• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 蓮田 記念日にナトゥーラ 19度目 | トップページ | 鉄道博物館 ゆったりと落ち着けて好感度の高いフレンチイタリアン 「レ・スリジェ(さいたま市北区)」 »

2012年4月17日 (火)

【東浦和】 見沼代用水西縁至近の品の良い蕎麦屋 「分豊年屋 久の半(さいたま市緑区)」

01

 国道122号から、南側の463号を浦和方面へ進んだ右手にあるそば屋さん。
 自分の分野から言うと、「 大崎公園 」と「民家園」を超えて、見沼田んぼの芝川と見沼代用水西縁を超えてすぐのところです。

 見沼代用水東縁には「緑のヘルシーロード」という散歩道というかサイクリングロードがあって桜並木が有名ですが、西縁も負けていません。土手沿いに美しい桜並木が続いています。

 ぼくらが伺ったのはちょうど桜が満開の日曜日です。春の陽気と桜に誘われて、桜並木の周辺はたくさんの観光客というか散歩客でごった返していました。
 通常の日曜日ならランチは営業していないと食べログで拝見したので電話してみたところ、ありがたいことに営業していらっしゃいました。当店も春の嵐に巻き込まれたのかもしれません。

 店舗前に櫛形に並んだ駐車場に停めてお邪魔させていただくと、二人テーブルがふたつ空いているのみでした。ラッキー?
 雰囲気の良さそうな座敷や小上がりみたいなテーブルもありましたが、全体的に狭い印象です。混雑していたので、尚更そんな感想を持ってしまったのかも知れません。
 腰を下ろして、「久の半御膳 1,380円」とそばの「黒」と瓶ビールを注文しました。
 少し落ち着いて店内を見回したら、若い人がほとんどいない。その日のランチは大半が自分たちより年配そうな、団塊世代前後と思しきご夫婦でした。仕事人間で通してきた世代で、女房と二人で出掛けるなんて真っ平、な世代だと勝手に思っていました。違った。
 たしかに、若い人には敷居が高そうな店舗構えとメニューかも知れません。

07
08
09

 「食べログ」をはじめてから生ビールは呑まなくなったので、この日もお願いしたのは瓶ビールです。
 「ハートランドっていうビールしかないんだけど、それでもいいですか?」。もちろん、全然構いません。美味しかったですよ。

 こんなやりとりの間も帰る客と来る客がひっきりなし。人気店なんですね。それとも西縁から近いという立地でしょうか。座ったテーブルのせいだと思いますが、本当に落ち着かなかった。
 普段は、ランチ時の超忙しい時間帯は避けているのですが、この日はそうもいかなかった。午前中に寄った、近くの「 見沼氷川公園]」(当店から見沼代用水西縁を20分前後北上)の「 見沼氷川公園の桜 」が想像以上にすばらしくて、時間を食ってしまった。

 「久の半御膳」は、そばにちらしごはん、天ぷら、サラダ、香の物がつきます。他の方のレビューを見ると、ちらし寿司じゃない場合もあるようです。
 当店のそばは「白」と「黒」と呼びます。「白」が普通の二八(風)で「黒」粗挽きの田舎風です。
 「久の半御膳」には通常は白がつきます。座長さんみたいに黒に変更してもらえば良かったのかもしれませんが、盛り足りないような気がしたので別に「黒」をお願いしていしまいました。

02
03
04
05
0610


 どちらのそばもとても品が良い。「黒」も見た目は黒々として、粗挽きらしいホシがたくさん見えますが、細くたおやかで美しい。
 粗挽きの「黒」でもそばの香りは弱めでしょうか。いつものようにカミさんは「全然味がしない」…。すみません。
 「黒」には辛み大根がついてきましたが気がつかず。辛み大根でいただくという習慣が無いうえ、二人用の狭いテーブルに3膳(御膳2膳と「黒」1膳)を載せられないので、黒のお膳が到着したあと、後からくる白2食分を1皿にしてカミさんのお膳に載せて、黒は自分のお膳に載せたので、わけがわからなくなって気がつかなかったのでした。
 素直にお店の人の勧めに従っておけばよかった(3膳を並べるために広い席に移ったらみたいな話をしてくれそうな雰囲気でしたが、自分でさっさと1膳にまとめちゃった)

 丁寧に仕上げられたそばは冷たく締められていて良い感じです。見た目も食感ものど越しも、品行方正でとても品が良い。汁は若干塩辛目でしょうか。
 天ぷらは衣が厚めの家庭料理風だったのが残念でした。

 次回はもうちょっと早めに行って、良い席を確保したい。
 座る席や時間帯によって印象が大きく変わりそうなおそば屋さんでした。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東浦和駅

« 蓮田 記念日にナトゥーラ 19度目 | トップページ | 鉄道博物館 ゆったりと落ち着けて好感度の高いフレンチイタリアン 「レ・スリジェ(さいたま市北区)」 »

そば」カテゴリの記事

さいたま市緑区」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー