• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 一ノ割 安くて美味しいフレンチ系洋食レストラン 「ピノ(春日部市)」 | トップページ | 【閉店|せんげん台】 あっという間に人気店になった鶏そば専門店 「鶏そば 雫一(越谷市)」 »

2012年2月18日 (土)

蓮田 Our Home Restaurant ナトゥーラ 17度目

0102

あちこち行けば行くほど…

 美味しい料理が食べたいという欲求よりも「食べログ」のレビュー件数を増やしたいという気持ちが先に立って、ハンターのようにレストランを探して足を運んだ時期がありました。
 でも、ダメなんですよね。気に入ったレストランを見つけるととことん通いたくなる。毎週でも行きたくなる。結局、自分は狩猟民族ではなくて、生まれながらの農耕民族だと気がついてしまうわけです(笑)。

 ……というわけで今日も野良仕事、じゃなかった、蓮田のイタリアン「トラットリア ナトゥーラ」、17度目です。

 誤解を招くといけないので念のため記しておきますと、農耕民族だって、たまにはハンティングの真似事をします。コレクションもしたくなる。
 新しいお店を探して行ってみたり、ブックマークしておいたお店に行ったり、かなり気に入っているお店に二度三度と足を運ぶこともあります。

 こうして、別のお店に行けば行くほど…、と書くと他のレストランに大変失礼ですが(申し訳ありません)、行けば行くほどナトゥーラの良さを再確認して帰宅するという、天然記念物並の農耕夫婦です(笑)。
 なんせ、帰宅のクルマの中での話題は「ナトゥーラと比べてどうか?」ですから(笑)。結局、ナトゥーラに帰ってきます。
 言ってみれば、Our Home Restaurant。

11

 料理だけ見れば、ほかに美味しいお店はたくさんあります。サービスももっと良い店があります。雰囲気は最高クラスですが、もっと落ち着けるお店はあります。
 でも、食事を楽しむという行為全般において、今のところ、ぼくらにナトゥーラ以上の満足を与えてくれるお店はありません。波長が合ってしまいました。あくまでも今のところですが。

前菜に新味3種

 今回も開店と同時に入店し、きっちり2時間の「メイン料理のコース」をいただきました。
 「11時ちょっと前に裏の駐車場に黒いクルマが入ってきたよ」とカミさんから聞いていたので、2時間は覚悟していました。仕入れの関係ですね、きっと。たまにあります。

 おまかせの前菜盛り合せは、下記の7品です。写真の右側、3時の位置から時計回りに、

 ・ツナとじゃがいものサラダ
 ・岩手県山田湾産の鰯の白ワインマリネ
 ・穴子のエスカベッシュ
 ・あべ鶏胸肉のサオール(イタリア風甘酢漬け)
 ・ビーチウッドスモークコット(イタリア産の加熱ハム)
 ・ハムとオリーブとナッツの入ったおつまみケーキ(ハムの下にあります)
 ・アカサバのフライ タルタルソース (中央の白い容器)

03

 今回は、お初が3品もありました。「ビーチウッドスモークコット」と「アカサバ」「サオール」です。

 調べてみると「ビーチウッドスモークコット」という耳慣れないハムは、約4kgで2万円近くする高級ハムじゃありませんか。加熱してあるそうで、色合いは確かにプロシュートとは違います。
 ほんのりとスモーク臭漂うクセのないハムです。見た目ほど外側の脂もしつこくなく、すんなりと胃袋に収まってくれました。

 「アカサバ」とは、まったく初めて聞く魚です。
 「アカサバ」と言っても鯖ではありません。関東ではほとんど見かけませんよね。正式には「ハチビキ」と呼ばれているそうです。それでも知らないwww。
 口に入れたとき「鯖」のイメージだったのでビックリしました。味は、マグロの赤身を更に濃厚にしたような感じ。美味しい魚でした。

 「サオール」とは、ヴェネツィアの伝統料理のひとつのようです。
 白ワインビネガーと砂糖等で味付けした甘酢漬けでしょうか。イワシが多いそうです。イタリア料理で甘酢漬けといえばカポナータを思い出しますが、こういうのもあったのですね。
 ぼくは甘酢漬けが大好きなので、とても美味しくいただきました。

1215

やっぱり牡蠣とホウレン草

 パスタは、
 ・牡蠣とホウレン草のクリームソース(+¥300)
 ・ベーコンと小松菜(塩ベース)

 牡蠣とホウレン草のクリームソースは、当店イチオシのパスタです。やっぱり旨い。でも、冬場だけのメニューなので、もうすぐ終わってしまいます。3月のメニューからは消えてしまいます、たぶん。
 ベーコンと小松菜はアーリオオリオです。塩気が足りないような気がしたので、ちょっとだけ塩を振っていただきました。
 小松菜のシャキシャキした食感とさっぱりした味わいがいい。ベーコンが良いアクセントでした。

0405

 メイン料理は、
 ・豚ヒレ肉のピカタ
 ・真鯛のお魚と菜の花のアクアパッツァ仕立て(+¥400)

 真鯛の分量が多くてびっくりです。
 ほほ肉というかエラ周辺の一番美味しい部分が二切れのほかに、肉厚の身も盛られています。魚はほほ肉が一番旨いと言いますが、真鯛も同じですね。身の柔らかさが全然違いました。
 菜の花はシャキシャキとして、これもまた美味しい。春を感じさせる皿で気持ちも美味しくなったり(笑)。

0706
08

 ピカタは、ソースが単調で自分としてはイマイチでした。以前、牛肉のピカタをいただいたときも似たような感想を持ったかも知れません。
 ヒレ肉は柔らかく、美味しく焼き上がっていました。

0910

 デザートはこれ。
 左の写真
 ・カプリ島レシピのチョコレートケーキ
 ・黒ごまのババロア
 右の写真
 ・黒ごまとバナナのパウンドケーキ
 ・ヨーグルトのムース

 お馴染みのデザートたちですが、新顔がひとつありました。「黒ごまとバナナのパウンドケーキ」です。
 当店の定番ケーキのひとつに「バナナのパウンドケーキ」があります。バナナの香る美味しいケーキですが、これに黒ごまを加えた研究熱心なケーキですよね。
 残念ながら、黒ごまの風味はほとんど感じませんでしたが、嬉しくなるデザートでした。


 更に研究を重ねていらっしゃるようです。
 食材高騰の折、いろいろたいへんだとは思います。がんばってほしい。

 元記事はこちら → http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2426942/(食べログ)

1413

店舗データ

トラットリア ナトゥーラ (TRATTORIA NATURA)
【住所】埼玉県蓮田市東4-11-4
【TEL】048-764-3776
【交通手段】徒歩:蓮田駅東口徒歩9分(約700m)
【営業時間】11:00~14:30(LO)、17:30~21:00(LO)
【定休日】水曜日 (祝日の場合は翌日)
【駐車場】有(お店前に6台(砂利敷き))


大きな地図で見る

« 一ノ割 安くて美味しいフレンチ系洋食レストラン 「ピノ(春日部市)」 | トップページ | 【閉店|せんげん台】 あっという間に人気店になった鶏そば専門店 「鶏そば 雫一(越谷市)」 »

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー