• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

蓮田 脂を落とし過ぎた鰻に味の薄いタレ 「川魚料理 魚庄 本店(蓮田市)」

総合 3.0 | 料理・味 2.5 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0

01_2

 いくら江戸前鰻でも、脂を落とし過ぎでしょう。
 夏場の鰻はそれでなくても脂に乏しくて味わいが薄いのに、蒸し過ぎか、たまたまそんな鰻に当たってしまったのか、まったく鰻の味らしい味がしない。
 しかも、タレまで味がしない。たいてい鰻のタレは、甘味が強い醤油味ですよね。たまに、塩気の強いのがあったりするが、このあたりも好みのわかれるところだ。

続きを読む "蓮田 脂を落とし過ぎた鰻に味の薄いタレ 「川魚料理 魚庄 本店(蓮田市)」" »

【閉店】 せんげん台 チェーン店ながらもしっかりした料理がいただける。サプライズもあり。 「ココチーノ 千間台店(越谷市)」

総合 3.5|料理・味 3.5 | サービス 3.5 | 雰囲気 4.0 | CP 3.5

01

 「ココチーノ」は、越谷を本拠に5店舗を展開しているイタリア料理店グループです。近く新越谷に更に新店を開店の予定とか。
 「千間台店」は、せんげん台マルヤの真ん前にあるクリーム色の可愛らしい建物が特徴的です。
 店内も想像通りにかわいらしい。南イタリアの街並みをイメージしたとかで、非常に暖かみがあります。席も広めで落ち着く。雰囲気いい。

17

18
 
 入口から入って中央にレジと奥に厨房で、客室は左と右に振り分けになっています。
 ぼくらが入った左手の客室は写真に納めたような感じ。右手は一室なのですが、中央を通路として使っていて、左右がカーテンで仕切られているので、通路の両サイドが独立した二室のような感じで利用されています。
 南欧風?の淡い黄色を基調とした店内の二人掛けテーブルに腰を下ろしてメニューを繰ります。

 ランチは、
 「ローマコース ローストビーフサラダ、パン、パスタ、シャーベット、飲み物 1380円」
 「フィレンツェコース 前菜盛り合せ、パン、パスタ、シャーベット、飲み物 1580円」
 「ミラノコース 前菜盛り合せ、パン、メイン料理、シャーベット、飲み物 2200円」
 「トリノコース 前菜盛り合せ、パン、パスタ、メイン料理、デザート盛り合せ、飲み物 2800円」
 以上4コース。それぞれ、デザートを盛り合せに変えるとプラス300円でした。

1615
13

14

 ランチコースには、いずれもイタリアの都市の名前が付いているので、ベルパエーゼを思い出しました。
 でも、メニューが手書きなんですよね。この時点で、ベルパエーゼのグループじゃないと思った。中央のレジ付近も割と雑然としてケーキのショーケースもありませんし。
 帰宅して調べてみたら、やっぱり別の会社でした。でも、感じが似ています。インスパイア? 修行されたとか?

 ぼくらが選んだのは、「フィレンツェコース」です。
 デザートを盛り合せでお願いして、パスタは、「天使の海老のペスカトーレ +300円」「生ウニと帆立のクリームソース +300円」を選びました。それとワイン。

0412

 料理は女性の店員さんが持って来てくれました。
 この方がとても感じが良かった。料理の説明はデフォではないようですが、お願いすればちゃんとしてくれますし、笑顔も素敵だし、とてもよく気がつく方でした。
 サービスは人によるのかもしれませんが、全体のレベルを上げることも大切です。男子はもっと頑張らないと。バイトかな。

 前菜の盛り合せは下記の7点でした。
 カジキのエスカベッシュ
 白身魚のテリーヌ
 木の子のトマト煮
 フリッタータ
 カボチャ
 ローストポーク ロシアサラダ
 ブロッコリーのペペロンチーノ

02

 もう、この前菜がサーブされた時点でびっくりです。1580円のランチでこんな立派な前菜が付くレストランは久しぶりかも知れない。テンションが上がりました(笑)。
 良かったのは白身魚のテリーヌ。ふわふわの食感がすばらしい。ナイフを立てると、力を入れなくても切れてしまいました。口に入れるとふわりとして、ほんのりと魚の風味。ワインに合いましたね。
 それ以外もイタリア料理らしいしっかりした前菜でワインが進みますが、料理自体はとりたてて驚くようなものではなかったかな。写真から想像されるような味です。
 ロシアサラダとは、じゃがいもサラダのことです。

05

06

 パスタも美味しかった。
 ペスカトーレは、海老、帆立、アサリ、ムール貝、蟹、イカ等の魚介類がゴロゴロ入っています。トマトソースは生のトマトも使ったフレッシュな味わい。それでいて酸味が少なく奥深い。美味しいトマトソースでした。
 生ウニと帆立の取り合わせは珍しいかも。それぞれの味が殺し合うかなと思ったのですが、ちょうど良い具合にほんのりと香ってくれました。ぼくはもうちょっとクリームが強めが好きです。それでも美味しかったので、最後はパンに付けてキレイにいただきました。

07

 パスタをいただいているとき、視線の先の女性二人連れのテーブルに、「くまのプーさん」で見かけたような怪しい蜂蜜壺みたいなのが運ばれてきました。
 ちょっと遠くて、何をやっているかわからなかったけど、しばし歓声のような声が上がっていました。

 パスタを食べ終えて食器が下げられると、ぼくらのテーブルにプーさんの壺がやってきました。
 思わず、愛想の良いホールの女性に「これは?」と質問してしまいました。「お楽しみです(^_^)」と(笑)(笑)。テンションMAX!!!

 サーブされたデザートの盛り合せは、
 マンゴーのシャーベット
 チョコレートケーキ
 プリン
 ティラミス
 グレープフルーツ
 オレンジ
 さくらんぼ

1011

 カミさんの皿は、チョコ系とアイスが違っていた。
 ガトーショコラ
 柚のシャーベット

0809

 サーブしてくれた素敵な女性が「プリンにカラメルソースをおかけしてよろしいですか?」とニッコリ。
 プーさんの蜂蜜壺は、カラメルソースだったのでですね。もちろん、断る理由はないので、「お願いします」。素敵なお姉さんが、蜂蜜壺を開けてタラーリとやってくれました。写真をご覧ください。こういうサプライズいいですね。
 もしかして、簡単なようで難しいかもしれません。うまくソースを切って絵になるように上手にプリンにかけてくれました。

 こういうサプライズがあると、料理が美味しく感じられるんですよね。安心のデザートたちでした。
 何より、二人の皿で種類の違うのを混ぜてくれるあたり、ありがたいサービスです。

 結構気に入ってしまいました。
 プリモとセコンドのつくコースは2800円ですが、一度食べに来てみたい。そう思わせるお店でした。

03

関連ランキング:イタリアン | せんげん台駅

2012年7月28日 (土)

銀座 料理に期待しないで個室利用なら 「吉乃翔(東京都中央区)」

総合 2.6 | 料理・味 2.0 | サービス 2.5 | 雰囲気 3.5 | CP 2.5 | 酒・ドリンク 2.5

01_4

 10名くらいの宴会で利用しました。確か7,000円くらいで飲み放題のコースだったと思う。

 当店の利点は、銀座で個室を利用できることです。とにかくこの一点が必要なときはたいへん重宝します。会議での利用も可能。

 しかし、料理に期待してはいけません。
 料理はご覧の通り、見た目はたいへん立派なコースでしたが、美味しい料理がひとつもありません。価格を抑えるために、相当安い素材を使っているんだと思う。
 まず、かぼちゃが不味くてびっくり。スーパーの安いかぼちゃでももっと味がします。
 「お造りです」と言って出て来たのが、「かつおのたたき」。お造りって、刺身のことだと思ってた。気を取り直して「かつおのたたき」を箸で持ち上げたら、ぺらんぺらんの薄さ。こんな薄っぺらな「かつおのたたき」を見たのは生まれて初めてかも知れない。
 
02_403_4

04_4

05_4

06_3

07_2

08_2

09_2

10_2

11_2

12_2

 天ぷらはコロモが脂っぽくてベトベト。玉子豆腐はコンビニレベル。鱧は生臭くて食べられたもんじゃない。

 タッチパネルで注文するシステムですが、直感で使えないのでまったく意味をなしません。

14_2

 場所は銀座でも有名な泰明小学校の真ん前です。
 ビルの地下に降りて少し進んだ先に入口がありました。クネクネと迷路のような地下道を結構歩きました。非常に怖い。火事にでもなったらどうするんだろう。
 万が一、利用することになったら非常口の確認をオススメします。

15_2

13_2

関連ランキング:割烹・小料理 | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

2012年7月20日 (金)

蓮田 いつまでも心落ち着く Our Home Restaurant であってください ナトゥーラ 25度目

総合5.0|料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(夜)

01_3

 七月三連休中日のディナ-で訪問した。
 昼間は、浦和駒場スタジアムのリニューアルオープンイベントに参加。新装なった駒場で、漫画家の望月三樹也率いるサッカークラブ「ザ・ミイラ」とレッズOBチームの試合を観戦した。
 単なる記念イベントにも関わらず、ザ・ミイラのメンバーが豪華過ぎてびっくりしちゃった(笑)。
 認識できただけでも、向井理、椎名桔平、勝村政信、宮沢ミッシェル、ラモス、長江健二……。一眼レフ+望遠レンズを持って行かなくて後悔しました。

 特に向井理(NO.19)。好青年ですねぇ。
 2012年7月はTBSで連ドラ真っ最中なはず(見てますよ。「サマーレスキュー」)。それなのに、最初から最後まで参加してくれた。最後のピッチ一周のとき、客席から飛んだ「向井さぁ~ん」という黄色い歓声に手を挙げて笑顔で答えてくれた。
 めっちゃ好感度アップです。途中で帰った椎名桔平(NO.17)。ドタキャンした手越祐也とは大違い(笑)。

10

 レッズ側では、福田、ブッフバルト、井原、田口、水内、大柴、ロボ、広瀬、福永、城定、菊原、土田、名取、堀、都築、南、千島、西村、佐藤、池田伸、室井等、かつて熱狂した選手たちの元気な姿を見て、懐かしくも楽しい時間を過ごすことができた。
 それにしても、大柴とロボは太りすぎだろwww。人のことは言えないが。

 風呂に入って汗を流してから伺ったので、ナトゥーラ到着は夜8時ころだった。こんな遅い時間にナトゥーラにいるのは初めて。
 しかも、ホール係にカメリエーレがいてちょっとびっくり。いらっしゃるとの話は聞いていたが、実際に拝見したのは初めてだった。

 非常にテキパキと仕事をこなされる方のようで貴重な戦力なのでしょうが、ナトゥーラのホールに男性がいらっしゃることに若干困惑気味。慣れるのに時間がかかるかもしれない。
 更に勝手な印象を書いてしまうと、彼の存在感というか異物感が大き過ぎてナトゥーラらしい清潔感が損なわれてしまったような気がしてしまった。

 ナトゥーラのイメージは、「自然」「清潔」「癒し」です。

02_3

 今回注文した料理は、
 ・穴子のエスカベッシュ 500円
 ・炙り〆鯖のカルパッチョ 500円
 ・殻付牡蠣とベーコンのオーブン焼き 900円
 ・メカジキと夏野菜のフレッシュトマトソース 1300円
 ・イベリコ豚のグリル 2500円

 その他、ビール、ワイン等の飲み物。ビールを自家製ジンジャエールで割った「シャンディガフ 700円」も美味しかった。

07_3
↑ ブラッドオレンジ ↓ シャンディガフ
08_3

 今回夫婦で一致したのは、「炙り〆鯖のカルパッチョ」の旨さ。
 普段、ウチのカミさんは〆鯖なんて絶対に食べないのだが、この〆鯖は美味しかったそうだ。炙った香ばしさと酸味がよくあっていたらしい。ぼくもまったく同じ意見。

 夏場の牡蠣は、やはり岩牡蠣でしょうか。それにしては味わいが薄いように感じてしまった。天然物のはずなので、濃厚なはずですがかなり淡泊でした。

03_3
04_3

 メカジキと夏野菜のフレッシュトマトソースもいい。トマトソースにもバリエーションがあるんですね。
 新鮮な夏野菜をさっぱりとしたトマトソースでいただいた。ナトゥーラでいただいたトマトソースでは最高ランクかもしれない。

 しかし、このあたりになると、昼間の疲れにビールとワインが効いてきて、ほとんど味覚が機能していません。気持ち良くアルコールを摂取できた証拠でしょうか。
 せっかくのイベリコ豚も「柔らかかった」……、くらいの印象しか残っていません…www。

05_3
06_4

 コーヒーにも大きな変化があった。
 ネスプレッソという新しいコーヒーメーカーを入れられたそうです。それは良いのですが、コーヒー豆も変えてしまったようで、かなり酸味の強い味に変わっていた。ブルーマウンテン系でしょうか。
 ぼくは酸味の強いコーヒーが嫌いなので、この点だけはかなりがっかりした。ランチもこの豆ならば、今後コーヒーはオーダーしないつもり。

 また行きます。

09_3

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2012年7月18日 (水)

春日部 噂のコメダ、埼玉東部初進出! OBの牙城を崩せるか? 「コメダ珈琲店 春日部店」

.総合 3.5|料理・味 3.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0

01

 2012年春先、コメダが春日部店の準備をしているという噂が流れた。調べてみると、サイトで「春日部店」がバイトを募集している。徐々に情報が流れてきて、期待も膨らんだ。
 そんなに「コメダ」の何を待って、何が良かったかって? 決まってる。埼玉県6店舗目であり、埼玉東部初進出の店舗に、わが町・春日部を選んでくれたことだ(笑)。それしかない。
 もっとも、田舎町を選んで出店しているという噂もあるので、一概に喜べないかもしれないが。いや、それなら本望か(笑)。後述する「珈琲屋 OB」の空白エリアってのも理由かもしれない。

 今や、なんでも揃う春日部www。ロードサイド店天国。
 先にも書いたけど、埼玉県東部エリアには「珈琲屋 OB」という先人がある。似たようなログハウスの店構えで、バケツみたいな容器で飲み物が出てくることで知られている。ま、氷で嵩増ししているだけなんだがww。
 だから、コメダみたいなのが定着する下地はあるかもしれない。共存共栄か、それとも競合してどちらかが撤退するか。春日部で様子見?
 個人的にはOBの方が落ち着くかな。

02

 そんなコメダのイチオシメニューは言わずと知れた「シロノワール」だ。
 熱々のデニッシュの上にソフトクリームを載せちゃう愛知名古屋っぽい大胆な発想。急に食べたくなるんだよね。いまや全国区になったもんだから、マイレビュアーの皆さんのレビューが上がる上がる。その度に、見せられる「シロノワール」の旨そうなこと!
 そんなわけで、毎回は無理だが、わが家からだと「 コメダ珈琲店 上尾上店 」が比較的近いので、ちょくちょく「シロノワール」を食べに行っていた。

0809

 しかし、埼玉千葉県民御用達の「ココス」に「ココッシュ」というほとんど同じような食い物がある。同じようにまん丸デニッシュの上にアイスが載っかっているヤツだ。
 コメダのシロノワールはソフトクリームだけど、あっちはアイスクリームとソフトクリーム。その上、ココッシュには複数のシロップを選択出来て値段も安い。どっちが先にできたかは知らないけど。
 ここでもしっかりと競合している。

↓ ココッシュ ブルーベリーのソースをかけた
13

 この日は、当然の「シロノワール」と、愛知名古屋らしく「あんこのトースト」にしようかと思ったがカミさんから動議が入って、「味噌カツサンド」になった。これも愛知だよね。
 でも、素直にあんこトーストにしとけばよかった。届いてびっくり。「味噌カツサンド」のでかいこと。晩飯前なので、大いに後悔しました。

03
04

 味は良かった。思った以上にしっかりしたとんかつに甘い味噌だれが好み。大量の千切りキャベツもいい。シャキシャキしたキャベツとサクッと上がったとんかつのバランスがいい。
 値段は750円と高め。
 この日は、シロノワールと味噌カツサンドの他に、アイスコーヒー(400円×2杯)を飲んだだけなのに、2,000円オーバーだった。

05

 アイスコーヒーは最初から甘味がついているそうで、調整もできるんだとか。
 その辺をウェートレスさんがきっちりと説明してくれて、印象がいいです。さすがみっちりと研修しただけのことはある。杓子定規ではありますが。 

 それと店内が完全分煙なのもいい。
 エントランス入って右側が喫煙室で25席用意されている。ガラス張りの完全密閉された部屋で、喫煙者の方は思う存分紫煙を燻らすことが可能だ。

07

 午後4時半でも待機席に3組もいらっしゃった。
 春日部にはこのクラスのゆったりのんびりできる喫茶店がないので、意外と受け入れられるかもしれない。
 近いうちに「あんこトースト」を食べに行きます。

10
1106

関連ランキング:コーヒー専門店 | 春日部駅八木崎駅

2012年7月15日 (日)

一ノ割 春日部東口から一ノ割に移転してパワーアップ 「サイドウォーカー(春日部市)」

総合3.5|料理・味 3.5 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.0

01_2

 2012年7月4日オープンだそうです。
 オープン後しばらくはランチのみの営業でしたが、7月14日現在、ディナーも営業しています。

 駐車場は無いので、すぐ近くの一ノ割のマルエツのコインパーキングに停めました。
 パーキングのスーパー側出口を左前方面へちょっと行くと「サイドウォーカー」です。長屋風ビルの左端に真新しい茶色のファサードに白字で書かれた「イタリア食堂 SIDEWALKER」が鮮やか。

 店内はそれほど豪華ではありませんが、真新しい清潔感に包まれた素敵な空間です。調理するシェフの顔もちゃんと見えますし、ぼくはこっちのお店の方が好きかも。
 2人掛けのテーブルが7つとカウンターが6席。厨房から全席を見渡すことができる空間です。

1413

 ランチは3つのセットになりました。
 Aセット(サラダ、トースト、メイン料理、ソフトドリンク 950円)を基本に「Aセット+前菜盛り合せ=Bセット 1150円」、「Bセット+ドルチェ=Cセット 1350円」とグレードアップしていきます。わかりやすいですね。

 メイン料理はメニューで掲載した写真のパスタから選ぶことになりますが、ピッツァ等でも1000円(1100円以下だったかも…)の料理であれば、セットして提供してくれるようなことをおっしゃっていました。
 東口で営業していたころは、「白身魚のムニエル」や「サイコロステーキ」をメインにして、パスタを含まないコースもあったくらいですので、聞いてみると良いかもしれません。

04_2

 個人的に気に入ったのは、ランチセットに「前菜の盛り合せ」が付いたことです。ランチで昼ワインを楽しみたいぼくにこれほどの朗報はありません。

 もちろん、注文したのは、前菜の盛り合せ、サラダ、トースト、メイン料理、ドルチェ、ソフトドリンクのコースで1,350円のCセットです。
 足りないかも、と思ったので、別に「マルゲリータ 1000円」を注文しました。

 驚いたのは、前菜の盛り合せです。
 カミさんと二人で注文したら、写真のとおり違う種類の前菜が並んだ盛り合せがでてきました。説明がなかったので、以下推測で書いてみます。

02_2
03_2

 ぼくの皿には下記の5種類
 ニンジンとインゲンのオリーブオイル和え(中央)
 さつまいも
 飯蛸のトマト煮込み
 蒸し鶏 バルサミコ酢
 カポナータ

 カミさんの皿には下記の5種類
 ニンジンとインゲンのオリーブオイル和え(中央)
 木の子の炒め物
 貝?のサラダ
 ピクルス
 生ハム

 一品が共通しているので、全部で9品の前菜を味わうことができました。貝?はなんだかわからなかった。
 どれも良い味でした。気に入ったのはピクルス。ビネガーが抑えられていて、酸味が爽やかでした。カポナータも好みの味。

 イタリアンらしい前菜で、ワインを美味しくいただくことができました。
 以前のコースに比べると、スープがなくなって前菜になって、50円アップしています。でも、プラス50円以上の充実感がありました。前菜付きで1350円はとてもお得だと思う。

06_2
07_2

 パスタも良い味でした。
 選んだのは、「ローストチキンのペペロンチーノ」と「ブロッコリーとカニのトマトクリーム」です。

 「ブロッコリーとカニのトマトクリーム」は、東口時代からの当店定番です。が、クリームが好みよりもちょっと少ないのに、トマトソースが多過ぎてスープパスタみたいにスパゲッティが泳いでいたものですが、今回はそれよりも少し乳化してスパゲッティに絡みやすかったかもしれません。
 でも、もうちょっとクリームが多めだと嬉しいかな。
 ペペロンチーノも美味しかった。

05_2

 ピッツァは、薄いタイプ。
 額縁の膨らみ加減や焼き加減は良いのですが、もうちょっとチーズが欲しかった。トマトクリームもストレート過ぎたかも。

11_2
12

 ドルチェは定番のティラミスに、珍しい「ズコット」をお願いしました。
 手間がかかるためか、「ズコット」を置いているイタリアンはほとんど見たことがありません。当店のズコットは、クリームに粉砕したクッキーが練り込まれています。クッキーの食感とクリームの食感がとても良い。スポンジはあくまでふんわりとして、全体をまとめます。
 ズコットを食べに来るだけでも価値のあるイタリアンかもしれません。美味しいよ。

08_2
09_210_215

関連ランキング:イタリアン | 一ノ割駅

2012年7月14日 (土)

蓮田 初心に還って進化も忘れない ナトゥーラ 24度目

総合 5.0|料理・味 4.5 | サービス 4.0 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.0(昼)

10_3

 ナトゥーラに少しずつ変化があるようです。
 顕著に見えるのが、飲み物のラインナップです。メニューブックに燦然と輝く「自家製ジンジャエール」と「自家製サングリア」。
 ディナータイムには「自家製ジンジャエール」をベースにしたカクテルも用意されています。

 今回初めて「自家製ジンジャエール」をいただきました。
 口当たりが爽やかな生姜の香り。喉を通るとき、鷹の爪(たぶん)の辛さが刺激します。夏には最高の飲み物かもしれない。ビールで割っても旨そうです。
 ホームページで今までなかった飲み物のメニューを掲載したり、ワインのリストも掲載しています。
 食材に拘った料理をびっくりの低価格で提供しているので、料理からは大きな利益が得られないでしょう。だから、飲み物を充実させるのは当然の方向性でしょう。料理と飲み物は切っても切れない関係がありますからね。

07
08
09

 もうひとつ驚いたのがデザートのケーキ。この日は選択肢が5種類もありました。これは初めてかもしれない。
 しかも、レジ脇のガラスケースにオレンジのタルトがズラリと並んでいるじゃありませんか。
 来店するたびに空っぽのガラスケースを見て、開店当初はこのケースが大活躍していたんだろうなととりとめもなく思いをめぐらしていました。

 でも、無理なんです。
 これだけの広さのレストランで、調理をするのはシェフたったひとり。来店客の料理を作る膨大な仕事の他に、更にテイクアウトのケーキまで作る時間を捻出することは不可能に近い。
 超人的働き者のシェフは更に自分を叱咤しているようです。

 大仰な言い方になるけど、ピアノ線がピンと張り詰めてしまったような印象を持ってしまいました。

 余計なお世話はこれくらいにして、7月のランチです。
 この日は、イタリア料理大好きな長男と3人で出かけました。いつものように「メイン料理のコース」です。

 オーダーしたのは下記の通り。

01

 前菜の盛り合わせ
 カプレーゼ
 ハムとオリーブのおつまみケーキ
 コッパ・ロマーナ
 そうめんうりのとんぶり和え
 じゃがいもとブロッコリーのタルト
 金時豆とツナのサラダ

 最近、「コッパ・ロマーナ」が定番になりましたね。どれも安心していただける前菜でした。酸味がほしかったかな。

 ハーフパスタ(プリモ)
 イカとしし唐のペペロンチーノ
 小海老のトマトクリームソース(+¥250)
 生ウニのクリームソース(+¥300)

02
03
04
 今回は定番をふたつと旬モノのパスタを選びました。
 そういえば、「小海老のトマトクリーム」もすっかり定番になりました。生ウニと並んで当店イチオシ。
 旬のしし唐とモンゴウイカの「イカとしし唐のぺペロンチーノ」も美味しかった。爽やかな辛味は夏にぴったり。イカもやわらかい。

 今更ですが「あべどり」とは岩手県二戸周辺産のブランド鶏肉です。
 脂分が少なく鶏肉独特の臭みもなく身が柔らかいのが特徴だそうです。今回のサルティンボッカもフォークを立てると身がホロホロと崩れるくらいです。
 ソースはレモン風味のバターソース。あべどりとハムにオレガノ(だったよな)が挟みこまれていて、とても良いアクセントになっていました。こんな小技がすばらしい。
 カジキマグロも美味しかった。本当にフレッシュなトマトソースでした。

05
06

 メイン料理(セコンド)
 あべどり胸肉のサルティンボッカ
 カジキマグロの香草パン粉カツレツ フレッシュトマトソース

 デザート
 バナナとアーモンドのパウンドケーキ
 アメリカンチェリーの入ったクラフティ
 オレンジのタルト

 プチデザート
 黒ごまのババロア
 ヨーグルトムース

 デザート類も安心の定番です。
 ごちそうさまでした。

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2012年7月 8日 (日)

藤の牛島 自家製石釜で焼き上げる無骨な薪窯焼き料理 「クレール(春日部市)」

総合 3.5|料理・味 3.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.0

01

 写真の通り、ピッツァは火を通し過ぎでしょう。この焦げ具合は気になる人にはもの凄く気になると思う。2枚お願いして双方とも似たような感じなので、これがデフォルトの焼き加減かも知れません。
 それほど気にしないぼくらは、逆に焦げの苦味が香ばしいアクセントになって美味しさが増したように感じたけど、かなりの研究の余地があるでしょう。

 ナポリピッツァというには生地が薄い感じがしましたが、そこは好みですからね。モチッとした食感がとても良い。額縁部分がカリッとして、薄めに感じる中部分は厚みから想像する以上にもっちもち。
 出来の悪いナポリピッツァではよく感じる粉っぽさは微塵もなく、生地の香りがとても良い。

03
0411

 モッツァレラチーズが抜群です。伸びて伸びて全然切れないwww。トロトロに滑らかで非常に味の良いチーズに、バジルの香りがアクセントをつけてくれます。
 久しぶりに美味しいマルゲリータをいただいた。

 ピッツァの焦げ具合は難しいところです。味が良かっただけに本当にもったいない気がしました。それと額縁の膨らみ具合がもうちょっと欲しい。これも好みかも知れません。

 今回お願いしたのは、ランチから「マルゲリータピッツァ 1050円」「ナスのトマトソースパスタ 1260円」、
 前菜から「ナスのチーズ焼き 315円」「海老の窯焼き 315円」「ホタテの香草パン粉焼き 525円」、
 白ワイン420円×2杯、テイクアウトでピッツァ「サンタアナスターシア 1365円」です。

02

 パスタのトマトソースの甘味がすばらしい。
 何か特別な調味料を入れているのか聞きましたが、ホールトマトに生のトマトを入れて煮込んでいるだけだそうです。
 若主人がおっしゃるには「トマトが良い」んだとか。煮込むだけでこれだけの甘さが出るなんて、本当に良いトマトなんだと思います。美味しいトマトソースのパスタだった。

0506
07_2
08_2

 前菜類は、どれも満足です。
 ナスのチーズ焼きのトマトソースは、パスタソースと違って酸味があります。チーズの甘味と酸味がほどよくナスと合いました。
 ホタテの香草パン粉焼きは、オレガノが香るカリッと焼かれたパン粉が抜群に旨い。焼き目が食欲をそそります。パスタについてきたパンに載せても美味しい。
 パン粉の下には4個のホタテが隠れていました。ホタテの焼き加減も良い。香草の香るパン粉とともに美味しく頂きました。
 海老の窯焼きはカミさんが全部たべちゃったwww。窯焼きのため、非常にジューシーに焼き上がっていたようです。海老の味が濃かったとか。

0910

 こんな料理たちをとても雰囲気の良いお店でいただきました。

 外観は若干古めかしく、裏手にある駐車場への道が狭くなかなか入りにくい感じがしていました。「コッペ」の隣なので、千日紅さんと同じく、何度も何度も通った道です。

 中に入ってみると想像していたよりも百万倍おしゃれで垢抜けたイメージでした(失礼)。
 エントランスから振り分けになっていて、右手の駐車場側が禁煙席(31席)で、左手の道路側が喫煙席(17席)と完全に分煙ができているのも好印象です。

12
13

 お店をやっているのは、若いご主人とお母様らしき方。禁煙席の奥で新聞を読んでいたのはお父様でしょうか。
 見た感じ、ご両親がやっていたお店をご子息が引き継いだ印象です。
 店頭にある真新しい「薪窯で焼き上げる ナポリピッツァ」の看板が外観から浮いているので、ご子息がお店に新風を吹き込んでいらっしゃるのでしょうね。
 薪窯を自作してピッツァ生地に使う小麦粉をイタリアから直輸入するという拘りは、非常に将来性豊かです。

 もっともっと繁盛して良いお店だと思う。

 こうしてレビューを書きながらちょっと後悔しています。千日紅さんリサーチの通り自家製の薪窯なので、窯焼き料理をもっとお願いすれば良かった。

14

 同じく自家製の薪窯が自慢の「イタリア式食堂 ブラン(久喜市)」で見かけた、「なぜ薪窯が美味しいか」の煽り文句を思い出しました
 
 1.窯内が常に800度に保たれていて水分が少ない。
 2.薪の炎は放射熱なので、焼き上げに空気を介さない遠赤外線による。
 3.遠赤外線は、物体に吸収されると熱を発する性質がある。中からも熱するので短時間に焼き上がって、温度も冷めにくい。

 当店の窯焼きの技はまだまだ伸びしろがありそうです。
 腕を磨いて唯一無二のお店になって欲しい。

関連ランキング:洋食 | 藤の牛島駅

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー