• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【閉店】 杉戸高野台 生地にほうれん草を練り込んだ四角いローマ風ピッツァ 「ガロファロ(杉戸町)」 | トップページ | 春日部 街の中華屋さんというか定食屋さんというか喫茶店というか… 「けいらく(春日部市)」 »

2012年2月27日 (月)

【春日部】 つけ麺も旨いけど、鶏白湯の濃厚鶏そば最高! 「ブラウン(春日部市)」

Brown01

------- 2012年 2月 -------

やっぱり旨い濃厚鶏そば

 2011年2月の「浦和・鶏そば 一瑳」についで、2011年11月「高田馬場・鶏そば 三歩一」、2012年2月「越谷(せんげん台)・鶏そば 雫一」と出店を続けています。
 麺はほぼ同じになっています。「鶏そば 雫一」と同じ中細麺の胚芽入り。見た目も食べた感じもまったく同じ美味しい麺です。

 オープンしたての「鶏そば 雫一」には申し訳ないですが、スープは「ブラウン」の方が段違いに旨い。旨くて雫一より50円安い(笑)。
 こちらのスープは、雫一よりもポタージュのようなとろみが少ないのに味わいが深い。しかも、さっぱりとしています。食べ慣れたせいか、当初よりも感動は落ちましたが、旨いのは間違いありません。
 チャーシューは、炙り蒸し鶏が3個です。雫一のように鶏チャーシューはありません。
 替え玉は同じく100円を渡せばOKでした。

04_2
02_203_2

 餃子も旨い。
 かなり大きめが4個で300円です。モチモチの皮が特徴です。ジューシーな餡との一体感がすばらしい。中華屋さん並の味だった。
 サービス面は結構荒っぽく感じましたが、女性3人で頑張っていらっしゃったので仕方ない面もあります。若い子はしょうがないね。

 これだけ旨い「濃厚鶏そば」がいただけるのに、本当に不思議なことに、大半の方がつけ麺を食べています。
 つけ麺の汁は温め直しができたり、追加ができたりするので、良心的です。こういうサービスは良い。

 また行きます。
 こんどは清湯をいただいてみよう。


------- 2011年 4月 -------

絶好調で浦和進出

 2月に浦和に系列店「鶏そば 一瑳」を出店するなど、絶好調です。
 2011年初めに「濃厚鶏そば」に魅せられて以降、何度も美味しいラーメンをいただいています。個人的には、現時点でのわが町NO.1です。何度食べても飽きません、「濃厚鶏そば」。
 塩の「鶏そば」も滅茶旨い。

03
02

 ただし、通えば通う程気になる麺量の少なさ。
 最近では、家族4人で行くとラーメン4杯につけ麺を1杯か2杯追加しちゃいます。食べ盛りは130gじゃ全然足りません。店内を見回すとそういう食べ方をしている人、結構いるんです。
 大盛にしてみたりもしましたが、つけ麺も美味しいのでこんな無謀な食べ方に落ち着きました。これにビールとか呑んじゃうとマズいですよねぇ。

 これだけ旨い「濃厚鶏そば」ですが、注文は圧倒的に「つけ麺」が多いみたい。


------- 2011年 1月 -------

旨いぞ! 濃厚鶏そば

 ブラウンの「濃厚鶏そば700円」、激旨バカ旨です。
 ビジュアルからして旨そうで、漂う匂いも良くて、落ち着いて撮影ができません。見るからに加水率の低そうな麺が、伸びちゃうじゃないですか(笑)。

 見た目は「豚骨」です。でも、獣臭がまったくしません。スープはクリーミィですが、思ったよりもあっさりしています。それでいて、鶏のコクが深くこってり感もある。驚くことに、まろやかでさえあります。それでいて甘くなく、ちょうど良い塩加減。
 まったくヘタクソな文章ですが、こういった脳みそに刻み込まれた常識に相反する味わいが、同時にやってくるスープです。
 ひとくち味わって虜(とりこ)です(笑)。お値段も700円。すばらしい。

Brown21

 麺は、細めのストレート。上記の通り、豚骨ラーメンほどではないですが、加水率が低そうな麺です。茹で加減も最高。コシを残して、食べ応えのある麺でした。これが、スープとよく合う。
 鶏のチャーシューは、炙ってあるため香ばしくジューシーで、若干の歯ごたえを残しながら口の中でトロけます。これもまた旨い。
 惜しむらくは、麺量が少ない(笑)。130gだそうですので、男性は少ないと感じるのでは。

 普段はラーメンを食べても、プリン体(通風餅)とカロリー(肥満)を気にして、絶対に飲み干さないのですが、今回ばかりは気がついたら全部飲み干していました。更に、次男のスープも半分行っちゃいました(笑)。
 麺量が少なかったので、腹いっぱいになっていなかったことも原因かもしれませんが(笑)。

 カミさんがいただいた、「あっさり塩鶏そば650円」も旨かったです。鶏白湯ではありませんが。
 鶏スープに塩。スープの表面にかなりの量の脂が浮いていて心配させますが、まったくしつこくありません。塩加減もちょうど良い加減です。
 単調な塩味を変化させる柚の果肉がちょっとだけ皿に載って出てくるので、味の調節も可能です。
 これも旨い。

Brown20Brown22

第五のラーメン「鶏白湯」

 ブラウンの「濃厚鶏そば」は、2010年11月末にアップされた、yyyumeさんのレビュー を読んで、とても気になっていました。
 「鶏白湯」のラーメンは、醤油、味噌、塩、豚骨に続く「第五のラーメン」と言われ、数年前から注目を集めています。ラーメン好きなら誰でも知っていることですけど。

 ここのところ、わが町周辺でも耳にするようになりました。春日部周辺だと「味噌太郎」が鶏白湯と魚介のWスープの味噌ラーメン、「つけ麺 NIJINOITO」も鶏白湯と魚介のWでこちらはつけ麺。
 ブラウンの鶏そばも旨いのは想像がついていたのですが、なかなかタイミングが合わないんです。
 そこに、2011年に入って直後、行列のできるさんの絶賛レビュー。こりゃもう、行くしかありません。申し訳ないけど、「中庸」再訪は後回しに。ごめんね。

 兄弟店の「麺屋 六弦」にも「鶏そば」があります。たぶん、同じ味でしょう。近々確認しに行きます。
 
 本当に旨いラーメンでした。
 「濃厚鶏そば」は、豚骨ラーメン好きだけど、しつこいのがちょっと苦手になりつつある方々に、絶対のオススメです。
 
 ぼくらが訪問したのはちょうどお昼時。時間のせいもあるかも知れませんが、ほぼ満席状態でした。
 つけ麺といい、鶏そばといい、これだけ旨いラーメンを提供しているのですから、当然ですよね。
 評点を大幅にアップしました。

 (写真5枚追加)

------- 2010年10月 -------

食べ比べてみるとおもしろい?

 旧庄和町の4号バイパス沿いに「麺屋 六弦」というラーメン店があります。「ブラウン」と「麺屋 六弦」は姉妹店だそうです。両店を食べた感じだと、ほとんど同じつけ麺です。ラーメンは違いますが。

 麺の太さがほぼ同じ。ブラウンの方が小麦の風味を強く感じました。背脂が浮いたツユの味とか、ツユの具(豚の角煮、太めの柔らかメンマ)とか、麺に散らした水菜と、どんぶりに添えられた海苔一枚、お店の内装の感じとか、看板の感じとか、もうあれもこれもとてもよく似ています。

 両店で食べ比べてみるとおもしろいかも。

------- 2010年 7月 -------

釜揚げのうどんかと思った…

 麺が太いといっても加減があろうってものです。こちらの麺はラーメン店では余りお目にかかれない極太ストレート。釜揚げのうどんかと思ったくらい。だから茹で時間も10分ほど。茹で上がった極太麺を、とりあえずツユにつけないですすってみたら、確かに小麦の風味がしておいしい麺でした。シコシコもちもちですね。

Brown08
Brown09Brown10_2
Brown11

 注文したのは、「つけ麺」と「ラーメン」です。

つけ麺の汁がぬるくて…

 「つけ麺」のつけ汁は濃厚ドロドロなとんこつ魚介。麺を一口含んであれ?熱くない。つけ汁が熱くないんです。っていうか、ヌルい。なんだこれ…。結構がっかり。まさかこれがデフォルト?熱いのが好みなのですが…。

 それでも、おいしかったです。最近、どこに行ってもとんこつ魚介なので若干辟易気味で、しかもヌルかったのになかなかのお味でした。熱々でいただきたかったな。ゆず風味に太目のメンマと定番も悪くなかったのに…。

Brown06

 チャーシューが特徴的で、最初は角煮だと思いました。しかし、厚切りのチャーシューだと目の前のポスターに書いてあってびっくり。サイコロですよ。柔らかくて若干甘めの味付けで、角煮そのものなんだけど。

焦がしニンニクが主張しすぎて…

 ラーメンは熱々でした。極太ストレート麺の上に、茹でたキャベツを敷き詰めてフタをしているんですね。その上にモヤシ等の野菜。最後に、焦がしニンニク、だと思います。これが全部ダメにしちゃったかも(当社比)

 せっかくのスープなのに、最後にかけられた焦がしニンニクの風味が強すぎて、スープの風味が全部飛んでしまいました。香ばしいのは良いですが、スープと戦ってスープが敗れ去ったような印象。

なんだか全体的にアンバランスで…

 店内はかなり広めで、ファミリー&大人数向けの掘りごたつ風の小上がり席、カウンター席、少人数&カップル等向けの向かい合わせ間に壁有席、と3種類の席があります。ファミレス風。

Brown02Brown03

 若いイケメン店員が威勢よく声を掛け合っているとか、もっとファンキーなノリのお店かと思ったら、とっても品行方正な感じでした。内装は黒じゃないほうが良いのにとか、あの窓はいらないとか、余計なことばっかり考えていました。

Brown04
Brown05

関連ランキング:ラーメン | 豊春駅八木崎駅春日部駅

« 【閉店】 杉戸高野台 生地にほうれん草を練り込んだ四角いローマ風ピッツァ 「ガロファロ(杉戸町)」 | トップページ | 春日部 街の中華屋さんというか定食屋さんというか喫茶店というか… 「けいらく(春日部市)」 »

ラーメン」カテゴリの記事

春日部市(ラーメン)」カテゴリの記事

★★★★~★★★★☆」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー