• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 上尾 サクサクふかふかのピッツァが最高レベル 「ラッキーバード(上尾市)」 | トップページ | 蓮田 「自然」「清潔」「癒し」のイメージ ナトゥーラ 29度目 »

2012年9月 1日 (土)

蓮田 夏休み中、2回ディナーで ナトゥーラ 27・28度目

総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(夜)
総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.0 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(昼)

0201

 9月1日からランチが値上がりしています。
 ぼくらが毎月いただいている「メイン料理のコース」は2100円になりました。それでも、コストパフォーマンスに優れているのは間違いない。
 それとランチタイムの営業時間が変わりました。14時オーダーストップです。

 値上げ初日にランチをいただいて素材はあるのですが、先に8月にいただいたディナーの様子を簡単に更新しておきます。

 8月中旬、自分の夏休み期間中に2回ほど伺いました。
 天候不順のため外出の予定を全部キャンセルして、自分の内職を優先した休みだったのでカミさん孝行でもあります。
 外出の予定といっても、「青春18きっぷ」を使ったカミさんにとっては罰ゲームみたいな旅行だから、キャンセルして返ってホッとしているかも(笑)。

 ナトゥーラのディナーは都合6回目です。行けば行くほど、ランチよりもディナーが良いと思うようになった。
 アラカルトで好きな料理を好きなだけ注文する方が性分にあっているんだと思います。一品一品の価格が安いので、それほど価格を気にしなくても大丈夫なのがありがたい。こうして自分のコースを作ってしまうことができます。

 前菜類は500円とか600円のもあるので、場合によってはパスタやメイン料理を抑えれば、財布に超優しいコースが完成してしまいます。
 その上、前菜やパスタはメニューによってはハーフサイズをお願いできるので、飲み物やデザートを控えれば、二人でも信じられない金額で済んでしまうかもしれません。
 ハーフサイズについては割高になることもあるのでご注意を。6月から2ヶ月くらい相当な営業強化を図ったようなので、その副産物と認識しています。

 それと、お店の雰囲気が夜の方がずっと良い。白熱灯のオレンジの色合いが非常に落ち着きます。
 静かなのも良いかも。もっとも、お店にとっては死活問題でしょうけど。

 ただ、この照明がクセモノで、当店の照明とカメラのホワイトバランスの設定が合わず、何度やってもキレイな白が出ないんですよね。
 今回も納得できる色合いになっていません。どうしても赤っぽくなってしまう。普段は超面倒臭いのでJPGでしか撮影しないんだけど、そろそろ観念してRAWで撮影しなくちゃいけないのかな。じゃなければ、色温度で厳密に設定するか。

 8月12日
 炙り〆鯖のカルパッチョ 500円
 コハダの白ワインマリネ 600円
 岩手県産南部鶏白レバーのパテ 800円
 自家製バジリコソースのジェノベーゼ(ハーフサイズ) 700円
 帆立貝とブロッコリーのクリーム  タリアテッレ(ハーフサイズ) 650円
 イベリコ豚ロースのグリル 2500円
 ワイン(銘柄失念) 2100円
 ------ 合計 7850円

0405
06
07
08
09
10
11

 8月15日
 炙り〆鯖のカルパッチョ 500円
 鰯の白ワインマリネ 600円
 ハモンセラーノ(ハーフサイズ) 600円
 帆立貝とブロッコリーのクリーム  タリアテッレ(ハーフサイズ) 650円
 アサリのトマトソース(ハーフサイズ) 650円
 オーストラリア産 プレミアム子羊のグリル 2000円
 ワイン(デキャンタ) 1000円
 ビール 600円
 コーヒー2杯 1000円
 デザート 450円
 ------ 合計 8050円

01_202_2
03
04_2
05_2
06_2
07_2
08_2

 シェフの体調によって味が変わってしまうことがあります。特にランチは落差が大きい。でも、なぜかディナーは安定しています。比較的空いていることが多いからでしょうか。

 8月にいただいた料理で2回お願いしているのが、「炙り〆鯖のカルパッチョ」です。ウチはともかくこれが大好き。普段、〆鯖なんて絶対食べないカミさんが喜んで食べます。
 酸味と香ばしさと鯖の旨みが渾然一体。炙っているからいいんでしょうね。

 それと白レバ。ウチは二人して、レバと言えば豚しか食べない、鶏のレバ大嫌い夫婦です。鶏のレバのパサパサ感と独特の臭みが苦手。
 7月のランチで伺ったとき、白レバのパテがチコリと一緒にちょこっと出てきたんですね。旨かった。鶏レバ独特の臭みがすっかり消えています。甘すぎる感じもしたけど、鶏レバ苦手にはとても良い。りんごとか混ぜているそうです。

 パスタは手打ちを初めていただきました。これも2回連続。
 手打ちパスタってできの悪い十割そばみたいで苦手だったのですが、ナトゥーラのはモチモチしてとても良い食感だった。
 手打ちパスタを、シェフご自慢のクリームソースで。クリームを目一杯持ち上げてきます。たしかに、このソースには手打ちが合う。 

 ラムも初体験。当然臭みなく、美味しい。柔らかい。
 ウチは夫婦そろって肉大好きなので、たいてい肉をいただいちゃいます。でも、当店のシェフはシーフードの扱いに長けているので、次回は魚をいただきたい。そういえば、ディナーで魚はいただいたことがありませんでした。
 でも、肉、いっちゃうんだろうな。

03_2

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅


« 上尾 サクサクふかふかのピッツァが最高レベル 「ラッキーバード(上尾市)」 | トップページ | 蓮田 「自然」「清潔」「癒し」のイメージ ナトゥーラ 29度目 »

イタリア料理」カテゴリの記事

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー