナシのサクッとした食感とほんのり甘味が、生地とバランスの良いケーキです。

11_210_2
16

ぼくらにとって最高のレストラン

 今回が16回目の訪問でした。
 料理はもちろんのこと、お店の外観、お店周りの環境、店内から受ける印象、テーブル席の配置、高い天井、清潔感、ホスピタリティ、どれをひとつをとっても満足できるものです。
 ぼくら夫婦にとって、これ以上のレストランはありません。

 元々、プリモとセコンドがついて1,800円でしかも美味しくて量が多いという貧乏くさい理由で通い始めたレストランですが、いつの間にかシェフと奥様の真摯なレストラン経営ぶりに感心し、お店の周囲の環境にまで惹かれてすっかりファンになってしまいました。

 よくカミさんと話します。
 「いつものランチコースはどのくらいの価値があると思う? もし値上げするとしていくらくらいまでだったら大丈夫?」
 「3,000円くらいの価値があると思う。2,500円でも行く」
 確か、2008年くらいまでは同じコースが1,500円だったのですよね。

 2012年も通ってしまいそうです。
 今年はランチはもちろん、アラカルトでお願いしても充分に満足できそうなディナータイムに、家族とお邪魔してみたい。

 元記事は、http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2426942/ (食べログ)

12_213

店舗データ

トラットリア ナトゥーラ (TRATTORIA NATURA)
【住所】埼玉県蓮田市東4-11-4
【TEL】048-764-3776
【交通手段】徒歩:蓮田駅東口徒歩9分(約700m)
【営業時間】11:00~14:30(LO)、17:30~21:00(LO)
【定休日】水曜日 (祝日の場合は翌日)
【駐車場】有(お店前に6台(砂利敷き))


大きな地図で見る

« 上尾 大好きな味 イル・モンド・ピッコロ | トップページ | 銀座 料亭まではいらないけど居酒屋じゃちょっと、というニーズに応える 「がんこ銀座一丁目店(東京都中央区)」 »

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー