• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 岩槻 勝ったら美味しい手打ちそば・うどん 「手打ちそば・うどん 大久保(さいたま市岩槻区)」 | トップページ | 岩槻 4代目女将の人柄で保つ家庭的な川魚料理店 「沖田家 (さいたま市岩槻区)」 »

2012年4月 2日 (月)

岩槻 喫茶店風な料理と雰囲気 「ピッツェリーア・ラ・伊太利家(さいたま市岩槻区)」

総合 2.5 | 料理・味 2.5 | サービス 2.5 | 雰囲気 2.5 | CP 2.5

01

 ピッツェリアとのこと。
 しかし、いただいた感じだとピッツァの生地は自家製じゃありません。確認したわけではない個人的な印象です。
 市販の冷凍生地を使用しているお店でも、ソースに拘って具材をたっぷり入れて美味しいピッツァを提供しているお店はあるので、自家製じゃないことが一概にダメというわけではありません。
 直径20cmのピザ用冷凍クラストは、一枚75円くらいですから、980円で販売してもソースに拘って具材に拘って利益を出すことは十分に可能です。

04

05

 そう考えると、ものすごく利益率の高いピッツァに見えてきました。
 ランチに含まれているクリスピーピッツァ2切れ(フォカッチャとの説明)が凄まじい。いくらセットの一部とはいえ、具材が載っていない上、作り置きなためか熱くなくてカッチカチです。酷な言い方かも知れませんが、ローズマリーとバジルを振ってそれっぽく見せているだけです。

 マルゲリータはトマトソースがほんの少しで、バジルが3枚。シーフードピッツァに「するめいか」を使っているのも初めて見ました。「紋甲いか」の食感と味には全然敵いませんね。
 モッツァレラの味が極端に安っぽくて、胸が悪くなりました。とくにシーフードがつらかった。

 ピッツェリアを名乗る以上、ピッツァ生地やソースに拘るのは当然と思うのは客の勝手なワガママでしょうか。

06

07

10

 家族3人で日曜日のランチに伺いました。
 入口脇のテーブルに腰を下ろしてメニューをクリますが、ゴチャゴチャ細かくてとても見にくいので、探索は途中で断念しました。で、カミさんと自分は目立ったランチのAとCを注文しました。それぞれ850円です。
 ランチAは、「アサリのトマト味スパゲッティ」でしたが、品切れとのことで「たらことジャガイモのスパゲッティ」に変更されていました。Cは「マルゲリータ」です。

11

 A~Cのランチはこれら(パスタ・ピッツァ)に、サラダとドリンクバー、パン(冷凍ピッツァ生地のフォカッチャ)、デザートがつきます。
 子どもは、「ナポリタン」。他に「シーフードピッツァ」をお願いしました。金額はレシートが出なかったので確信は持てませんが、両方とも980円でした。
 他に、白ワイン1杯(450円)をお願いして、合計4,110円でした。
 ドリンクバーにデザートまでついて850円は安いと思うかもしれません。でも、美味しい食事をゆっくりと楽しみたかった。

 ピッツァは前述のとおりです。
 ナポリタンは、トマトピューレが胸が悪くなるほど強烈。たらこスパゲッティは塩気が全然足りない。卓上調味料を探したけどありません。持ってきてもらうのが面倒でそのまま食べました。
 フォカッチャという説明のパンは、冷凍ピッツァ生地を焼いたヤツ。たしかに、もう少しふっくらとしていればフォカッチャで通るかもしれません。

03

02

 デザートはパッサパサのシフォンケーキとジェラート。これが、ピッツァを食べている最中に出てきたちゃった。さすがにジェラートは持って帰ってもらいました。
 でも、結局ジェラートは遠慮しました。あまりの質の悪さに本当にがっかりして食欲が完全に失せていました。
 ピッツァも全部食べられませんでした。レストランで残したのは初めてです。
 唯一、サラダの野菜がとても美味しかった。
 
 入店したら、シェフがカウンターでノートパソコンをいじっていたのですね。客に意識が向いていません。
 そんなお店の方々の態度も、雑然とした店内の雰囲気も含めて田舎の喫茶店みたいでした。ついで書いちゃうと料理もそんな感じです。

12

 ファミレスの味に飽き足らないので個人店に足を運びます。
 個人店が自店の良さを忘れてファミレスみたいな超低価格路線だけ真似をすると、仕入れと管理とサービスが行き届かない分、ファミレスの後塵を拝してしまうことが多いでしょう。帰りしな家族から「ファミレスに行けば良かった」などという不謹慎な声が…。
 安かろう不味かろうでは厳しい。

08

09

 ファミレスと同じ土俵で相撲をとっても勝てない場合が多いのに、お客さんがまあまあ入っていらっしゃるのは近くに競合店が無いからでしょうか。安住してしまうと転げます。
 近くにあるイタリア料理店「リストランテ ヴァレンティーノ」とは価格帯も客層もまったく違うから共存できているのでしょうか。こちらはイタリアンじゃありませんからね。
 それでも長い間繁盛しているのには、路面店がひしめく国道16号から遠く、競合店が近くに無いという地の利だけでない何か別の理由があるのかも知れません。

 勉強不足な上、見識の狭いレビューを書いてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 当店好きな方々、ごめんなさいね。

関連ランキング:ピザ | 岩槻駅

« 岩槻 勝ったら美味しい手打ちそば・うどん 「手打ちそば・うどん 大久保(さいたま市岩槻区)」 | トップページ | 岩槻 4代目女将の人柄で保つ家庭的な川魚料理店 「沖田家 (さいたま市岩槻区)」 »

イタリア料理」カテゴリの記事

さいたま市岩槻区」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー