• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 春日部 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」 | トップページ | せんげん台 1400円前後のランチで前菜とデザートが盛合わせ! 「和たりあん びいどろ(越谷市)」 »

2012年8月16日 (木)

春日部 老舗和菓子店と併設のカフェスペース 「青柳(春日部市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 2.5 | CP 2.5

01

 春日部の老舗和菓子店と併設されたカフェスペースです。
 
 「食べログ」をはじめたばかりのころ、当店の「花餅」とか「藤娘」とか特色ある和菓子を紹介しようと思ったことありました。
 しかし、「食べログ」には当時ロビンソン百貨店にあった「支店」(現在は閉店しています)とこちらの「本店」が一緒に掲載されていた。結局、整理するのが面倒になってやめてしまいました。いったい、誰が登録したんでしょうね。

05

 その後、2011年夏「かすなび」さんが情報を修正して下さり、「生姜味かき氷」があると知りました。

 「食べてみたいなあ」とは思っていましたが、カフェスペースは写真のとおり、ガラス張りのお店の和菓子が並んだショーケースの奥にあります。オープン過ぎてものすごく入りにくいんです。
 ひっきりなしにいらっしゃるお客さんの容赦ない視線に、たぶん晒されてしまう。どう考えても、これがしんどい。何度か入ろうとしたことがあるのですが、そのたびに躊躇して和菓子を買って帰りました。
 簾みたいな目隠しか衝立みたいなのがあるといいのですけどねぇ。

04

 今回、勇気を奮ってカフェスペースにお邪魔した感想は、やっぱり落ち着かなかった。和菓子を買いに来るお客さんの視線が痛い。
 外から丸見えなので、ぼくと似たような予断を持って入らないお客さんが結構いるんじゃないか想像してしまいます。もったいない。
 目の前が「更科」で、横に以前は「サイドウォーカー」(移転先店舗のリンクです)がありました。場所はとても良いんです。
 関係ないですが、サイドウォーカーの場所はラーメン専門店になるようで「麺や 豊」と看板が出ていました。

 しょうがのかき氷を食べようと思って入ったのに、結局、普通のかき氷をお願いしてしまうという根性無しです。
 暑くて喉が渇いていたので、甘くて美味しいかき氷が食べたかった。だから、メニューを手に考えに考えた末、冒険は後回しにしてしまいました。とりあえず、オーソドックスなのをいただいて、気に入ったら今度こそ「しょうがのかき氷」を食べに来よう。まったく日和見小早川秀秋です。

02

03

 「慈げん」の雪くまを知ってしまったので、生半なかき氷じゃ満足しなくなっています。
 当店のは、ごく普通のかき氷でした。氷の木目はかなりの荒目。いくつか氷の粒がありました。氷にシロップのムラがあってモロに味のない氷が口に入ってしまうことがありました。喫茶店レベルかも。抹茶も少ない。
 この味と分量だと値段も高い。「慈げん」の抹茶あずきは800円ですが、50円の差(当店は750円)は天文学的距離に感じました。かき氷を売りたいのなら、もっと老舗和菓子店のプライドを持って研究してほしい。
 参考までに「慈げん」の「抹茶あずき 800円」 http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11005999/dtlphotolst/P10069312/?ityp=1

 580円の「白玉くりーむぜんざい」は良かった。白玉がほんのり暖かくてとても良い仕上がりでした。さすが老舗の和菓子店です。
 白玉がご自慢のようで抹茶のかき氷にも入っていました。でも、これはいりません。要らないので、もっと抹茶を入れて下さい。
 
 「しょうがのかき氷」はどうしようかな……。

06

関連ランキング:和菓子 | 春日部駅

« 春日部 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」 | トップページ | せんげん台 1400円前後のランチで前菜とデザートが盛合わせ! 「和たりあん びいどろ(越谷市)」 »

スイーツ」カテゴリの記事

春日部市(スイーツ)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー