• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 銀座 料亭まではいらないけど居酒屋じゃちょっと、というニーズに応える 「がんこ銀座一丁目店(東京都中央区)」 | トップページ | 大宮 わが家の定番チーズケーキ 「モロゾフ ルミネ大宮店(さいたま市大宮区)」 »

2012年1月29日 (日)

大和田 手打ちパスタがメチャ美味 カンパネ食堂

カンパネ食堂

記憶していたよりずっと良かった

 一年も間を空けてしまいました。
 初回で頻繁にいただきたいと思うほど感動できなかったのと、春日部には同系列で遜色ない「イル・カンパネッロ」があることと、春日部からだと旧16号大宮方面が物凄く混雑することが主な理由でしょうか。

 まったく、不明を恥じるのみです。記憶していたよりもずっとずっとずっと良かった。
 手打ちのタリアテッレの出来が驚異的に良くて、定番のピッツァがめっちゃ旨くて、手の混んだ前菜のどれもこれも満足でき、牛ほほ肉は思った以上に濃厚に煮込まれて味良くホロホロとして、若いコックコートたちのサービスもとても良かった。値段も手頃ですから、人気なのもよくわかります。
 この日は予約で満席でした。開店からぼくらが帰宅するまでの1時間半の間にいらっしゃったフリーのお客さん10組ほどは入店できず、とても残念そうに帰って行かれました。
 週末は予約必須でしょうか。

ランチのメニュー

 ランチはネーミングが前回と少し変わったようですが、内容は似たような感じです。
 サラダセット(ミニサラダ、パン、ドリンク、パスタorピッツァ) 1,200円~
 パスタコース(前菜の盛り合せ、パスタorピッツァ、パン、デザート、ドリンク) 1,400円~
 スタジオーネコース(前菜の盛り合せ、渡り蟹のトマトクリームパスタ、パン、デザート、ドリンク) 2,500円
 大皿とヘルシーは、前回と同じ。

12
13
14

 今回は、パスタコースを二人分お願いして、前菜をプラス300円で「シェフ特製」にし、ピッツァを「パルマ産プロシュートとルッコラのピッツァ」、パスタは「本日」の「牛肉と野菜のラグーソース (手打ちのタリアテッレ)」を選択。
 メイン料理を伺ったところ、「牛ほほ肉の赤ワイン煮」だそうなので迷わず追加でお願いしました。

もちもちの手打ちパスタとピッツァ

 スタジオーネコースにすれば出費を抑えられるのですが、パスタが「渡り蟹のトマトクリーム」固定なので今回はパスしました。
 ニョッキと手打ちのタリアテッレとかなり迷いました。ロングのクリームソースなら即決だったんだけど、ショートがあまり好きでないカミさんの意向を容れて「牛肉と野菜のラグーソース」をにしました。
 実は、ぼくは圧倒的乾麺派です。手打ちは不安だった。だって、美味しかったことがないから…。

18

 タリアテッレがサーブされてビックリしました。麺が緑じゃないですかwwwww。手打ちのタリアテッレとの説明はあったけど、ほうれん草を練り込んでいるなんて聞いてないぞ!! と一瞬沸騰しそうになりましたが、口に入れてニンマリです。
 ほうれん草は香りませんが、もちもちとしたタリアテッレの食感がすばらしい。こんな美味しい手打ちパスタは初めていただきました。
 牛肉のラグーソースも美味しい。ただ、不思議なことに大根の甘い風味が異常に強くて、せっかくのソースを殺してしまっているように感じてしまった。
 この大根がとても変わっていて、蕪みたいな食感でした。特殊な種類の大根でしょうか?

 「パルマ産プロシュートとルッコラのピッツァは、半分をトマトソース、半分をチーズとニンニクのソースでした。
 生地の厚みはそれほどありません。額縁部分も貧弱に見えた。でも、もちもち感が半端ないのです。噛み応えと弾力のあるもちもち感が、少しだけ厚みのある額縁部分でなく、それ以外の部分で味わえてしまう。
 プロシュートの塩気が、酸味のトマトソースとほんのり甘いチーズのソースと、どちらともバッチリ合っちゃった。ルッコラの食感もよく、カミさんとふたり、旨い旨いとあっという間に完食いたしました。

01

手抜きなし

 前菜から良かった。
 通常(五種盛り)の前菜盛り合せを選んだ隣席をチラチラと盗み見しましたが、プラス300円で「シェフ特製」にして正解だったと思う。

 写真の左から、
 ・鹿児島県産ブリの中落ちのマリネ (白いスプーン)
 ・ローストポーク 粒マスタードソース (下にプラムの赤ワイン煮)
 ・サーモンとお米のサラダ キュウリのソース
 ・小海老のマリネ (透明なグラス)
 ・マグロのタタキと卵の巻きもの 自家製の玉ねぎドレッシング
 ・白子のプリン ニンジンのポタージュ (白いカップ)
 ・鶏肉のテリーヌ
 ・鶏肉の肉団子 トマトソース
 ・かぼちゃのキッシュ

05
06
07

 ブリのマリネ以外は、どれも美味しくしっかりとした味の輪郭を感じられる前菜でした。数を揃えるための手抜き料理はありません。

 特に印象に残ったのは、「サーモンとお米のサラダ」「白子のプリン」でしょうか。
 「サーモンとお米のサラダ」と銘打っていますが、「サーモンの握り寿司」風です。欧米ではお米は野菜扱いなのだとか。少しだけ練り潰してほんのりと酸味をつけたお米に、サーモンとキュウリのソースを載せています。さっぱりとした仕上がりでした。
 「白子のプリン」は見た目たんなるポタージュにしか見えません。でも、表層のニンジンのポタージュの下に、濃厚な白子のプリンが隠れています。それほど上質な白子ではなかったようですが、旬の美味しさだった。アイディアが良いのです。

 牛ほほ肉の赤ワイン煮は、ほとんど酸味もなくデミグラスソースと見間違えるほど濃厚です。ちょっと味が濃かったかも(笑)。最後は少し飽きてしまった。肉は、よく煮込まれてほろほろと。
 付け合わせは、紫芋、大根、ブロッコリーです。上に載っかっているのはチーズを焼いたもの。良いアクセントになりました。

03

 デザートは、前回の方が美味しく感じました。
 洋ナシのタルトは良かったと思います。しかし、それ以外の、かぼちゃのミルクレープ、共通のバナナのパウンドケーキも柚のシフォンケーキも普通な感じでした。フランボワーズのシャーベットは口の中をサッパリとさせて良かった。

09100811

イルカと比べたら?

 パスタは、最初からふたつに分けてサーブしてくださいました。
 ぼくらは最初からシェアするつもりだったから問題無いけど、一言確認した方が良いかもしれません。ふたり連れでも、ひとりで全部食べるつもりの方がいるかも知れませんし。余計なお世話と言う人も中にはいらっしゃるかも。
 でも、よく気の付くコックコートの若い男性たちは、何度も水を注ぎに来てくれたり、フレンドリーに話しかけてくれたりと、ホスピタリティ精神旺盛で感心してしまいました。

 「イルカにもよく行くんですよ」と言ったら、「どちらがお好きですか?」と聞かれてしまった。
 今までは圧倒的にイルカでしたが、今回訪問のインパクトは絶大です。
 来週あたり、久しぶりにイルカに行ってみたくなっています。

1516

店舗データ

カンパネ食堂
【住所】 埼玉県さいたま市見沼区大和田町1-695-1
【TEL】 048-686-1770
【交通手段】 東武野田線「大和田駅」下車 徒歩約14分
【営業時間】
   [月~金]
    11:30~15:00(L.O.14:30)
    17:30~22:30(L.O.22:00)
   [土]
    11:30~16:00(L.O.15:30)
    18:00~23:00(L.O.22:30)
   [日・祝]
    11:30~16:00(L.O.15:30)
    17:30~22:00(L.O.21:30)
【定休日】 毎週火曜日
【駐車場】 有(お店より1軒おいた大和田駅寄りの並びに、他店と合同で17台)


大きな地図で見る

« 銀座 料亭まではいらないけど居酒屋じゃちょっと、というニーズに応える 「がんこ銀座一丁目店(東京都中央区)」 | トップページ | 大宮 わが家の定番チーズケーキ 「モロゾフ ルミネ大宮店(さいたま市大宮区)」 »

さいたま市「カンパネ食堂」」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

★★★★~★★★★☆」カテゴリの記事

さいたま市見沼区」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー