• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月28日 (火)

上尾 サクサクふかふかのピッツァが最高レベル 「ラッキーバード(上尾市)」

総合 3.8 | 料理・味 3.8 | サービス 3.7 | 雰囲気 3.8 | CP 3.8

01

1516

 「八丁湖公園」へ向かう途中、ランチで寄りました。
 レストランの前を走る県道150号は、すぐ近くの「平塚公園」や「イルモンド・ピッコロ」に行く時によく利用する道路なので、ログハウス風の素敵な外観は何度も拝見していました。
 
 想像以上に良い店でした。
 素敵なエントランスから入って、右手が「喫煙室」で左手が「禁煙室」と完全分煙なのも良い。ただ、レジが喫煙席側にあるので、嫌でも煙を吸い込んでしまいそうなのは改善の余地があるかもしれません。もうちょっと中立地帯へ移動するとなお良いかも。
 席を数えたわけじゃありませんが、喫煙席の部屋の方が広めで席数が多そうでした。いずれ逆転する運命かもしれません。

1314

03

 ピッツァの美味しさが際立っています。
 料理は、ランチメニューにカレーがあるなど、本格イタリア料理という感じじゃありませんが、それもこれもピッツァの旨さがすべてをカバーしてしまいました。
 ピッツァ生地はあくまでもふっくらとして、額縁部分の膨らみも申し分ありません。驚いたのは生地の柔らかさです。特に額縁部分はどうしても硬くなってしまうものですが、当店のピッツァはあくまでも柔らかい。
 焦げる寸前まで焼き上げても決して焦がさない職人の確かなウデが感じられるクラストと柔らかいクラムのバランスがとても良いのです。
 クラストもクラムも風味が良く、品の良いトマトソースとチーズの味わいとよく合っています。トマトソースもオリジナルでしょうか。とても美味なピッツァでした。
 過去いただいてピッツァでは指折りです。

0910
11
12

 いただいたのは、アルマーニュというーセージ、オニオン、マッシュルームのピッツァ。これに、生ハムサラダ、デザート、ドリンクをつけて「ランチピッツァコース 1350円」です。
 でも、大きなピッツァではないので、たぶん男性はお腹いっぱいになりません。パンがつくと良いのですけどね。別にお願いしたパンは、神戸屋のバゲットでした。これも非常に美味しかった。シェフが買いに行っているとか。

02

 パスタは、「若鶏と舞茸の塩味」。生パスタと乾麺を選べるそうですが、今回は乾麺を選択しました。ピッツァと同じく、生ハムサラダ、デザート、ドリンクをつけて「ランチパスタコース 1350円」です。
 絶妙の塩加減でした。個人的には、もうちょっとオイルとニンニクが効いていると良いと思いましたが、カミさんは大絶賛です。カミさんによれば、これ以上ニンニクを効かすと舞茸の風味が飛んでしまうとか。
 舞茸の風味? 確かに微妙だった。でも、美味しかったのは間違いありません。
 生パスタは、タリアテッレのような幅広ではなく、スパゲッティサイズとのこと。次回はお願いしてみたい。

0607
04
05

 デザートは、アイスに自家製のラズベリーとブルーベリーのソースをかけたもの。このソースも良かった。
 コーヒーも深煎りで好みでした。
 生ハムサラダは、パルマ産の生ハムに葉物野菜でパルメザンチーズが降りかけられたシーザーサラダでした。ドレッシングはクリーミィな白。それほど主張は強くなかったかもしれません。

 ピッツァならば自信を持ってオススメできます。ピッツァだけなら4.5をつけてしまいたい気分です。パスタを一品しかいただいていないのと、他のメイン料理や前菜類をいただいていないので、バランスをとってしまいました。
 洋食系創作系のイタリアンはあまり好みではないのですが、当店のカレーならいただいてみたいと思う。前菜類をいただいて、魚や肉の料理をいただけばばもっと自信を持ってレビューを書けるのですが、今回は上記の通りです。大半がピッツァの印象です。
 でも、これだけ美味しいんだから、期待させちゃいますよね。

 大事なことを書き忘れました。
 当店の女性店員さんのことです。ハキハキとして説明も良く、お店の料理に詳しく笑顔が素敵。非常に感じの良い方でした。ホール専門はこの方だけしか接しませんでしたので、お店の教育が良いのかどうかわかりませんが。女性たちは3名ほどいらっしゃったようです。
 2回ほどサーブしてくださったコックコートの男性は接客慣れしていない感じだったので、あの女子個人の素晴らしさなのかもしれません。

08

関連ランキング:イタリアン | 志久駅

2012年8月25日 (土)

菖蒲(久喜) 膨大な蕎麦とうどんを全部手打ち? 「農協食堂(久喜市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス - | 雰囲気 2.3 | CP 3.0

01_3

 週末の農協食堂は驚異の混雑です。
 「埼玉県環境科学国際センター」へ行く途中、昼の12時過ぎに寄ったらすでに満席。少しだけ待ってやっと座れました。
 JA南彩菖蒲は、いちご狩りに何度も来ていますが、農協食堂に入ったのは初めてです。

 店内は整然と長方形のテーブルが並んで、まさに大食堂そのままです。大食堂というか、昔懐かしい学食という感じが正しいかも。たいていが6人掛けのテーブルなので、端の席に向かい合って腰かけた熟年ご夫婦のテーブルに相席させてもらいました。

04_3

 注文から料理ができるまでの流れは、まず食券を買う → 注文カウンターに持って行く → 番号札をもらう → 番号を呼ばれる → 自分で取りに行く → 食べ終わったら食器を返す。
 予備知識を持たず並んでしまったので、ざる蕎麦(620円)ともりうどん(大 570円)の注文です。合計1,190円。
 てっきり武蔵野の肉汁うどんがあるものと思って行ったのに、ここでも自分のリサーチ不足でした。

 蕎麦とうどん、どちらが主なのでしょうね。
 蕎麦はホシが見えてちょっと太目で不揃い。見るからに手打ちですよね。想像した以上に蕎麦の香りがして美味しかった。言葉は悪いけど、ちょっと土臭いような香りでした。
 うどんは細め。これも不揃いでべらぼうに長いので、手打ちでしょう。細い割に弾力があって美味しいうどんでした。
 でも、蕎麦の方が美味しかった。

02_3

03_3

 ただ、残念ながらどちらも茹で置きのようで、とぐろを巻いた蕎麦の水分が飛んで固まっているところもありました。うどんは運よく茹でてそれほど時間が経っていなかったようです。

 それにしても賑やかなお店です。テーブル席が並んだホールの横手に座敷まであって、全部お客さんで埋め尽くされていました。
 次から次へとやってくるお客さんのほぼみんなが蕎麦かうどんを注文しています。
 これだけの大人数が食べる蕎麦とうどんが手打ちなんて信じられない。驚異です。

05_3

関連ランキング:うどん | 内宿駅

2012年8月19日 (日)

せんげん台 1400円前後のランチで前菜とデザートが盛合わせ! 「和たりあん びいどろ(越谷市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.0 | CP 4.0

01_2

 訪問した第一印象はタイトルの通りです。
 わずか1300円~のランチセットなのに、デザートが3種類の盛合わせだった。驚きました。しかも、前菜は4種の盛合わせです。

 席に着くと、ホールの女性がボードメニューとパウチされたペラのメニューを持って来られました。手元とボードと照らし合わせてもどういうことかよくわかりません。
 説明してもらっても確信がないのですが、ランチは「びいどろランチ」と「チョイスランチ」があって「単品」でもオーダーすることができるみたいです。

08_2

09_3

 料理も料金も基本はボードメニューに書いてあるパスタとピッツァ。ランチのフルオーダーが「びいどろランチ」で、「びいどろ-(ドリンクor前菜)=チョイスランチ(250円引き)」ということでした。あってるかな。

 お願いしたのは、「本日の前菜、各種お料理、デザート、ドリンク」の「びいろどランチ」です。最安なら1,300円でいただけてしまいます。

 パスタは、「渡りかにとほうれん草のトマトクリーム」と「生ハムと彩り野菜のチーズマリナーラ(チーズ塩味)」をお願いしました。

02_2

03_2

 メニューに「マリナーラの塩味」を発見して目が離せなくなってしまった。こういう珍しいソースが創作イタリアンの真骨頂でしょうか。でも、これが新味で美味しかった。
 トマトはあくまで控えめでチーズの味が強い。でも、トマトなんですよね。塩味は、生ハムから染み出たコクが感じられました。写真の通り、具材がたっぷりで彩りも良く、マリナーラと呼ぶにはためらわれる方もいるかもしれないけど、立派なパスタソースだと思った。
 大半をカミさんがいただいたので、オレガノがどの程度感じられたかはわかりません。でも、これはマリナーラとは呼ばないかな…。
 クリームソースは、もうちょっとクリーミィでパスタによく絡む方が好みですが、渡りかにの味はとてもよかった。麺の茹で加減も申し分ありません。

04_2

 前菜は、「葉物野菜のサラダ」「スライスタコ」と「海鮮のカクテルサラダ」と「かぼちゃとバゲット」でした。説明がなかったし、うろ覚えなので間違っているかもしれません。
 トビッコ、たこ、小海老、帆立、大根のカクテルは、もう少し酸味があって塩が効いていると好みでした。薄味好きのカミさんは美味しいと。
 かぼちゃは裏ごししたみたいだけどムースほど滑らかでないおもしろい食感でした。美味しかった。バゲットにはガーリックバターとハーブが塗りつけてあって、かぼちゃの甘味とよくあいます。
 サラダは新鮮です。タコには同じチーズ系?のドレッシングがかかっていました。

05_2

06_2
 
 自家製というデザートは、プチシュークリームとチーズケーキとかぼちゃプリンの3点盛り+フルーツが2点でした。
 どれも、特別美味しいというわけではない普通の味ですが、まさかの盛り合せでびっくりしました。

 ただし、最後のコーヒーがいけません。
 作り置きの最後だったのか、澱のような黒いモノが沈んでいて、コーヒーらしい風味はまったくありませんでした。

 でも、このお値段でこのコースなら、何度でもいただきに来たい。

10_2
 
 問題はテレビ(笑)。高校野球を放送していました。他の方のレビューを読むとDVDを流していることもあるようです。
 地域に密着するためには仕方の無い選択だったのでしょうか。落ち着いて食事をしたい、ランチを楽しみたい会話を楽しみたいという客にテレビは必要ありません。
 そんなに雰囲気の悪いお店ではないのに、テレビが全体を安っぽくしてしまいました。近所の喫茶店みたいな。残念でした。

 「和タリアン」というキャッチフレーズのために訪問が遅れました。和食系イタリアンみたいな突拍子もない創作料理を想像していたからです。しかし、チーズマリナーラにびっくりした程度で、まったく気になりません。美味しいイタリア料理でした。ディナーに伺って前菜類や肉魚をいただくと、もうちょっと説明できるかもしれません。
 創作系のイタリアンはあんまり好みじゃないのですが、全体に塩分控えめで思った以上に品の良い料理でした。

07_2

関連ランキング:創作料理 | せんげん台駅

2012年8月16日 (木)

春日部 老舗和菓子店と併設のカフェスペース 「青柳(春日部市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 2.5 | CP 2.5

01

 春日部の老舗和菓子店と併設されたカフェスペースです。
 
 「食べログ」をはじめたばかりのころ、当店の「花餅」とか「藤娘」とか特色ある和菓子を紹介しようと思ったことありました。
 しかし、「食べログ」には当時ロビンソン百貨店にあった「支店」(現在は閉店しています)とこちらの「本店」が一緒に掲載されていた。結局、整理するのが面倒になってやめてしまいました。いったい、誰が登録したんでしょうね。

05

 その後、2011年夏「かすなび」さんが情報を修正して下さり、「生姜味かき氷」があると知りました。

 「食べてみたいなあ」とは思っていましたが、カフェスペースは写真のとおり、ガラス張りのお店の和菓子が並んだショーケースの奥にあります。オープン過ぎてものすごく入りにくいんです。
 ひっきりなしにいらっしゃるお客さんの容赦ない視線に、たぶん晒されてしまう。どう考えても、これがしんどい。何度か入ろうとしたことがあるのですが、そのたびに躊躇して和菓子を買って帰りました。
 簾みたいな目隠しか衝立みたいなのがあるといいのですけどねぇ。

04

 今回、勇気を奮ってカフェスペースにお邪魔した感想は、やっぱり落ち着かなかった。和菓子を買いに来るお客さんの視線が痛い。
 外から丸見えなので、ぼくと似たような予断を持って入らないお客さんが結構いるんじゃないか想像してしまいます。もったいない。
 目の前が「更科」で、横に以前は「サイドウォーカー」(移転先店舗のリンクです)がありました。場所はとても良いんです。
 関係ないですが、サイドウォーカーの場所はラーメン専門店になるようで「麺や 豊」と看板が出ていました。

 しょうがのかき氷を食べようと思って入ったのに、結局、普通のかき氷をお願いしてしまうという根性無しです。
 暑くて喉が渇いていたので、甘くて美味しいかき氷が食べたかった。だから、メニューを手に考えに考えた末、冒険は後回しにしてしまいました。とりあえず、オーソドックスなのをいただいて、気に入ったら今度こそ「しょうがのかき氷」を食べに来よう。まったく日和見小早川秀秋です。

02

03

 「慈げん」の雪くまを知ってしまったので、生半なかき氷じゃ満足しなくなっています。
 当店のは、ごく普通のかき氷でした。氷の木目はかなりの荒目。いくつか氷の粒がありました。氷にシロップのムラがあってモロに味のない氷が口に入ってしまうことがありました。喫茶店レベルかも。抹茶も少ない。
 この味と分量だと値段も高い。「慈げん」の抹茶あずきは800円ですが、50円の差(当店は750円)は天文学的距離に感じました。かき氷を売りたいのなら、もっと老舗和菓子店のプライドを持って研究してほしい。
 参考までに「慈げん」の「抹茶あずき 800円」 http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11005999/dtlphotolst/P10069312/?ityp=1

 580円の「白玉くりーむぜんざい」は良かった。白玉がほんのり暖かくてとても良い仕上がりでした。さすが老舗の和菓子店です。
 白玉がご自慢のようで抹茶のかき氷にも入っていました。でも、これはいりません。要らないので、もっと抹茶を入れて下さい。
 
 「しょうがのかき氷」はどうしようかな……。

06

関連ランキング:和菓子 | 春日部駅

2012年8月15日 (水)

春日部 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 2.5 | 雰囲気 3.0 | CP 3.5

01_3

 前回同様、今回も8月の夏休み中にフラリと訪問しました。今回は二男が一緒なので、少し多めにお願いしています。
 それでも、「シラスおろしそば(大) 1030円」「ちからそば 940円」「ざる 500円」「唐揚げ 500円」「ビール 350円」でしたけど。

02_2

03_204_3

 夏場はさっぱりとしたそばが食べたくなるのに、長い間貯蔵されて香りが飛んだ夏場のそばはあまり美味しくない。気分的に旨い時期に旨くないというジレンマがありますが、当店は昨年同様荒々しく香り立つ美味しいそばでした。
 ちょっと土臭いような香りは、そば殻の影響でしょうか。白くたおやかなそばなのにホシが見える自家製粉のそば。修行店譲りの「三たてそば」だから、8月盛夏にこれだけのそばを食べさせてくれるのかも知れません。

05_306_3

 唐揚げも美味しかった。

 注文品を忘れたりと、サービス面は昨年同様もっさりしていますが良いそば屋だと思います。
 屋根の「大せいろ」オブジェも健在でした(笑)。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊春駅

2012年8月14日 (火)

七里 街道沿いの明るいイタリアン風ファミレス 「あらじん(さいたま市見沼区)」

総合 3.0 | 料理・味 2.5 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0

A01

 ガソリンスタンドの裏手に見える「あらじん」と書かれた看板が印象的です。ひらがなの店名も文字のデザインも、一時代前の感じとか書いたら叱られそうですが。
 更に、店名には一緒にレストランのキャッチフレーズらしき文字が入っています。「香草イタリア料理」だそうです。「香草イタリア料理 あらじん」

 お店の歴史とかまったく知らないのですが、日本でイタリア料理を提供するレストランが普及しだしたころに誕生したのかもしれません。
 自分のイメージだと「香草=イタリア料理」なので「香草イタリア料理」って、和食なら「山葵日本料理」とか「紫蘇日本料理」「胡麻日本料理」という感じです。
 調子に乗ってもう一声いっちゃうと、「毎日がエブリディ」とか「ダッシュで走る」とか「キュートで可愛い」とか「ケチの吝嗇家」みたいな、くどいイメージしかありません。
 身も蓋もない書き方で、本当にすみません。

A12

A13

 当然、イタリア料理が普及し始めたころに、啓蒙の意味と考えればこんなキャッチも当然ありです。全体を一新する時期に来ているのかも。大きなお世話でしょうか。
 料理をいただいた感想も看板同様微妙なものでした。

 ランチで伺いました。
 お願いしたのは、土日祝日限定の「Holidayランチ 1,380円(サラダ、スープ、オープンサンド、パスタ、飲み物)」を二人分です。パスタは「モッツァレラチーズとフレッシュトマトとほうれん草」と「サーモンとキノコのクリームソース」を選びました。
 ワインをオーダーながらメニューを見たら、「ワインと一緒に」とあって前菜が並んでいるじゃありませんか。中から、「バーニャカウダ 680円」と「生ハムピアーダのバジリコ風味 680円」をオーダーしました。

A04

A05A06

A09

 ピアーダとは珍しい。イタリア北部ロマーニャ地方の料理だそうです。小麦粉を発酵させずに捏ねて焼き上げてサンドイッチみたいにして食べる。小麦粉のタコスみたいな感じでした。
 バーニャカウダはソースが油分と塩分強すぎ。分離した油分を口に入れて、気持ち悪くなってしまった。野菜はキュウリ、パプリカ、セロリ、人参と育ちすぎたチコリみたいな野菜。正直これで680円は暴利だと思った。

 メニューにあったオープンサンドとはパニーノを意識した感じでしょうか
 サンドイッチと果物とサラダが一皿に載ったもの。不思議な皿だった。前菜のようなそうでないような。果物ってデザートだと思うんだけど、いきなり出て来てかなりびっくりしました。パンの出来が悪くてすべてを壊していたように思います。

 トマトソースのパスタは良かった。しっかりとトマト感があって、良い味でした。
 クリームソースは、もうちょっとクリームを奮発して欲しいと思いましたが、悪い味ではありませんでした。

A02

A03

 今回の食事で一番辛かったのは、コーヒーです。
 ぼくはコーヒーが好きで今まではどんなコーヒーでも残したことは無いんですが、当店の半分飲むのがやっとでした。心ならずも半分残してしまいました。
 口開けで来店したのでまさかとは思いますが昨日の残り? まさか、ね。とにかくコーヒーの味がしません。まったく別の気持ちの悪い飲み物だった。

A07_2A08_2

 街道沿いにあって、ちょっとイタリアンみたいな料理を食べたいね、というときに重宝しているみたいです。
 開店と同時に次々とお客さんがやってきて、あっという間に大きなお店が満席に近くなりました。受け入れられているんですね。イタリアン風なファミレスと考えれば良いのだと思います。

 包み焼のピッツァが名物だそうなのでお願いすればよかった。

A11

A10_2

関連ランキング:イタリアン | 七里駅岩槻駅

2012年8月13日 (月)

【上熊谷】 9月末まで「雪くま」専門店になった 「慈げん(熊谷市)」

総合 4.5|料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.0

01_2

 埼玉県こども自然動物公園へ行った帰りに寄りました。 
 先日、地元春日部でいただいたかき氷がイマイチだったので、どうしても「慈げん」のかき氷が食べたくなった。それも抹茶のかき氷を。

 たしか2時から抹茶をやっているはず、と思って伺ったのですが、いつでも食べられるように変更されていました。
 ……それどころか、9月末まで「雪くま」専門店になっています。うどんは10月まで食べられず、フライに至っては復活するかさえ怪しい。
 つまり、外で待っている方々は、みなさんがかき氷を食べにいらっしゃっているわけです。すごいや。
 
 中に数名と外に2名待っていらっしゃいました。席が空いて座ることができたのは約10分後です。
 メニューにはいろんなシロップのかき氷があります。レアチーズ系を狙っていたのですが、残念ながら売り切れ。で、目に付いたのが「山形 鶴姫メロン 750円」。即決です。
 それと「抹茶ミルクあずき 880円」。値段からラインナップからまたまた変わっています。ちょっと値上がりしていますね。それとココアがなくなった。
 帰りに店主に伺ったところ、他の旬の食材を使ったシロップがたくさんあるからだそうです。いずれ復活するとか。

04_2

 先に「メロン」がやってきました。一口運んでびっくり。繊細なメロンの味が爽やかに広がります。メロンを裏ごししたか搾ったかの果汁がたっぷり。こんなかき氷初めて食べた。
 掘り進むと角切りのメロンが5個くらい。なんて贅沢でしょう。
 慈げんのかき氷がすごいのは、どことして果汁の染みこんでいない氷がないことです。写真では白にしか見えませんが、まんべんなくメロンの果汁が染みこんでいます。かき混ぜる必要なんてありません。

02_203_2

 「抹茶ミルクあずき」も異次元。冒頭の写真のとおりです。もうこれでもかと抹茶。中にあずき。外にはミルクがかかっていますが、別容器でミルクを運んできてくれました。たっぷりのミルクです。

 抹茶は注文があってからたてるそうで若干時間がかかるとか。繁忙時は多少は作り置きもあるそうですが、味の濃い抹茶がまんべんなく染みこんで、さらにミルクをまとったふんわり氷は神の領域です。
 掘り進んであずきが出現したところで、別容器でいただいたミルクをタラリ。一瞬のトランス状態です。

 あっという間に食べ終わって三個注文すれば良かったと後悔しました。
 実際、遠くから当店にいらっしゃるかき氷好きな方々は、二個三個は当たり前だそうですwww。

05

06

 メニューによると、日光の「松月氷室製の天然氷」と熊谷の「武州製氷製の純氷」の貫目氷を使用しているそうで、氷はシロップによって使い分けているそうです。
 天然氷と純氷??? いったいどこが違うんだ? という話ですが、何事にも拘る慈げんならではです。

 旨かった。
 帰り、カミさんが機嫌が良くて楽しいドライブだった(笑)。

関連ランキング:うどん | 上熊谷駅熊谷駅

蓮田 まだまだ進化し続けるぞ! ナトゥーラ 26度目

総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(夜)
総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.0 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(昼)

01

 7月末にテーブルクロスをなくした。写真でご覧いただけるとおり、かなりお店雰囲気が変わりました。
 テーブルクロスの無いレストラン?? 最初は違和感があったけど、上尾の「イル・モンド・ピッコロ」等、クロスの無いお店もたくさんあるので、慣れの問題だと思う。

 実際、クロスを無くしてからランチ一度、ディナーで一度訪問したけど、二度目(ディナー)で慣れた。
 下手なビニールクロスを敷くよりもない方が潔くて良い。

 食材の高騰が続き、電気料金も値上げで苦しい経営のなか、相当額のレンタル料とクリーニング料を払って値段を抑えた料理を提供することに限界があったと聞いています。
 お店の方向性にも関わってくることなので微妙な問題も孕んで、決断するのはたいへんだったと思うけど、間違っていないと思う。

 ただし、天板にキズやシミがあるのはいただけません。
 お店の雰囲気にあった化粧板か天板を貼りつけて加工したらどうでしょう。お金はかかりますけど、丈夫な加工を施せば長く使えるし。

15

14

13

12

 前置きが長くなったけど、8月のランチです。

 前菜は
 ・コッパロマーナ
 ・北海ダコのカルパッチョ バジルのソース 
 ・そーめんうり 
 ・氷見湾産の鰯の白ワインマリネ。
 ・南部鶏の白レバーのムース

 すっかりお馴染みの前菜の中で、お初が「白レバーのムース」です。
 まったく臭味がないのは当然として、レバ感を残しながらいろんな味が後ろからやってくる。添えられていた野菜といただいたけど、フレンチでいうリエットみたいな感じなので、絶対パンにつけたら旨いだろうな、なんてカミさんと話しました。
 後日談ですが、ランチの一週間後ディナーで訪問したとき、メニューに「岩手県産南部どり白レバーのパテ バケット添え 800円」があったので、迷わず注文しました。パンにピッタリだった。次回の更新で書きます。

02

 パスタは、「アサリとチェリートマト」と「自家製アンチョビとブロッコリー」をいただきました。
 アサリとチェリートマトも新感覚だった。オイルベースっぽいソースに、アサリと生のチェリートマトから染み出した風味が、全体をまろやかに仕上げています。トマトはこんな風にも使えるんですね。
 自家製アンチョビのパスタもよかった。

03

04

 メインは、「鶏モモ肉と夏野菜の軽い煮込み オリエンタル風 (カレー風味の煮込み)」と「目鯛のソテー シェリービネガーソース」をいただきました。

 カレー風味の煮込みって、ナトゥーラの夏メニューでは結構よく見かけます。イタリアンでカレー味とはあんまり聞きませんよね。このあたりの柔軟さがシェフの良いところなんです。
 パプリカ、ズッキーニ、オクラ等のたっぷりの野菜と煮込まれた鶏肉は柔らかくて、顎関節症の顎でも負担なく噛むことが出来ました。

 目鯛はバルサミコ酢が良いアクセントでした。

07

08

 デザートも定番が並びます。8月から、「デザート盛り合せ」となっていました。選択したのは下記です。

 カプリ島レシピのチョコレートケーキ
 バナナのパウンドケーキ

 カシスのシャーベット
 かぼちゃのプディング

 以前ディナーで一度いただいたことはあったけど、ランチでシャーベットが出て来たのは初めてです。
 かぼちゃのプディングは初めてでしょうか。かぼちゃのプディングの上にアイスが載っかってその上に生クリームという豪華なプチデザートでした。

10

09

 進化を続けるナトゥーラで最も顕著なのがドリンク類です。 
 前回、ディナーでいただいたコーヒーが「おいしくなかった」と書きましたが、今回は自分の舌を疑うほどの美味しさだった。前回はディナータイムだったので酔っぱらっていたのだろうか。

 基本苦味のコーヒーだけど、ちょっとの酸味とバランスが良く、奥深い味わいだった。これなら長足の進歩だと思う。
 今回初めていただいたカプチーノもとても美味しかった。
 新しいネスプレッソマシンが大活躍しているようです。

 ランチで訪問したのは8月4日でした。
 この一週間後、夏季休暇中にディナーでお邪魔しています。そのときのレビューはまた後ほど。

16

11

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2012年8月11日 (土)

武里 見た目こってりなのに、さっぱりであっさり。魔法の十勝味噌ラーメン。 「ホープ軒(春日部市)」

総合 3.5 | 料理・味 4.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 3.5

01

 「とんこつラーメンのあのホープ軒」との関係はわかりません。食べた感じは、「千駄ヶ谷」とも「大塚」とも違います。

 カミさんとふたりで伺って、「こってり味噌チャーシューめん 900円」と「こってり味噌らぁめん 700円」をいただきました。
 過去に経験の無いラーメンでした。軽いカルチャーショックです。

 まず、丼が馬鹿でかい!
 中には、もやし等の野菜がたっぷり。麺よりずっと多いかもwww。「こってり味噌チャーシュー」には、一面に敷き詰められたチャーシューにオイスターソースがかかっていました。
 チャーシューをどかすと、これでもかと背脂が見えます。ちょっと引いちゃうくらいたくさん。オーダーしたのは「こってり」だから、仕方ありません。

02

03

 しかし、具材をかき分けてスープをひと口いただいてびっくりです
 全然こってりしていません。こってりどころか、さっぱりさわやかなスープです。ベースはなんだろう。もしかしてとんこつ? 
 クリーミィなのにさっぱりしていて、コクがある。味噌の味はあくまでも上品。すごいや。こんなスープは初めていただきました。間違いなく旨いスープです。
 十勝味噌のスープだそうですが、十勝味噌のスープはどこもこんな感じなのでしょうか。あんまり旨いので、調子にのってぐいぐいスープをいただいてしまった。こちらのラーメンというか、「十勝味噌」自体にとても興味が湧いています。
 麺はそれほど特徴ありません。

04

 餃子も美味しかった。
 この餃子凄いですよ。噛み切ると中からジュワーっと肉汁が溢れます。旨味が濃い。それなのに、5個でたったの300円です。値段と美味しさのバランスをみたら、春日部一かもしれません。
 絶対のオススメです。

 お店は、ラーメン専門店という感じでなく、町の中華料理店という感じです。
 メニューも豊富で、ラーメンだけでなく定食や丼等まで手広く並んでいます。ほかのも美味しいんでしょうね。「春日部焼きそば」もありました。

0506_2

 サラダとコーヒーがサービスでいただけちゃうのも、中華料理店ではめずらしいですね。
 お店の人が「○○の人は」みたいな条件を言っていたような気がしますが、まったく聞き取れませんでした。たぶん、何かのメニューを注文したらフリーサラダ、フリーコーヒーになるんだと思います。
 サラダは良いですが、コーヒーは期待しない方が良いですね。

 通いつめて全メニューを食べてみたくなるお店です。体重増加が気になるので、簡単に行動に移せませんが。
 気に入りました。

07

関連ランキング:ラーメン | 武里駅せんげん台駅

2012年8月 5日 (日)

【閉店】 北春日部 1000円以内のランチが豊富でランチのビールが激安 「カマナ(春日部市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.0 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.0 | CP 4.0

01_2

 赤いファサードテントのせいで店内が赤くて、隠微な雰囲気でした(笑)。
 しかし、赤いのは空気だけで、rumba さんのレビュー「フレンドリーなおっちゃんの店」の通りそのまんまでした。ホントにフレンドリーです。しかも元気で明るい。感じいい。

10

 ビールをお願いしたら、「ランチのビールは安いよ!」と。たしかに250円は安い。二杯も飲んでしまいました。
 カレーは至って普通だった。普通なので印象が薄いんだけど、シーフードカレーが異様に甘かったのだけはよく覚えています。全部「普通の辛さ」でお願いしたのに、他はかなり辛めでシーフードだけ妙に甘かった。

02_203_2
04_2
05_2

 自分は、レディースターリーセット(950円 カレー2種、ミニ飯、ナン、デザート、サラダ、飲み物)にして、カレーはシーフードとチキンをお願いしました。カミさんは日替(880円 サラダ、カレー1種、飲み物)。この日のカレーは「ナスとチキンのカレー」でした。
 人参ドレッシングのサラダはカレー屋さんでは定番の味ですよね。マンゴーのヨーグルトは緩くて飲むヨーグルトみたいだった。

 カミさんがいただいた「ナスのカレー」は美味しかった。ナスが好きなせいもあると思うけど。

06_207

 春日部はインドカレー屋さんが多いんだけど、ランチのお値段的には安い部類に入ると思います。950円でカレー2種ですから、お得感もある。
 ランチビールの250円は驚異でした。あとでメニューを見たら「生ビール 420円」とあった。250円のビールも、ビールサーバーから注いでいたけど、生じゃなかったのかな? でも、ちゃんとしたビールでしたよwww。パパドも出て来て印象いいです。

09

関連ランキング:インドカレー | 八木崎駅北春日部駅

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー