• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 藤の牛島 児童館横にオープンした明るいイタリアン 「パストラーレ(春日部市)」 | トップページ | 蓮田 具だくさんイタリアンの神髄。今月は大量の桜海老! ナトゥーラ 22度目 »

2012年6月10日 (日)

【閉店】 春日部 産直販売とカフェ&ベーカリーが併設 「農園カフェ・ベーカリー すびーと(春日部市)」

総合3.5|料理・味 3.5 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.0 | CP 4.0

01_5

------- 2012年 6月 -------

 汚れていた床がキレイになって、カフェ全体がこざっぱりとしました。採光も良く気持ちの良い空間になっています。
 しかし、セルフのお店なので、サービス面で、ちょっとばかり耳の痛い話も聞こえてきます。

 目の前の道路を内牧方面へ少し走った先に、「農産物直売 四季の里うちまき」という農産物直売所があります。産直品を扱うという似たような形態の競合店舗ですね。
 あちらは広い駐車場と豊富な品揃えが魅力。ちょっとした高原の旅行気分が味わえちゃったり。
 正念場かもしれません。

 当店とは関係ないですが、「農産物直売 四季の里うちまき」のブログを初めて見たときの落胆はいまでも鮮明です。あんなブログなら、無い方がいい。
 ツイッターでも書いたことがあるんだけど、一行書く度に改行20個とか…。読む人の立場になって考えていない証拠ですよね。
 ホントにもったいないことです。

------- 2012年 2月 -------

 2012年2月1日に店内の模様替えが行われ、産直販売所とカフェの場所が入れ替わりました。
 お店は左右振り分け構造になっています。2月からは右手が産直販売所で左手にカフェです。
 以前は、大きな窓を潰して産直の棚を作っていたので、もったいないと思ったものですが、左手にカフェが入ったおかげで窓が活かされています。光溢れる開放的で素敵な飲食空間が出来上がっていました。

10_2
09_2

 熱心に販促が行われていて、この日は「餅つき大会」があったようです。
 ぼくらはパンを買いに寄ったのですが、パン棚に突き立てのお餅を発見して我慢できなくなって、ついつい、カフェでお餅3個入りを3パックもいただいてしまいました。もちろん、下記の三種類を全部です(笑)。

02_5

 あんこ:「春日部菓匠 ちぐさ」さんのあんこ
 辛み大根:チョーコー醤油+朝採り大根       
 きな粉:沖縄黒糖+国産きな粉

 餡子と辛味大根がメチャ旨だった。減量中なのですが、エライ高カロリーのおやつを摂取してしまって、しばらく自己嫌悪に陥ってしまいました。でも、旨かったので、、ね。

 パンは「とろけるキャラメルクリームパン」ほか、6個ほど購入。美味しくいただきました。クリームゴテゴテがないので、大人が食事でいただける立派なパンです。

04_5
06_2
07_2
08_2

 カフェは随分広くなりました。
 広さからいえば、カフェがメインになっちゃった印象です。以前は、産直がメインでカフェはイートイン的なスペースに見えたのですが。
 しかし、今後はそうはいかないでしょう。カフェの魅力で人を呼べるようにならなくちゃならない?
 残念ながら、いまのところ、カフェ自体には魅力が乏しいかもしれません。だだっ広くて殺風景な感は否めません。床の汚れも目立ちました。ちょっと心配になってしまった……。
 お酒の提供も始めたようですし、一日三食限定の「新潟タレカツ丼」を取り入れたりとか、新メニューの研究も怠っていないようですが、あの広いカフェスペースを充分に活用できるほどの客を呼べる魅力あるお店作りができるかどうか、ですね。

01_6
03_4

 もうちょっと凝った内装? メニューの更なる充実? パンの日とかピザの日とか、いろいろとアイディア一杯のイベントを催しているので杞憂かもしれませんが。とりあえず、ぼくらが滞在した間、カフェに客が来なかった…。
 休日の客層を見ると、産直の客とカフェの客はほとんど重ならないように見えたけど、週日は結構合致しているのかもしれませんね。女子会=おなごかい(及第様、また使用させてもらいました!)、の需要で(笑)。

 産直の販売所には、上尾のイタリアン「イル・モンド・ピッコロ」でいただいて、コシを抜かすほど旨かった「香り豚」があってびっくりしました。
 産直販売所には、ほかにも、千日紅さん絶賛の「おづつみ園」のパウンドケーキがあったりとか、探検したくなる魅力がいっぱいです。

 アイディア溢れる店舗なので、定期的に利用させてもらいます。

 新しい店内の写真をたくさん掲載しました。古い店内の写真は、紛らわしいので削除しました。
 たくさん投票していただいたのに、申し訳ありません。 

------- 2012年 1月 -------

 産直品の販売所とカフェ&ベーカリーが併設で一店舗になっています。アルコールを扱っていないので喫茶店かな。
 拾いもの--、とか言ったらお店の人や当店好きな方々に怒られそうだけど、ピッツァもパスタも思った以上に美味しかった。ぼくにとっては、お得感一杯な僥倖でした。
 11時過ぎにお邪魔して、「食べログを見て来た。写真を撮らせて欲しい」とお願いしました。そしたら、奥から代表らしき方が出てこられ、詳しく説明をしてくださいます。
 非常に意欲的でした。気圧されちゃった(笑)。

05
06

 正直申し上げて、ちょっと面喰ってしまって、一番大事なことを聞くのを忘れてしまいました。
 「カフェで提供しているピッツァ生地や野菜等は、産直の販売所で売っている商品を使用しているのか?」ということです。
 「農園サラダ」と銘打って買い物にプラス200円でお試し的に好きな野菜を容器一杯食べられるのですが、それは朝摘みなので地元産は間違いありません。それでなく、パスタやピッツァに使用している野菜についてです。
 パンは違うと思うんですよね。国産小麦とか地粉というPOPは無かったように思います。

 実は、この「農園サラダ」が凄まじく旨かった。田舎育ちなので、新鮮な野菜の味はわかっているつもりです。こっちに出てきて、ここまで新鮮で美味しい野菜を食べたのは初めてかもしれない。
 赤かぶ、人参、水菜、レタス、ボイルかぼちゃ、トマトの6種類です。市販のドレッシングは、まあご愛敬です(笑)。3種類ありました。

02_4

 それと、「ナスとベーコンのトマトソーススパゲッティ」のトマトソースがまた凄まじく旨かった。
 トマトソースって、素材が悪かったり調理が悪かったりすると強い酸味が残って旨味は生じないのですが、当店のトマトソースは、ほどよく酸味が残ったまろやかなトマトソースでした。しかも量がたっぷり。
 大きめにカットされたナスにしろトマトにしろ、時期じゃありませんけど、明らかに良い素材を使っていたと思います。
 残念だったのは、スパゲッティが茹で過ぎで柔らか過ぎだったことです。せっかくなのに。それでもこのソースはすごい。これがパンとサラダセットにして650円ですから、二度ビックリです。

03_3
04_4

 ピッツァは直径17cm。生地は、モッチモチのナポリタイプです。マルゲリータのトマトソースも自家製? ガツガツ食べちゃって確認できませんでしたが、実に美味しかった。
 クワトロフォルマッジォは、タレッジオ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、モッツァレラの4種でした。このチーズも良かった。もちろん生地も。ちゃんとハチミツがついてきました。
 飲み物は、通常280円のドリンクバーですが、パンを2個以上買ってイートインする方やランチを利用する場合は200円になります。

07

 カフェの料理はとても美味しくいただきました。でも、パンはそれほど特徴がないごく普通な感じです。写真の通り、6種類いただきました。パンに特徴を出すのは難しいですが。
 ぼくの好きなハード系の食事パンもいくつか見かけたので、次回いただいてみます。
 地元に多彩なお店が増えて嬉しい。しかも、良いお店なので輪をかけて嬉しい(笑)。

0809
10
11
12
13

 そうそう、2月に店内の模様替えをするそうです。
 店内は入口を中心に左右振り分けになっています。現在は、右手がベーカリーとカフェで左手に産直ですが、この左右を入れ替えるのだそうです。2月からは右手が産直で左手がカフェ。
 理由は聞いてませんが、一度足を運んでみればわかるかも。右手の方が入りやすかったりします。左手には階段が数段ありますし。
 いずれにしろ、繁盛して欲しいですね。地域再生のロールモデルにもなってほしい。


1724

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 北春日部駅


« 藤の牛島 児童館横にオープンした明るいイタリアン 「パストラーレ(春日部市)」 | トップページ | 蓮田 具だくさんイタリアンの神髄。今月は大量の桜海老! ナトゥーラ 22度目 »

カフェ」カテゴリの記事

パン」カテゴリの記事

春日部市(パン)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー